ほうれい線には、頬のたるみも影響しています。

頬の筋肉がたるんでくるのに加えて、それを上のほうで支える側頭部の筋肉、そして下のほうで支える口元の筋肉がすべて加齢により衰えることで、頬の筋肉をますます支えられなくなり、ほうれい線につながるようです。

顔のインナーマッスルをきたえて、ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。


■頬のたるみを防ぐマッサージ

その場ですぐにできる、頬の筋肉のマッサージがあります。

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をぐっと押さえます。

2.その状態で、皮膚ごと左右に大きく動かします。

指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。

3.10回動かしたら、3本の指を指1本分ほど下にずらして、同じようにおこないます。

表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

毎日続けることで、徐々にきたえられていくはずです。


■口を開けて頬をきたえるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法は色々とあります。

口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上のほうに引き上げる、これだけでも頬の筋肉をきたえることができます。

「あ」のまま笑おうとするイメージです。

慣れないうちは、何度かおこなってみただけで頬が疲れるのを感じるでしょう。

また、「お」の形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。

ムンクの叫びのような感じです。

それから、両手で頬を上へ持ち上げ、また10秒ストップ。

たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージでおこなうと良いでしょう。

基本的に、顔のインナーマッスルをきたえるためには、口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与えるのが基本です。

吹奏楽などで、トランペットやチューバ、サックスなどを吹いている人は顔が締まりやすいといわれますが、これも口元の筋肉を使うからだと考えられます。

本を読みながら、パソコンを使いながら、意識的に顔のパーツを動かすようにするだけでも、ほうれい線のできにくい頬になるはずです。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング