美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

あなたは、普段どんな意識で食べ物を摂取していますか?

1日3度かならず食べなくてはいけない、と思うのも実は
太りやすい体を作る一因になっているのです。

正しいダイエットをするために大切な「食べるということ」について
あらためて考えてみましょう。


■食べたくない時は食べない

誰でも食欲のない時はあるものです。

特に気分が落ち込んでいる時、怒っている時、
病気をした時などは食べる気になれない人が多いでしょう。

これは、実は体のために良いことなのです。

精神状態が悪くなっている時は、たいてい消化機能も低下しています。

「怒りながら食べたものはすべて毒に変わる」という
言い伝えもあるほどで、おいしく食べられない時は
ムリに食べる必要はないと心得ましょう。

体調が悪い時に食事を遠ざけるのは、
体が休息を求めているからです。

消化は、かなりの負担を体にかける作業であり、
そちらにエネルギーをとられるよりも、ゆっくり胃腸を休ませたいという
体からのサインが、食欲のなさとして現れます。

しかしそれを知らない人は「食べなきゃ良くならないよ」と言い、
病人にムリヤリ食事をとらせることがあります。

昔の栄養状態が悪かった時代はともかく、
現代では2~3日食べなくても命の危険はまずありません。

体の声を聞きましょう。

逆に、女性の場合ですと生理前に、
なぜか食欲が爆発することがあります。

これも体が月経に備えて、栄養分を蓄えておこうとするからです。


■本来の感覚を取り戻そう

こうした欲求に身を任せることが、
本当はダイエットにつながります。

しかし「食事は3度とらなければいけない」

「こういうものをとらなければ痩せない」

というさまざまな思い込みによって、体の自然な声がかき消され、
どんどん体が鈍くなってしまいます。

本当に健康な体では、食べたい時に食べたいだけ食べ、
食べたくない時は食べないことで、十分に適正体重をキープできるのです。

肥満になってしまうほど食べ物を求めるということは、
本来、必要な栄養素を十分にとれていない可能性があります。

栄養素に気をつけるべきなのは、
体を満足させることができるからです。

甘いものやスナック菓子をいくら食べても、
いまいち満腹感を得られないのは
栄養が偏っているから、というのが大きな原因です。

体の感覚を鋭敏に保つためにも、
まずはバランスのとれた食事を適量つづけ、
体本来の欲求が出てくるよう導いてあげることが大切です。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットについて調べると、さまざまな口コミが出てきます。

実際に効果のあったダイエットが色々と紹介されていますが、
体質も太った理由も人それぞれ違うため、
すべてが自分に合うわけではありません。

中には、長続きしないどころかリバウンドしやすいものや、
思った通りの体型にならないものもありますので、気をつけましょう。


■○○だけダイエットは危険

リンゴだけダイエット、パイナップルだけダイエットなど、
特定の食材のみをえんえんと食べるダイエットは、成功確率が低い代表です。

たとえ一時的に体重が落ちても、そのような食生活を続けていては
やめた後のドカ食いが半端ではなくなってしまうでしょう。

もちろん栄養的な観点からみても、リスクが高すぎます。

人間の体は、意外とだませないものです。

私たちには本来「たくさん食べたい」ではなく「おいしいものを食べたい」
という欲求が備わっています。

つまり、さまざまな食材をバランスよく、おいしく調理して
腹8分目に抑えるのが、実はもっともシンプルで体に合ったダイエット法です。

一種類だけの食べ物で満足できるように体は作られていません。

健康のためにも、極端に走ったダイエットは避けましょう。


■女性の運動には気をつけて

ダイエットといえば、食事に加えて適度な運動をするのが基本です。

しかし問題は運動の内容にあります。

基礎代謝を上げるためにも筋肉量を増やすことは大切ですが、
女性の場合、ムキムキになってしまうのも困りもの。

たとえば一時期流行った「ビリーズブートキャンプ」などは、
筋肉をきたえる要素が強いため、女性より男性向きといえます。

女性はなるべくしなやかな体を作るためにも、
インナーマッスルをきたえるエクササイズをとり入れましょう。

たとえば「コアリズム」や「カーヴィーダンス」、
ヨガやピラティスなどが理想的です。

内側の筋肉をしっかりきたえることは、代謝を上げるのみならず
姿勢や骨盤にとっても良い効果があります。

男性の口コミはかならずしも女性には
向いていないかもしれませんので注意してください。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

キュッとしまった小顔に近づくには、
顔の筋肉をきたえることも効果的です。

ボディと同様、顔も筋肉をトレーニングすることで、
余分な脂肪を減らし、引き締めることができます。

自宅で思い出した時にすぐにできるエクササイズをご紹介します。


■母音を発声して表情筋を刺激

アナウンサーがおこなっているような発音トレーニングは、
滑舌を良くするのみならず、顔の表情筋にも良い影響を与えます。

あ・い・う・え・お、いずれの母音も大げさなくらい
大きく口を動かして発音してみることで、
複数の表情筋を使うことが可能です。

「あ」では、口を思いっきり開いて丸い形を意識し、
「い」では横に広げ、頬の筋肉が上に上がるのを確認します。

「う」では口を存分にとがらせ、「え」ではアゴを刺激して二重アゴを撃退。

「お」では、上唇と鼻の下を緊張させるよう発音しましょう。

どれも、普段あまり意識しない筋肉を使うことができます。

静かなところでは、声を出さなくてもOKですので、
ぜひ毎日続けてください。


■色々な表情を作って筋トレ

顔の筋肉をきたえるには、表情をわざとらしく
豊かにするのがコツです。

たとえば、目と口を思いっきり開いてみるだけでも、
トレーニングになります。

大げさに驚いた時のような顔を意識してみましょう。

顔の筋肉が上下に引っ張られているのを感じるはずです。

そのまま10秒ほどキープします。

次に、すっぱいものを食べた時のように、
顔全体をすぼめます。顔の中心から
クシャッと縮めるようなイメージです。

そして、口を閉じたまま、
ふてくされた時のようにとがらせます。

そのままの状態で、口を左右に動かしましょう。

な骨ではなく、口周りの筋肉だけで動かすつもりでおこないます。

これだけのことを毎日続けるだけでも、顔が引き締まってくるはずです。


おすすめ!!
鼻が高くなる&小顔になる 輪郭小顔矯正法




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットにとって炭水化物は大敵というイメージがあります。

たしかに炭水化物を抜くと、
短期間で体重を減らせる人も多いようです。

しかし完全にゼロにしてしまうと、糖分が欠乏して
脳のはたらきが鈍くなったり、
甘いもののドカ食いにつながるリスクも。

最低限の炭水化物は食べるようにする
「低炭水化物ダイエット」がおすすめです。


■食べてもいい炭水化物とは?

低炭水化物ダイエットはとても人気があり、
無理なく続けられると評判です。

1回の食事につき、食べていい炭水化物としては、
お米で100グラム(小さなおにぎり1個分)、
食パンで1切れ(6枚切り)とされています。

ご飯はやや固めに炊いたほうが噛みごたえもあり、
満腹感を得られやすいでしょう。

またパンには基本的に何もつけないことが大切です。

ご飯よりパンのほうが太りやすいといわれるのは、マーガリンやバター、
ジャムなどの「塗るもの」のカロリーが大きいからなのです。

これらの炭水化物を、毎食かならず食べるのが低炭水化物ダイエットです。

何の苦もなく続けられる人も多いのではないでしょうか?

ただし、パスタやラーメンなどの麺類はNGとなっています。

これらは具やスープのカロリーが高いためです。


■炭水化物抜きは危険

もちろん炭水化物を減らすだけではなく、砂糖たっぷりの菓子類や
ジュースなども避ける必要があります。

菓子パンは、同じパンでも高カロリーなためNGです。

またおかずも、野菜や大豆製品、海藻類などを多めにし、
動物性脂肪を減らすようにすると、さらに効果が期待できるでしょう。

炭水化物に含まれるブドウ糖は、脳が吸収できる唯一のエネルギー源です。

そのため、無理に炭水化物を抜くダイエットをしてしまうのは危険といえます。

また日本人はもともと、肉食をメインにしてきた欧米人と異なり、
米と野菜を主食としてきた人種であることから、腸も長めにできており、
炭水化物抜きダイエットは体質的にも向いていないようです。

無理なく量を減らすだけにとどめて、
体に必要な炭水化物はしっかりとりながら
ダイエットするのがコツといえるでしょう。


おすすめ!!
低炭水化物ダイエット







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットをするなら、それを機にブログを開設してみるのも1つの手です。

日々の食事内容や運動、体重や体脂肪率の変化などを記すことは、
良い記録になりますし、公にすることでモチベーションのアップにもつながります。

匿名ですから、体重を堂々と公開しても問題ありません。

ダイエットに必要なのは、続けやすくするための工夫です。

ダイエットブログはその一助となるでしょう。


■ダイエットブログの効果

どんなチャレンジでも、1人きりでおこなうより、協力者がいたほうが
スムーズに達成できるものです。

特にダイエットは、どうしても孤独な戦いになりがち。

イヤになってしまえば、ある日簡単に「やーめた!」
となってしまうのも問題です。

ダイエットブログを開設することで、読者がついたり、
同じ目標をもつ仲間からコメントをもらったりすることで、
モチベーションの維持に大きく役立ちます。

SNSなら、ダイエットのサークルなどに所属すれば、
さらに効果が期待できるでしょう。


■他のダイエッターのブログも参照しよう

同じくダイエットをがんばっている仲間や、
美容に意識の高い芸能人のブログをチェックするのも参考になります。

画期的な方法や、おすすめのサプリなどを紹介していることもありますので、
自分にも合いそうだと思った時には、ぜひとり入れてみましょう。

他のダイエッターのブログを見ていると分かりますが、
写真をアップしていたり、細かな数値を掲載しているほうが
見る側にとっては非常に役立つものです。

ブログを開設するなら、できるだけ細かく情報を載せましょう。

日々の良い記録になりますし、読む人にとっても大いに参考になるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

上手にダイエットするには、まず「自分を知る」ことが不可欠です。

中には増えた体重を直視したくないために、
体重計に乗るのを避ける人もいますが、
ダイエットを始める前にかならず現状を
把握しておくことが大切です。

また普段どんなものをどれくらい食べているのかを知るためにも、
食事の記録をつけることも大いに役立つでしょう。


■最新の体重計を手に入れよう

最近売られている体重計の多くに、体脂肪率や骨密度、
水分量などを測ることのできる機能がついています。

効果的なダイエットのためには、こういった体重計を
1つ用意するのがおすすめです。

安いものでは5,000円以下でも多く売られています。
ダイエットを始める前に、まずは現在の自分の情報を
しっかりチェックしましょう。

そのほうが的確な目標を立てられますし、
変化が目に見えて分かるためモチベーションのアップにもつながります。

また筋肉をきたえるダイエットでは、
体重の減りはそれほどでもないものの
体脂肪率はきちんと下がっていることが多いものです。

体重だけで一喜一憂しないよう、
体組成計のついた体重計が理想的です。


■食事をレコーディングしよう

肥満で悩んでいる人の中には「そんなに食べていないのに…」
と言う人が多いのですが、はたから見ていると
十分な量を食べていることも珍しくありません。

また1度の食事量は少なめでも、つまみ食いが多かったり、
食べているものが高カロリーだったりすることも多いものです。

その日に飲み食いしたものをすべて1つ残らず
ノートに書きだすだけでも、大きな気づきを得ることができます。

自分の食事の傾向が分かれば、
何を減らすべきかもおのずと見えてくるものです。

人によっては、この作業だけで効率よく痩せられることもあります。

いわゆる「レコーディング・ダイエット」です。

上手なダイエットのため、まずは自己分析から始めましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数年前から、女性たちの間で「酵素」が大ブームとなっています。

酵素入りの化粧品のほか、食材や酵素ドリンクからも
摂取することが可能です。

美容はもちろん、酵素はダイエットにも効果があるといわれています。

健康的に体重を減らせる酵素ダイエットについてご紹介しましょう。


■朝バナナダイエットも酵素ダイエットだった

一時期、スーパーからバナナが姿を消したのは記憶に新しいところ。

世の女性たちが夢中になった朝バナナダイエットは、
まさに酵素パワーを使った正しいダイエットだったのです。

果物は、それ自体が消化酵素をもっているため
「すでに消化の終わった食べ物」ともいわれています。

そのため胃に負担をかけることなく、
数十分ですぐに腸へ吸収されます。

アスリートが休憩時間にバナナを食べるのも、
まさにこの作用のためです。

私たちが思う以上に、消化という作業は
大きなエネルギーを消費します。

朝食を果物に置き換えるだけで、
体にかかる負担をぐっと減らすことができ、
体は排泄のほうに集中できます。

つまり朝バナナダイエットは、
お通じを良くすることでダイエットにつながるのです。

果物に含まれる果糖で太ることはないとされています。

午前中は、心おきなく果物でおなかを満たしましょう。


■生野菜や発酵食品で酵素を補給

酵素は新陳代謝をうながす、生命活動になくてはならないもの。

しかし体で作られる酵素には限りがあるため、
外から補給する必要があります。

果物はもちろん、生野菜にも酵素はたっぷり含まれています。

食事の付け合わせとして、かならず生野菜のサラダを
用意するだけでもお通じは格段に良くなるでしょう。

特に肉類は消化に大いに負担をかける食べ物のため、
かならず生野菜とセットにしたいところです。

その他、お味噌や納豆も立派な発酵食品です。

これらの食材を日常的に食べていた日本人は、
世界からみても腸がきれいな上、太っている人が少なかったのですが、
欧米化の食事によって事情は変わってきました。

ぜひ味噌汁を1日1杯は食べるようにしましょう。

もちろんキムチも発酵食品ですし、
砂糖の入っていないヨーグルトもおすすめです。

毎日意識して酵素をとるだけで、余分なものを排出しやすくなり、
効果的なダイエットにつながります。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

運動が嫌いな人がダイエットを考える時、
なんとかして食事だけで痩せようと考えてしまうでしょう。

もちろん運動はしないより、したほうが痩せやすくなります。

しかしダイエットの1番の大敵は実は「ストレス」です。

嫌いなことを無理に続けたり、好きな食べ物を我慢しすぎるのは、
むしろダイエット失敗につながります。

ここでは運動嫌いな人でも簡単にできるダイエットについてご紹介しましょう。


■食べ過ぎに効く体のポーズ

どうしてもお腹いっぱい食べてしまって、腹八分目が守れない、
そんな人に効果的なポーズがあります。

食事前におこなってみてください。

まず正座をします。

そのまま上半身を後ろ側に倒し、頭を床につけましょう。

両腕を頭のほうに伸ばし、息を吐きながら膝を内側に締め、
すべて吐き切ったら一気にポッと力を抜いてください。

食べ過ぎの傾向がある人は、このポーズをなかなかとれないと思います。

腰が浮いてしまうということは、食べ過ぎのサインです。

食前におこなうようにすると、食べ過ぎを防ぐ効果があります。

ただし食後におこなってしまうと逆に吸収が
良くなってしまいますので、気をつけてください。


■肩甲骨と骨盤を動かそう

肩甲骨を動かすと、発汗しやすいのをご存知ですか?

大人になると、運動しない限りなかなか動かす機会がないのですが、
意識して動かすようにすると、楽に運動できる上、
肩こりの軽減にもつながります。

部屋の中で立ち、両腕だけ前後に動かしてジョギングするようにします。

脚は動かさなくてもかまいません。

肩甲骨がしっかり移動しているのを感じましょう。

何分か続けていると、ひたいに汗がにじんでくると思います。

痩せやすい体をつくるためには、普段の動きも重要です。

上半身なら肩甲骨、下半身では骨盤を動かすように意識してみましょう。

掃除をする時でも、肩甲骨を動かすようにするだけでダイエット効果があります。

歩く時は、よくモデルさんがランウェイで
やっているような「腰で歩く」のが1番です。

あれはつまり、骨盤を使って歩いているということになります。

難しい人は、先ほどの腕だけジョギングをゆっくりおこないながら、
骨盤も同時に前後に動かしてみましょう。

腕と骨盤は、それぞれ左右反対に前に出るようにします。

部屋にいながら、どちらも効果的に動かすことができますので、
運動嫌いな人でもテレビをみながらやってみてください。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットに効くサプリメントが多数販売されています。

サプリだけで痩せられるわけではありませんが、
サポートする食品として効果的にとり入れてみるのは良いことです。

ここではダイエットサプリの大まかな種類と、
その効果についてご紹介します。

自分に合ったサプリ選びの参考にしてみてください。


■水分コントロールをするサプリメント

実はむくみが肥満の大きな原因となっている人は多いものです。

特に女性では、いわゆる「水太り」が多いといわれています。

そんな体内の水分量を調節し、余分な水分を排出してくれるのが
ビタミンやミネラルなどのサプリです。

特に「ビタミンB群」や「カリウム」が最適とされています。
利尿作用のあるハーブなどとミックスした、
水分コントロール専用のサプリも販売されていますので、
水太り傾向のある人にはおすすめです。


■脂肪を燃焼させるサプリメント

ダイエットの大敵、脂肪を燃やす効果のあるサプリメントもあります。

水分調節と同じく、「ビタミンB群」は燃焼系ビタミンといわれ、
脂質やタンパク質、糖質の燃焼をサポートしてくれます。
さらに化粧品でも人気の「コエンザイムQ10」も、ビタミンに似た物質。

脂質を燃やし、エネルギーに変わるプロセスで必要となります。

また「L-カルニチン」というアミノ酸の一種も、
おもに運動において脂肪燃焼を助けてくれる効果があります。

アメリカでは肥満患者の定番サプリです。

その他、トウガラシの成分である「カプサイシン」や、
生姜の成分である「ジンゲロール」を配合した
サプリメントも、脂肪燃焼に効果的です。


■吸収阻害系のサプリメント

食事で摂取した脂肪や糖質の吸収をブロックするサプリメントもあります。

代表的なのが、カニやエビの殻に含まれる「キチン」や「キトサン」という
動物性食物繊維です。

脂質の吸収を抑えてくれる作用があります。

また「ギムネマ」や「シルベスタ」は、甘いものが好きな人に最適。
ハーブの一種で、糖質の吸収を阻害してくれます。

糖尿病予防にも効果があるといわれます。

同じくミネラルの1つ「クロム」も、糖質の吸収を抑制します。

他にも「ガルシニア」は脂肪の合成をブロックする効果があり、
ダイエットサプリの定番といえるでしょう。

サプリメントは、あくまで普段の正しい食事と運動があってこそ、
十分な効果を発揮してくれるものです。

頼りすぎず、上手に活用しましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自分の正しいバストサイズを知ることは、
最適な下着選びの基本になります。

下着を新調するたびに、現在のサイズを測ることが大切です。

できれば人に測ってもらったほうが正確ですが、
自分でもコツを覚えればマスターすることができます。


■下着をつけたまま計測するのが良い

バストサイズを正確に測定するためには、
人によっては下着をつけたままのほうが良いといわれます。

これは加齢によって、バストが垂れたり、
横に流れてしまう人が多いからです。

若くハリのあるうちは裸のまま測ってもいいのですが、
自信がなくなってきた人は、
1番つけ心地のいいブラジャーをつけた状態で測りましょう。

鏡の前に立ち、姿勢をまっすぐにしてメジャーを持ちます。

背中から前にまわし、アンダーサイズの場合は
胸のふくらみのすぐ下にメジャーを置きます。

この際、鏡で水平になっているかどうかをかならず確認しましょう。

サイドや背中で斜めになっていると、数センチの誤差が生じてしまいます。

メジャーの重なったところに指を1本入れて、深く呼吸をします。

自然な状態だと感じたら、指で押さえて数字を見ましょう。

トップバストの時は、乳首の上を通るようにしてメジャーを水平にまわします。

まわしたら一度深呼吸をすることが、正確に測るコツです。


■下着は購入前に試着を

アンダーとトップの数字が分かったら、カップサイズが導き出されます。

しかし5センチ刻みですので、
人によってはどちらを選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

実際は商品によっても微妙に異なりますので、
購入前には試着をすることが大切です。

お洋服ならかならず試着をする女性も、
下着はカップとアンダーの数字だけで
パッと買ってしまう人も多いものです。

しかし美しいバストを保つためにも、
違和感のない下着をつけることが重要ですので、
ぜひ試着室を活用するようにしましょう。

本当に自分にぴったり合ったブラジャーをつけた時には、
どこにも違和感がありません。

少しでも「このへんがちょっと…」と感じる時は、
つけ方を見直すと同時にサイズを変えてためしてみましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ