美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

季節は、春から夏へ・・・ また新しい季節がめぐってきます。

あなたは、季節が変わるのと同時にメイクも変えていますか?

1年中、同じメイクで過ごしていませんか?

季節が変われば、あなたのお顔の状況は変化します。

温度も湿度も違うのですから、1年中同じメイクではお顔がキレイに見えません。

季節が変わったら、メイクの方法やメイク道具も変えてみましょう。

今は初夏の様々なメイク用品が、たくさん販売されています。

どれもかわいらしくて、目移りしてしまうものばかりです。

しかもかわいらしいばかりではなくて、夏のお肌に対応して機能性もばっちりなんです。

1年中、決まった同じメイクではつまらないです。

女性に生まれたのですから、季節と共にメイク用品もチェンジして、

一歩上級者のメイクを目指してみましょう。

そうすれば、あなたはさらに綺麗になれます。

ここでは、そんな初夏のメイクを考えましょう!


【各社、夏のメイク用品が・・・】

各化粧品会社からは、夏のメイク用品がたくさん販売されています。

どのメイク用品も、工夫されて使いやすいものばかりです。

夏の気候や温度・湿度に合わせて、あなたをさらに美しくしてくれます。

夏は、冬に比べて気温が高くまた湿気があります。

特に6月には、日本特有の梅雨があって、それがあなたのお肌に大きなダメージになるのです。

梅雨の時期に、メイクののりが悪くて困った経験はどなたにもありますよね。

ジメジメした梅雨は、汗もかきやすくて、せっかくのメイクもすぐに落ちて、
顔が汗まみれになってしまうことあると思います。

汗をたくさんかくと、メイクが落ちやすいばかりではありません。

ニキビができやすくなったり、シミやしわの大きな原因にもなります。

また、汗をたくさんかいたのに水分を補給しなかったら、水分不足になってしまいます。

お肌の水分不足は、最も恐ろしい老化の元です。

そんな悲惨なお肌の状況になってしまう前に、夏用の化粧品でしっかり夏用のケアーを
したいですよね。

夏が終わって秋を迎える頃に、何歳も年を取ったお肌になってしまったら、
取り返しがつかきません。

そんな恐ろしい状況になる前に、しっかりとケアーをしましょう。


【夏のケアーの主役、日焼け止め】

夏のお肌のケアーの主役は、日焼け止め、UV対策です。

あなたは、UV対策は万全ですか?

とにかく夏のお肌の大敵は、紫外線による日焼けです。

UV対策を怠っていたら、気がついた時にはお肌はガサガで、
キメがなくなってしまいます。

また、全体に黒く日焼けをしてしまい、吹き出物や肌トラブルが起こりやすくなります。

こうなる前に、万全のUV対策をしましょう。


とにかく、UV対策の基本は面倒がらないで、こまめに日焼け止めをしっかり塗ること、
お顔、デコルテ、首、うなじ、手・・・
できれば、ボディーにもしっかり日焼け止めを塗りこみたいですね。

この時の注意点は、とにかくたっぷりの日焼け止めを塗りこむ事です。

ケチったり、少ししか日焼け止めを塗らなかったら、何の意味もありません。

『多すぎるかなぁ・・・???』

と思うくらいに、たっぷりの日焼け止めを全身に塗りましょう。

そしてできれば、3時間に1回程度は、こまめに日焼け止めを塗りなおしたいですね。


こうした、ひと手間をかけることによって、秋がくる頃には、あなたの全身が

紫外線から守られて美しいままでいられるます。

夏のダメージからくる老化なんかとは、無縁でいきたいですね。


おすすめ!!
女子力アップの基本が学べる女子力アップ講座☆ヘアメイク・ネイル・メイクアップの基本が学べます!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日本女性の多くがあこがれる、パッチリとした二重まぶた。

一体どのような構造で二重になっているのかご存知ですか?


まずは二重の仕組みと種類を知り、
一重まぶたとの違いを研究してみましょう。



■二重まぶたの構造

まぶたの裏側には、「瞼板(けんばん)」と呼ばれる
細長い芯のような組織があります。

私たちが目を開ける時にかならず引き上げられる部分です。


この瞼板がまぶたの皮膚と癒着していると、
目を開けた時に瞼板と共に
まぶたの皮膚も引っ張られ、二重ラインができます。


つまり瞼板と皮膚が一体となっているのが重要なポイントです。


逆にいえば、一重では瞼板とまぶたの皮膚が癒着していないため、
目を開けた時に瞼板だけが引き上げられ、二重ラインができないのです。


アイプチなどで二重ラインを作っても、すぐに戻ってしまうのは
皮膚同士をくっつけているだけで、瞼板とは連動していないからです。


瞼板と皮膚とを一体化させるためには、
やはり手術がもっとも確実といえます。


メスを使わずに医療用の糸で、瞼板と皮膚を結ぶのが
「埋没法」、まぶたの余分な脂肪を除去した上で、
瞼板と皮膚を縫合するのが「切開法」です。



■二重まぶたの種類

二重まぶたは、その形状によって大きく3つのタイプに分かれます。


1つは「末広型」です。


目頭の二重ラインの幅は狭く、目じりにいくほど広くなっていきます。
どちらかというとややたれ目っぽく、色気のある目もとというイメージです。


東洋人にしかない「蒙古ひだ」(目頭を覆う、上まぶたの皮膚)があることで
末広型になりやすく、日本人に多くみられる二重といえます。


2つめが「平行型」です。


こちらは目頭から目じりまで、一貫した幅で
二重ラインができているタイプで、
パッチリと大きく、可愛らしい目もとになります。


手術でも人気の二重で、末広型から平行型に変える人も多いようです。


おすすめ!!
手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法

ローヤルアイム リピ【 レビュー数 1500件以上!】劇的二重に大変身!アイプチ・メザイクより二重が持続★【二重まぶた形成化粧品】【ローヤルアイムリピ】ローヤルアイム
ローヤルアイム リピ【 レビュー数 1500件以上!】劇的二重に大変身!アイプチ・メザイクより二重が持続★【二重まぶた形成化粧品】【ローヤルアイムリピ】ローヤルアイム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ほうれい線は、乾燥のほかにも「たるみ」が大敵です。

加齢とともに、顔の筋肉(表情筋)も衰えてしまいがちですので、
体操できたえてあげることが大切です。

特に口元と頬の筋肉に刺激を与えましょう。

ほうれい線の改善のみならず、リフトアップ効果や
小顔効果もありますので、ぜひスキンケアのついでに
毎日おこなうことをおすすめします。



■口元の筋肉をきたえる体操

小さな口でもごもごと話していると、
口元の筋肉は衰えていくばかり。

ぜひ体操の時に「あ・い・う・え・お」を
思いっきり口を開いて発声してみましょう。


正面を向いたままおこなうほか、上を見上げた状態で、
もしくはうつむいた状態でやってみるのも効果的です。


「あいうえお」は、いずれも口の開き方がまったく違いますので、
非常に良い刺激を口輪筋に与えることができます。


特に「う」の時は、口を思いっきりすぼめて前に突き出すのがポイントです。

日本語の発音は、この口の形を作る機会がないことで知られています。

タコになったつもりで「う」を作るのが大切です。



■頬の筋肉をきたえる体操

笑顔をつくり、右の口角だけを上げて右目をウインクします。

次に左側も同じようにおこないましょう。

これをリズムよく繰り返すことで、
頬の筋肉が刺激されるのが分かると思います。


また「お」の口にして顔を縦長に伸ばすようにします。

次に「あ」の口にして頬の筋肉が上がるようにしましょう。

これも「お、あ、お、あ」と何度か繰り返します。


普通に過ごしているだけでは、
なかなか表情筋をきたえる機会がありませんので、
鏡に向かったスキンケアのついでに、
ぜひ継続的におこなってみてください。


おすすめ!!
ほうれい線を自宅で簡単にとる方法

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ