電話はメールと違って、直接相手と対話ができるツールです。

気持ちを詳細に伝えることができる一方、相手にかかる負担も考える必要があります。

復縁のために電話をする時に気をつけたいポイントをご紹介しましょう。


■かけるタイミングを見極めよう!

メールなら「元気?」「元気だよ」でやりとりが終わってしまうところを、電話ならある程度ゆっくり話せる点は大きなメリットです。

できれば、もともと相手が話し好きな場合(電話が苦じゃない場合)や、電話するための良い口実がある時などがおすすめです。

その際、かける時間帯には気をつけましょう。

一時期付き合っていたなら、相手の生活パターンや、ゆっくり話せる時間帯など、ある程度知っているものです。

せっかく勇気を出して電話をかけたのに、相手が忙しい時だと話もそこそこに終わってしまい、「今の電話は一体何だったの?」ということに。

ただし、事前にメールで「今電話していい?」とお伺いを立てる必要はありません。

久しぶりの電話は、突然だからこそ新鮮で意味を持つこともあるからです。

サプライズでいきましょう。


■じめじめした雰囲気にしない!

電話は直接話すだけに、メールより感情的になってしまうおそれがあります。

久しぶりに聞いた声にうれしくなり、話しているうちに気持ちが高まって「どうしてもやり直せない?」などと問い詰めてしまったり、相手への執着心を見せてしまう人も多いですので、気をつけましょう。

あくまで「どうしてるかと思って、ふとかけてみたくなった」というスタンスでちょうどいいものです。

いきなり最初からディープな話はせず、近況報告や軽い思い出話にとどめましょう。

相手が懐かしがって、心から笑ってくれたなら、かなり良い雰囲気といえます。

もしも相手が乗り気ではない、もしくは既に新しい恋人がいた場合はいったん潔くあきらめ、電話を切ることも大切です。

久しぶりの電話は「様子見」と考えて、あまり過大な期待を抱かないほうがいいでしょう。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法