美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

2018年08月

キュッとしまった小顔に近づくには、
顔の筋肉をきたえることも効果的です。

ボディと同様、顔も筋肉をトレーニングすることで、
余分な脂肪を減らし、引き締めることができます。

自宅で思い出した時にすぐにできるエクササイズをご紹介します。


■母音を発声して表情筋を刺激

アナウンサーがおこなっているような発音トレーニングは、
滑舌を良くするのみならず、顔の表情筋にも良い影響を与えます。

あ・い・う・え・お、いずれの母音も大げさなくらい
大きく口を動かして発音してみることで、
複数の表情筋を使うことが可能です。

「あ」では、口を思いっきり開いて丸い形を意識し、
「い」では横に広げ、頬の筋肉が上に上がるのを確認します。

「う」では口を存分にとがらせ、「え」ではアゴを刺激して二重アゴを撃退。

「お」では、上唇と鼻の下を緊張させるよう発音しましょう。

どれも、普段あまり意識しない筋肉を使うことができます。

静かなところでは、声を出さなくてもOKですので、
ぜひ毎日続けてください。


■色々な表情を作って筋トレ

顔の筋肉をきたえるには、表情をわざとらしく
豊かにするのがコツです。

たとえば、目と口を思いっきり開いてみるだけでも、
トレーニングになります。

大げさに驚いた時のような顔を意識してみましょう。

顔の筋肉が上下に引っ張られているのを感じるはずです。

そのまま10秒ほどキープします。

次に、すっぱいものを食べた時のように、
顔全体をすぼめます。顔の中心から
クシャッと縮めるようなイメージです。

そして、口を閉じたまま、
ふてくされた時のようにとがらせます。

そのままの状態で、口を左右に動かしましょう。

な骨ではなく、口周りの筋肉だけで動かすつもりでおこないます。

これだけのことを毎日続けるだけでも、顔が引き締まってくるはずです。


おすすめ!!
鼻が高くなる&小顔になる 輪郭小顔矯正法




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットにとって炭水化物は大敵というイメージがあります。

たしかに炭水化物を抜くと、
短期間で体重を減らせる人も多いようです。

しかし完全にゼロにしてしまうと、糖分が欠乏して
脳のはたらきが鈍くなったり、
甘いもののドカ食いにつながるリスクも。

最低限の炭水化物は食べるようにする
「低炭水化物ダイエット」がおすすめです。


■食べてもいい炭水化物とは?

低炭水化物ダイエットはとても人気があり、
無理なく続けられると評判です。

1回の食事につき、食べていい炭水化物としては、
お米で100グラム(小さなおにぎり1個分)、
食パンで1切れ(6枚切り)とされています。

ご飯はやや固めに炊いたほうが噛みごたえもあり、
満腹感を得られやすいでしょう。

またパンには基本的に何もつけないことが大切です。

ご飯よりパンのほうが太りやすいといわれるのは、マーガリンやバター、
ジャムなどの「塗るもの」のカロリーが大きいからなのです。

これらの炭水化物を、毎食かならず食べるのが低炭水化物ダイエットです。

何の苦もなく続けられる人も多いのではないでしょうか?

ただし、パスタやラーメンなどの麺類はNGとなっています。

これらは具やスープのカロリーが高いためです。


■炭水化物抜きは危険

もちろん炭水化物を減らすだけではなく、砂糖たっぷりの菓子類や
ジュースなども避ける必要があります。

菓子パンは、同じパンでも高カロリーなためNGです。

またおかずも、野菜や大豆製品、海藻類などを多めにし、
動物性脂肪を減らすようにすると、さらに効果が期待できるでしょう。

炭水化物に含まれるブドウ糖は、脳が吸収できる唯一のエネルギー源です。

そのため、無理に炭水化物を抜くダイエットをしてしまうのは危険といえます。

また日本人はもともと、肉食をメインにしてきた欧米人と異なり、
米と野菜を主食としてきた人種であることから、腸も長めにできており、
炭水化物抜きダイエットは体質的にも向いていないようです。

無理なく量を減らすだけにとどめて、
体に必要な炭水化物はしっかりとりながら
ダイエットするのがコツといえるでしょう。


おすすめ!!
低炭水化物ダイエット(返金保証付き)







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットをするなら、それを機にブログを開設してみるのも1つの手です。

日々の食事内容や運動、体重や体脂肪率の変化などを記すことは、
良い記録になりますし、公にすることでモチベーションのアップにもつながります。

匿名ですから、体重を堂々と公開しても問題ありません。

ダイエットに必要なのは、続けやすくするための工夫です。

ダイエットブログはその一助となるでしょう。


■ダイエットブログの効果

どんなチャレンジでも、1人きりでおこなうより、協力者がいたほうが
スムーズに達成できるものです。

特にダイエットは、どうしても孤独な戦いになりがち。

イヤになってしまえば、ある日簡単に「やーめた!」
となってしまうのも問題です。

ダイエットブログを開設することで、読者がついたり、
同じ目標をもつ仲間からコメントをもらったりすることで、
モチベーションの維持に大きく役立ちます。

SNSなら、ダイエットのサークルなどに所属すれば、
さらに効果が期待できるでしょう。


■他のダイエッターのブログも参照しよう

同じくダイエットをがんばっている仲間や、
美容に意識の高い芸能人のブログをチェックするのも参考になります。

画期的な方法や、おすすめのサプリなどを紹介していることもありますので、
自分にも合いそうだと思った時には、ぜひとり入れてみましょう。

他のダイエッターのブログを見ていると分かりますが、
写真をアップしていたり、細かな数値を掲載しているほうが
見る側にとっては非常に役立つものです。

ブログを開設するなら、できるだけ細かく情報を載せましょう。

日々の良い記録になりますし、読む人にとっても大いに参考になるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

上手にダイエットするには、まず「自分を知る」ことが不可欠です。

中には増えた体重を直視したくないために、
体重計に乗るのを避ける人もいますが、
ダイエットを始める前にかならず現状を
把握しておくことが大切です。

また普段どんなものをどれくらい食べているのかを知るためにも、
食事の記録をつけることも大いに役立つでしょう。


■最新の体重計を手に入れよう

最近売られている体重計の多くに、体脂肪率や骨密度、
水分量などを測ることのできる機能がついています。

効果的なダイエットのためには、こういった体重計を
1つ用意するのがおすすめです。

安いものでは5,000円以下でも多く売られています。
ダイエットを始める前に、まずは現在の自分の情報を
しっかりチェックしましょう。

そのほうが的確な目標を立てられますし、
変化が目に見えて分かるためモチベーションのアップにもつながります。

また筋肉をきたえるダイエットでは、
体重の減りはそれほどでもないものの
体脂肪率はきちんと下がっていることが多いものです。

体重だけで一喜一憂しないよう、
体組成計のついた体重計が理想的です。


■食事をレコーディングしよう

肥満で悩んでいる人の中には「そんなに食べていないのに…」
と言う人が多いのですが、はたから見ていると
十分な量を食べていることも珍しくありません。

また1度の食事量は少なめでも、つまみ食いが多かったり、
食べているものが高カロリーだったりすることも多いものです。

その日に飲み食いしたものをすべて1つ残らず
ノートに書きだすだけでも、大きな気づきを得ることができます。

自分の食事の傾向が分かれば、
何を減らすべきかもおのずと見えてくるものです。

人によっては、この作業だけで効率よく痩せられることもあります。

いわゆる「レコーディング・ダイエット」です。

上手なダイエットのため、まずは自己分析から始めましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

数年前から、女性たちの間で「酵素」が大ブームとなっています。

酵素入りの化粧品のほか、食材や酵素ドリンクからも
摂取することが可能です。

美容はもちろん、酵素はダイエットにも効果があるといわれています。

健康的に体重を減らせる酵素ダイエットについてご紹介しましょう。


■朝バナナダイエットも酵素ダイエットだった

一時期、スーパーからバナナが姿を消したのは記憶に新しいところ。

世の女性たちが夢中になった朝バナナダイエットは、
まさに酵素パワーを使った正しいダイエットだったのです。

果物は、それ自体が消化酵素をもっているため
「すでに消化の終わった食べ物」ともいわれています。

そのため胃に負担をかけることなく、
数十分ですぐに腸へ吸収されます。

アスリートが休憩時間にバナナを食べるのも、
まさにこの作用のためです。

私たちが思う以上に、消化という作業は
大きなエネルギーを消費します。

朝食を果物に置き換えるだけで、
体にかかる負担をぐっと減らすことができ、
体は排泄のほうに集中できます。

つまり朝バナナダイエットは、
お通じを良くすることでダイエットにつながるのです。

果物に含まれる果糖で太ることはないとされています。

午前中は、心おきなく果物でおなかを満たしましょう。


■生野菜や発酵食品で酵素を補給

酵素は新陳代謝をうながす、生命活動になくてはならないもの。

しかし体で作られる酵素には限りがあるため、
外から補給する必要があります。

果物はもちろん、生野菜にも酵素はたっぷり含まれています。

食事の付け合わせとして、かならず生野菜のサラダを
用意するだけでもお通じは格段に良くなるでしょう。

特に肉類は消化に大いに負担をかける食べ物のため、
かならず生野菜とセットにしたいところです。

その他、お味噌や納豆も立派な発酵食品です。

これらの食材を日常的に食べていた日本人は、
世界からみても腸がきれいな上、太っている人が少なかったのですが、
欧米化の食事によって事情は変わってきました。

ぜひ味噌汁を1日1杯は食べるようにしましょう。

もちろんキムチも発酵食品ですし、
砂糖の入っていないヨーグルトもおすすめです。

毎日意識して酵素をとるだけで、余分なものを排出しやすくなり、
効果的なダイエットにつながります。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ