美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

一気に老けた印象を与える、ほうれい線。

しかし、一度できてしまったからといってあきらめることはありません。


正しいケアをすれば、ある程度は消すことができるのです。

そこで、自宅でできる簡単なツボ押しの方法をご紹介します。


顔のお肌はデリケートですので、優しくゆっくりと押していきましょう。



1.巨りょう(こりょう)

小鼻(鼻のもっともふくらんだ部分)の外側と、黒目の下からまっすぐに下ろした線が交わる場所にあります。


5秒間ゆっくりと押して、離しましょう。

笑う時に頬を引き上げる筋肉をきたえることができます。



2.迎香(げいこう)

小鼻のすぐ脇にあるツボです。

鼻水や鼻づまりなど、鼻の諸症状を抑えるほか、お肌にハリを与えるツボともいわれています。

5秒間ゆっくりと押しましょう。



3.地倉(ちそう)

口角の外側(0.5~1センチ)にあるツボです。

口角を上げるように、上向きに5秒間押します。

ほうれい線はもちろん、歯痛や口内炎にも効くといわれています。



4.下関(げかん)

耳穴の内側、少しくぼんだところにあるツボです。

口を開ける時に盛り上がりますので、探しやすいと思います。

ここも5秒間、ゆっくりと押しましょう。

ほうれい線や顔のむくみを改善するほか、耳鳴りにも良いといわれるツボです。



5.散笑(さんしょう)

ほうれい線のちょうど真ん中あたり、鼻と口の中央にあるツボです。

たるみ防止に効き目があるといわれています。

5秒間押してみてください。


いずれのツボも、息を吐きながらゆっくりと押していき、離す時もゆっくり緩めるのがポイントです。


爪を立てず、指の腹を使いましょう。


朝のスキンケア時と、夜のおやすみ前におこなうのがもっとも効果的です。

簡単にできますので、ぜひ場所を覚えてトライしてみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スリープマージピロー

枕で首が痛い、肩がこるとお悩みの方へ首と肩がとっても楽な枕です!

適正な寝姿勢を維持する高さで首を支えながらも首にはほとんど負荷を感じさせません。

・肩こりや首のこりで悩んでいる方
・色々と枕を試したけど、なかなか良い枕に出会えない方
・柔らかい枕が好きな方
・質の高い睡眠を取りたい方
・上質なものを長く使いたいと考えている方 などにオススメです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

SASALA(ササラ)

店舗も続々と展開している成長中の脱毛サロンです!

初回来店時に「ワキ」+「ウデ」+「アシ」の3部位が100円で受けられます。

SASALAではIPL脱毛とSHR脱毛を組み合わせたISハイブリット脱毛でお客様のお肌に合わせた施術が受けられるので大変好評頂いております。

>>>詳しくはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在、乾癬治療に広く用いられている内服薬に「ネオーラル」があります。

シクロスポリンを主成分とした、免疫抑制薬の1種です。


もともと臓器移植などで拒絶反応を抑えるために使われていましたが、やがてアトピー性皮膚炎や乾癬の治療薬としても認可されるようになりました。



■ネオーラルの作用

ネオーラルは白血球にはたらき、炎症を引き起こす物質の産生を抑えて免疫機能を調節する効果があります。


移植された臓器に体が拒絶反応をしめすことを「免疫反応」といいますが、ネオーラルはその免疫機能を抑制するために使われていました。


乾癬やアトピー性皮膚炎においても、何らかの刺激が加わることで体が過剰反応し、炎症にかかわるサイトカインが放出されることからネオーラルの効果が認められ、治療に用いられるようになりました。


おもに全身性の重篤な乾癬患者さんや、かゆみの強い人、他の薬で副作用が起きた人などに処方されています。


症状に合わせて、1日1~2回服用するのが一般的です。

即効性があることと、塗り薬と比べて手軽なのがメリットです。


頭皮や背中など、塗り薬を使いにくい部位の症状にも最適といえるでしょう。



■ネオーラルの副作用

副作用としては、おもに血圧の上昇や腎臓の障害などが代表的です。

特に腎臓が悪くなる副作用が有名ですが、乾癬治療においてはわずかな量でも十分な効果が得られることが多いため、比較的安全に使えるとされています。


しかし体の変化がないかをみるためにも、定期的に血液検査を受けることが望ましいでしょう。


ただしネオーラルは薬価が高く、継続的に使用するにはややお金がかかるというデメリットがあります。

少しでも費用を抑えるために、ジェネリック医薬品を使う患者さんもいるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

乾癬治療では、外用薬・内用薬・光線療法の3つが基本となっています。

それぞれに効果と副作用があるため、上手に組み合わせておこなうことが大切です。


組み合わせる方法としては、複数の治療法を同時におこなう「コンビネーション療法」と、期間ごとに切り替えていく「ローテーション療法」の2つに大別されます。



■コンビネーション療法

2つ以上の治療法を同時におこなうことで、単独よりも効果が期待できます。

また、薬の使用量や光線の照射量を少なくすることができますので、副作用を抑えられるメリットもあります。


たとえば2つ以上の外用薬をいっしょに使う、外用薬と内服薬を組み合わせる、薬と光線療法を組み合わせる、などが考えられます。



■ローテーション療法

乾癬治療に用いる薬や光線療法は、効果が強ければ強いほど副作用も強くあらわれるのが一般的です。


そこで一定期間ごとに治療法を切り替えながらおこなうのがローテーション療法になります。


たとえば光線治療の「PUVA療法」をおこなった後、レチノイドを服用し、次にシクロスポリンを服用するといった
治療の流れが考えられます。


PUVA療法とシクロスポリンの副作用は似ているため、連続して使わないよう順番が考慮されています。


またローテーション療法の一環に、「シークエンシャル療法」というものがあります。


これは効果の強いものを治療の初期に集中的に用いて、症状が改善されるごとに徐々に副作用の少ないものへ移行していく方法です。


たとえば外用薬の場合、ステロイドは初期に導入し、やがてビタミンD3へと少しずつ切り替える、という方法がよくみられます。


最終的にはビタミンD3のみにして、症状が強い時だけステロイドを使うのが目標です。


シークエンシャル療法のメリットは、症状に合わせて治療法を変えることで長期間にわたって症状の軽い状態を
維持できることにあります。


医師と相談の上、患者さんにとってつらくない治療法の組み合わせを選択しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

緑内障と白内障は、病名は似ていますが、その病態はかなり異なります。

しかし両方を併発する患者さんも少なくありませんので、その場合はどちらの治療もできる手術を選択することがあります。



■白内障は失明のリスクが少ない

白内障は、水晶体が濁ることで目が見えにくくなる病気です。

水晶体はカメラでいうとレンズのような役割をしていますが、何らかの理由で光をうまく通せなくなると、ぼやけて見えるようになります。

緑内障と異なり、視力の低下がみられるのが特徴です。

一度濁った水晶体は元に戻すことができませんが、網膜や視神経までがダメージを受けるわけではないため、失明の確率は少ないのが現状です。

深刻度ということでいえば、緑内障のほうが高いとされています。

また白内障になると、ぼやけて見えるだけではなく光が散乱するためにまぶしくて見えにくいといった症状も起こります。

白内障による視力低下は、手術によって回復が可能です。



■緑内障と白内障の同時手術

緑内障と白内障は、どちらも加齢にともなって多く発症する病気であるため併発しやすいことでも知られています。

緑内障の患者さんに白内障が起こると、水晶体の濁りによる変化が顕著です。

すでに緑内障によって視野が狭くなっていることで、白内障による視力低下が強く感じるようになります。

同時手術をおこなう目安としては、手術を必要とする緑内障があり、さらに白内障によって視力低下がみられることが挙げられます。

その他、白内障の手術によって眼圧が上昇する可能性があり、緑内障をより悪化させるリスクが考えられる時も対象となります。

通常はトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)と、白内障の手術を同時におこないますが、緑内障の目には白内障の手術をしにくいのも事実です。

ただし成功すれば、眼圧低下と視力回復のどちらも実現できるメリットがあります。

同時手術が難しいと判断された場合は、まず緑内障の手術をおこなった後で眼圧が安定してから、あらためて白内障手術をおこなうこともあります。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

緑内障は放置すればするほど、失明のリスクが高くなる病気です。

早期発見のためにも、40代以上の人は年に1度の眼科検診を受けましょう。


眼科の中でも、緑内障に精通した医師のいるところや、専門外来を設けているところのほうが安心です。



■緑内障に対応した眼科を選ぼう

どんな病気にも誤診はつきものですが、緑内障は発見が遅れれば失明に至ることもありますので、早期の適切な診断が求められます。


また緑内障の場合、眼圧が正常値である「正常眼圧緑内障」(NTG)も多いため、より精密な検査と、医師の豊富な経験が必要とされます。


眼科の中でも、入念な検査と的確な診断を受けるためには、できれば緑内障の名医がいる眼科や、検査体制の整った眼科、緑内障専門外来を備えている眼科を選びたいところです。


視野検査などは、どこの眼科でもおこなっているわけではありません。


最近は眼科といっても、コンタクトレンズのショップと提携した視力検査を主とする簡易的な眼科もあるため、注意しましょう。


最近ではインターネット上でも、専門外来のある眼科を探すことができますし、実際にかかったことのある人の口コミを参考にすることも可能です。


できるだけ評判の良いところをリサーチして受診しましょう。



■セカンドオピニオンの重要性

一度受けた診断に不満や疑問がある場合、もしくは指示された治療法で症状に改善がみられないような場合は、別の眼科をあたってみると良いでしょう。


その他、緑内障の診断を受けている患者さんが「手術をすすめられているが不安を感じている」という時などにも、セカンドオピニオンを求めることをおすすめします。


目の治療や手術には心配がつきものです。

納得して治療を受けるためにも、十分な診断を仰ぐのは大切なことといえるでしょう。



おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「二重の美容整形をしてみたいけれど、お金はいくらくらいかかるの?」と気になる人も多いでしょう。


クリニックによってもかなり差がありますが、どこでも埋没法のほうが安く、切開法では片目につき10万以上になるところがほとんどです。


しかし一番大切なのは医師の腕ですので、料金だけで判断せず、信頼できるクリニックかどうかをきちんと見極めましょう。



■埋没法の費用

メスを使わずに糸を使って二重をつくる埋没法は、比較的お得な料金で受けることができます。


大手の有名なクリニックの場合、片目で約50,000円、両目で100,000円ほどが相場ですが、使う糸の数によっても変わってきます。


1点留めのほうが安く、2点留め、3点留めと増えるごとに2~3万ずつプラスされることが多いようです。


また埋没法の場合、術後に糸が切れて元に戻ってしまう可能性も否定できません。


その場合、一定期間内なら保証があるかどうかもしっかり確認しておきましょう。



■切開法の費用

メスを使って、まぶたの脂肪を除去しながら二重ラインを作る切開法。

たとえば一部のみを切開する「部分切開」の場合、大手有名クリニックでは片目で100,000~200,000円、両目で300,000~400,000円ほどが相場です。


中には、脂肪除去が別料金になっているところもあります。


まぶた全体を切開する「全切開」では、数万円の差が出ることもありますが、部分切開と同じ料金設定となっているクリニックも多くみられます。


まぶたに乗った脂肪量などによって、最適な方法をカウンセリングで決定します。



■医療用ローンの利用も!

一般的に美容整形は高額なため、各クリニックではクレジットカード払いや医療ローンに対応しているところがほとんどです。


二重手術の場合も利用できますので、無理のない支払い方法を考えましょう。


現金払いの場合は、基本的に1括払いとなります。

医療ローンは、両親名義であれば学生でも利用できることがありますし、勤めていない人でも連帯保証人を立てればOKのところもあるため、一度クリニックに相談してみましょう。


おすすめ!!
自力でこっそり二重まぶたを手にする方法 -Double Secret-

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

乾癬は、初期段階や軽症の場合には、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患と区別がつきにくいため、まずは皮膚科医による診断を受けることが第一です。


医師による視診のほか、必要に応じて病理検査がおこなわれます。


「他の皮膚炎と診断を受けたが、何をしても治らない…」という場合は、セカンドオピニオンとして、他の皮膚科にかかってみることも1つの選択です。



■検査の方法


皮膚科では、まずは医師による問診や視診、触診から始まります。


典型的な乾癬の症状であれば、経験の豊富な皮膚科医ならすぐに正確な診断を下すことができますが、中にはまぎらわしいケースもあるため、その場合には病理検査がおこなわれます。


局所麻酔をした後で、患部の皮膚をごく小さく切り取り、顕微鏡で調べます。


乾癬には、皮膚の角化や、小さな膿疱などのいくつかの特徴があるため、この検査でほぼ確定することが可能です。


傷口を2針ほど縫って終了します。


その後、治療が開始されると、症状の経過をみるために定期的に通院し、炎症などを調べるために血液検査を受けることもあります。 



■その他の検査


医師が触診の際に、乾癬の診断をつけるための手がかりとしては、以下のようなものがあります。


・アウスピッツ現象


乾癬では、うろこ状の角質をはがすと、点状の出血がみられます。


これがあるかないかを調べることで、乾癬の診断の一助になります。


・ケブネル現象


発疹のない部分の皮膚に刺激を与えると、新たな発疹が出現する現象です。


これも乾癬の大きな特徴であり、診断の目安となります。


頭皮やヒジ、ヒザといった部分に乾癬が現れやすいのは、外界からの刺激を受けやすいためと考えられます。


・蝋片(ろうへん)現象


発疹の上にある、うろこ状の角質をこすると、蝋のようにはがれる現象です。


皮膚の新陳代謝が異常に早まっているために起こります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

乾癬では、全身のいたるところで皮膚が赤くなって盛り上がった状態となり、その表面にかさぶたのように白い角質が付着するのが、典型的な症状です。


進行すると、発疹の数が増え、他の発疹とくっついて大きくなっていきます。


どのように乾癬が起こるのかを見ていきましょう。



■乾癬が起こるメカニズム


乾癬の患部では、皮膚の新陳代謝のサイクルが非常に短くなっています。


通常は、約45日のサイクルでターンオーバーをくり返しますが、乾癬の患者さんでは、4~5日と、約10分の1にまで短くなっており、角化細胞が激しく入れ替わることで、かさぶたのようにたまっていくのです。


さらに、血中の白血球や、TNF-αという炎症を引き起こす物質が増え、皮膚が赤くなったり、かゆみをともなったりします。



■遺伝的要素が大きい


もともと乾癬は白色人種に多く、遺伝子の解析でも、いくつかの原因遺伝子が特定されています。


現在では、乾癬は関節リウマチと同じく、TNF-αを産生する「Th17細胞」による慢性疾患の1つと捉えられつつあります。


そのため、治療でも抗TNF-α抗体である、インフリキシマブやアダリムマブが治療薬として認可され、2010年より日本でも乾癬治療の一環として、注射や点滴で投与されるようになりました。


遺伝的要素のほかにも、日々のストレスといった外的な要因のほか、肥満や糖尿病、高脂質症などの生活習慣病も引き金の1つと考えられており、生活を改善することも欠かせないとされています。


紫外線不足も一因とされ、光線療法と同じく、日光浴が推奨されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ