美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

ダイエットに効くサプリメントが多数販売されています。

サプリだけで痩せられるわけではありませんが、
サポートする食品として効果的にとり入れてみるのは良いことです。

ここではダイエットサプリの大まかな種類と、
その効果についてご紹介します。

自分に合ったサプリ選びの参考にしてみてください。


■水分コントロールをするサプリメント

実はむくみが肥満の大きな原因となっている人は多いものです。

特に女性では、いわゆる「水太り」が多いといわれています。

そんな体内の水分量を調節し、余分な水分を排出してくれるのが
ビタミンやミネラルなどのサプリです。

特に「ビタミンB群」や「カリウム」が最適とされています。
利尿作用のあるハーブなどとミックスした、
水分コントロール専用のサプリも販売されていますので、
水太り傾向のある人にはおすすめです。


■脂肪を燃焼させるサプリメント

ダイエットの大敵、脂肪を燃やす効果のあるサプリメントもあります。

水分調節と同じく、「ビタミンB群」は燃焼系ビタミンといわれ、
脂質やタンパク質、糖質の燃焼をサポートしてくれます。
さらに化粧品でも人気の「コエンザイムQ10」も、ビタミンに似た物質。

脂質を燃やし、エネルギーに変わるプロセスで必要となります。

また「L-カルニチン」というアミノ酸の一種も、
おもに運動において脂肪燃焼を助けてくれる効果があります。

アメリカでは肥満患者の定番サプリです。

その他、トウガラシの成分である「カプサイシン」や、
生姜の成分である「ジンゲロール」を配合した
サプリメントも、脂肪燃焼に効果的です。


■吸収阻害系のサプリメント

食事で摂取した脂肪や糖質の吸収をブロックするサプリメントもあります。

代表的なのが、カニやエビの殻に含まれる「キチン」や「キトサン」という
動物性食物繊維です。

脂質の吸収を抑えてくれる作用があります。

また「ギムネマ」や「シルベスタ」は、甘いものが好きな人に最適。
ハーブの一種で、糖質の吸収を阻害してくれます。

糖尿病予防にも効果があるといわれます。

同じくミネラルの1つ「クロム」も、糖質の吸収を抑制します。

他にも「ガルシニア」は脂肪の合成をブロックする効果があり、
ダイエットサプリの定番といえるでしょう。

サプリメントは、あくまで普段の正しい食事と運動があってこそ、
十分な効果を発揮してくれるものです。

頼りすぎず、上手に活用しましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自分の正しいバストサイズを知ることは、
最適な下着選びの基本になります。

下着を新調するたびに、現在のサイズを測ることが大切です。

できれば人に測ってもらったほうが正確ですが、
自分でもコツを覚えればマスターすることができます。


■下着をつけたまま計測するのが良い

バストサイズを正確に測定するためには、
人によっては下着をつけたままのほうが良いといわれます。

これは加齢によって、バストが垂れたり、
横に流れてしまう人が多いからです。

若くハリのあるうちは裸のまま測ってもいいのですが、
自信がなくなってきた人は、
1番つけ心地のいいブラジャーをつけた状態で測りましょう。

鏡の前に立ち、姿勢をまっすぐにしてメジャーを持ちます。

背中から前にまわし、アンダーサイズの場合は
胸のふくらみのすぐ下にメジャーを置きます。

この際、鏡で水平になっているかどうかをかならず確認しましょう。

サイドや背中で斜めになっていると、数センチの誤差が生じてしまいます。

メジャーの重なったところに指を1本入れて、深く呼吸をします。

自然な状態だと感じたら、指で押さえて数字を見ましょう。

トップバストの時は、乳首の上を通るようにしてメジャーを水平にまわします。

まわしたら一度深呼吸をすることが、正確に測るコツです。


■下着は購入前に試着を

アンダーとトップの数字が分かったら、カップサイズが導き出されます。

しかし5センチ刻みですので、
人によってはどちらを選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

実際は商品によっても微妙に異なりますので、
購入前には試着をすることが大切です。

お洋服ならかならず試着をする女性も、
下着はカップとアンダーの数字だけで
パッと買ってしまう人も多いものです。

しかし美しいバストを保つためにも、
違和感のない下着をつけることが重要ですので、
ぜひ試着室を活用するようにしましょう。

本当に自分にぴったり合ったブラジャーをつけた時には、
どこにも違和感がありません。

少しでも「このへんがちょっと…」と感じる時は、
つけ方を見直すと同時にサイズを変えてためしてみましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットとは、もともと「食事療法」という意味です。

痩せるためだけではなく、病気の改善のための食事も含まれます。

何はなくとも食事に気をつけることが、
ダイエットの要といえるでしょう。

ダイエットレシピを考えるための基本をご紹介します。


■タンパク質は不可欠と心得よう

ダイエットというと、目の敵にされがちなのがタンパク質です。

特にお肉などの動物性タンパク質は、
とらないほうがいいと思われがちですが、
タンパク質自体は非常に大切な栄養素なのです。

私たちの体の組成は、約6割が水分、そして約2割がタンパク質です。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のようにつながって出来たもので、
皮膚や髪の毛、筋肉や臓器など、あらゆる器官を作っています。

さらに、生きるために欠かせない酵素も
タンパク質をもとに構成されているのです。

ダイエットのためには、よく「基礎代謝を上げること」
といわれますが、それは筋肉量を増やすことでもあります。

タンパク質を摂取しないと筋肉量も減少し、
結果的に基礎代謝も下がってしまうのです。

体重1キロにつき、1グラムのタンパク質が摂取の目安となります。

低カロリーで高タンパクな食材としては、
まず植物性タンパク質が挙げられます。

納豆や豆腐、枝豆などの大豆製品が代表的です。

動物性タンパク質の中にも、低カロリーなものはありますので、
ぜひとり入れましょう。

牛や豚のもも肉やヒレ肉、鶏のささみや胸肉、鴨や鹿、ラム肉のほか
魚ではマグロや鮭、タラ、貝類などが該当します。

これらのタンパク質をしっかり取ることが、ダイエットには効果的です。


■ダイエットレシピは和食が基本

昔ながらの日本の食事は、まさにダイエットに
打ってつけといわれています。

その内容は「主食+一汁二菜」です。

ご飯に味噌汁、そして主菜と副菜がもっともバランスのとれたメニュー。

パンは腹持ちが悪いですし、マーガリンやジャムといった
「つけるもの」のカロリーが高いため、ダイエットには向いていません。

主菜は肉や魚、大豆製品を使ったタンパク質を中心にします。

副菜は、野菜や海藻類たっぷりのサラダや煮物、
おひたしなどがおすすめ。

お味噌汁も、季節の野菜や大豆製品を使って具だくさんにしましょう。

一食分のカロリーは500kcalが理想的です。

こういった食事なら満腹感も得られますし、太りにくいこと間違いなしです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ