美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

バストアップには、エクササイズや豊胸手術などの方法がありますが、近年、女性たちから熱い注目を集めているのが、サプリメントです。

中でも「プエラリア」という成分が、バストアップに有効であることが分かっていますが、副作用もあるため、過剰摂取しないよう気をつけましょう。


■植物性エストロゲンでバストアップ!

プエラリアとは、正式名称を「プレラリアミリフィカ」という、タイやミャンマーに自生するマメ科の植物です。

その根には、糖や食物繊維のほか、イソフラボンも含まれており、実に大豆の40倍もの量といわれています。

イソフラボンといえば「植物由来のエストロゲン」とも呼ばれるほど、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た作用をもつことで知られています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)には、女性らしい、丸みを帯びた体つきをうながす働きがあり、これを生かして、バストアップに役立てられているのです。


■プエラリアの副作用

いくら植物由来とはいえ、卵巣からではなく、サプリによって女性ホルモンを多量に摂取することには、副作用も指摘されています。

その1つが、生理不順や不妊症です。

外からエストロゲンが入ってくることで、体がみずから分泌をやめてしまい、女性ホルモンの乱れにつながるといわれています。

さらに、エストロゲンには乳がんや子宮がん、子宮筋腫などの発生リスクを高める作用もあります。

食品安全委員会も、大豆イソフラボンの過剰摂取に警鐘を鳴らしており、1日の上限を30ミリグラムと定めています。

さらに、サプリメントとして女性たちに人気が高いことから、大量生産のため、タイやミャンマー産の良質なプエラリアを使用していない商品も出回っています。

購入する際は、そのブランドが本当に信頼できるかどうかを見極め、プエラリアの産地をしっかり確認するようにしましょう。

また、1日の使用量をかならず守ることが大切です。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット