不妊に悩む女性が考えることの1つに「病院に行く時期」があります。

どれくらいの間、妊娠しなければ受診するべきなのでしょうか?

一般的には、「毎月、排卵日あたりに性交渉をしても、1年以上妊娠しない場合」とされていますが、あくまでも目安です。

年齢によっては、一度早めに診てもらったほうが安心できるでしょう。


■まずは気軽に相談を

30歳を過ぎている場合は、特に焦っていなくてもブライダルチェックのつもりで、一度検診を受けてみることをおすすめします。

特に今まで婦人科系の病気にかかったことのない人の場合、内診を受ける機会もなかったはずです。

子宮の入り口や内部に問題はなさそうか、性感染症にかかっていないか、などなど、さまざまな基本の検査を受けることができますので、まずは軽い気持ちで受診してみるといいでしょう。

どんな時でも、持参したいのが基礎体温表です。

最低でも1周期分、できれば3周期以上記録したものを持って行くと、より正確な判断につながります。

生理中を避ければ、タイミング的にはいつ病院にかかっても問題ありません。

検査も、低温期・高温期それぞれに最適な検査があります。


■評判の良い病院を選ぼう

できれば最初から不妊治療を専門とするクリニックにかかったほうが、後々安心です。

普通の婦人科でも、基本的なチェックは可能ですが、いざ治療を開始するとなると転院する必要が出てきます。


その際、また検査をやり直さなければいけない可能性もあるでしょう。

不妊治療専門のほうが、検査の機械や治療の体制も整っていますし、周りも同じ悩みを抱える患者さんばかりですので、普通の産婦人科より通いやすいメリットがあります。

評判の良いクリニックは、予約をしてもかなりの待ち時間が発生することもありますが、なるべく医師が親切で丁寧なところを選びたいものです。

ただでさえ不妊治療にはつらいことが多いため、口が悪い医師などにあたると、ますます精神的に落ちてしまいます。

相性もありますが、口コミなども参考に、良いクリニックをリサーチしてみましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」