美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

緑内障は、人間だけではなく犬や猫もかかりやすい目の病気です。

白内障も多いのですが、適切な手術を受ければ
視力が回復するのに対し、緑内障では失った視野が
回復することは不可能である点がネックです。

可愛いペットの視力を最大限に維持してあげるためにも、
早期発見がもっとも大切といえるでしょう。


■気づいた時には失明寸前ということも

犬や猫は、人間と比べると角膜の面積が広くなっています。

そのため、ちょっとしたキズによっても、
光彩や毛様体などに炎症が起こりやすく、
それが眼圧の上昇につながりやすくなります。

眼圧が上がった時点で早期発見できればいいのですが、
犬や猫に目の疲れや頭痛、吐き気などを訴えろというのもムリな話です。

実際に視野の欠損が始まっても、完全に見えないわけではない限り、
いつも通り元気にしていることも多いでしょう。

人間ですら、一部の視野が欠けても気づかないことがあるのです。

そのためどんどん発見が遅れ、病院につれて行くころには
既に失明に近い状態になっていることも少なくありません。

いったん失われた視野や視力は回復できないのが、
緑内障の特徴ですので、そうなる前に何とか気づいてあげることが大切です。


■定期的な目の検診を

特に気をつけたいのは、犬でいえば
シーズーやマルチーズ、パグなどです。

目が大きく飛び出したような小型犬では
、外傷によってブドウ膜炎などが起こりやすく、
そこから眼圧の上昇につながる「続発性」の緑内障が多いため、
飼っている人は、ぜひ定期的に目の検査を受けさせましょう。

もちろん猫も可能性はあります。

一方、遺伝的に目の排水路に異常がある「原発性」の緑内障の場合は、
目の飛び出した小型犬でなくても、多くの犬種に可能性があります。

猫には、このタイプの緑内障は起きません。

治療は、原発性か続発性かによっても異なります。

原発性の場合は、房水の量を減らすことが第一となります。

有効な点眼薬や飲み薬もありますので、
早期に治療を開始することが大切です。

また房水の産生量を減らすためにレーザー治療をおこなうこともあります。

続発性の場合は、眼圧を下げる治療が中心です。

人間と同じく、点眼薬や点滴を用います。

失明に至る前に早期発見するためにも、
ぜひ定期検査を受けましょう。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット