緑内障は早期発見が非常に大切です。
長く放置すると、最悪は失明に至ることもあり得ます。

そこで定期検診が必須となりますが、できるだけ
緑内障の専門医がいる病院にかかることをおすすめします。

検査の機器も整っていますし、
正常眼圧緑内障の発見もしてもらいやすいからです。


■検査体制の整った眼科を受診しよう

緑内障は眼圧が上がることによって起こるといわれますが、
日本人の場合、眼圧は正常値である「正常眼圧緑内障」が
多いという特徴があります。

つまり通りいっぺんの検査では、
緑内障を見逃してしまう可能性もあるのです。

視力検査や眼圧測定だけではなく、
眼底検査や視野の欠損を調べるための
専門的な検査が必要になります。

そのためにも、緑内障に精通した医師のいる
病院にかかることが大切です。

特に高度な視野検査は、どこの眼科でも
おこなっているわけではありません。

中には眼科といっても、コンタクトレンズを処方することが
メインのところも今は増えていますので、しっかり調べることが大切です。

インターネット上には、緑内障の専門医や、
検査体制の整った眼科をリサーチ
できるサイトもあります。ぜひ活用してみましょう。


■口コミを参考にしてみよう

実際に緑内障であることが判明した場合、
治療を受ける病院についても考える必要があります。

もっとも安心なのは、やはり専門医のいる病院でしょう。
手術や入院の体制が整っているところなら、なお安心です。

また目の病気には、精神的な不安も大きいものです。

緑内障は早期に治療開始できれば、
失明するリスクを大幅に減らすことができますが、
そうはいっても可能性はゼロではないため、患者さんは不安になります。

手術を受けるとなると、緊張もするでしょう。

そういったメンタル面でのサポートもしてくれる
親切な病院を選ぶことも大切です。

実際にその医療機関にかかったことのある人の
口コミなども参考になりますので、
病院選びの際にはぜひチェックしたいところです。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム