不妊治療の中で、鍼灸治療というものがあります。

鍼灸は、不妊症の体質改善には非常に高い効果があるといわれています。

また、副作用のない東洋医学の治療で妊娠前後でも全く問題なく行えることから今注目されているようです。

鍼灸とは、腎、肝、脾が月経、妊娠などと関係する臓器とされているため、これらの臓器を整えるツボを、はりや灸を使って刺激していきます。

体の冷えが不妊の原因となっているケースが非常に多くあって不妊で悩んでいる方の多くは手足が冷えたり、お腹が冷えています。

体が冷えると熱を逃がさないように血管が収縮して血流が悪くなり、酸素や栄養がうまく送られなくなって内臓の働きやホルモンバランスが崩れます。

はりやお灸をすると筋肉のコリや内臓の硬さが緩んで、血管も拡がって血流が良くなり結果的に冷えによる内臓の機能低下やホルモンバランスの崩れなどが改善されます。

また、それぞれの内臓に関係する神経は脳から背骨の中を通って各臓器に走行しています。

なので、子宮や卵巣などと関係する神経の流れを良くするような治療、すなわち自律神経の中枢である視床下部に対してはり治療をすることによって、視床下部から脳下垂体、卵巣と刺激が伝わってホルモン分泌が非常に高まります。

また、鍼灸が不妊治療に有効であるというデータもあります。

例えば、ドイツでは鍼を行なわなかった組では13.8%、行なった組では28.4%の妊娠率で、鍼治療組の妊娠率が高くなったなどがあります。

鍼灸治療法は、副作用もなく、効果があったという声が多数あることから、今最も効果な不妊治療法ではないでしょうか。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」