薄毛は少しずつ、しかし確実に進行していくため、人知れず悩みを抱えている男性も多いのではないでしょうか?

日本で薄毛に悩む成人男性はおよそ1,260万人ともいわれます。


現在では「薄毛は治療するもの」という考え方が浸透していますので、ぜひ専門のクリニックや皮膚科などに一度相談してみましょう。


■正しい対策は原因の特定から

薄毛のための商品は色々と販売されていますが、どれを使うべきかも悩むところです。

薄毛と一口にいっても、その原因や症状、頭皮の状態などによって最適な治療法は異なるため、自己判断ではなかなか難しいでしょう。

頭髪専門のクリニックや、薄毛治療をおこなっている皮膚科であればまずは頭皮チェックやカウンセリングから始め、1人ひとりにもっとも合った治療薬や治療法を提案してもらえますので、効率的に対策ができます。

薄毛の代表的な薬であるミノキシジルやプロペシアなども処方してもらえるでしょう。

中には男性型脱毛症(AGA)には該当しない脱毛症の場合もあります。

たとえば一部分のみが薄くなるのではなく、全体的にまばらに薄くなっていく「びまん性脱毛症」や、ストレスや自己免疫異常からくる「円形脱毛症」などはアプローチの仕方が異なってきます。

まずは薄毛の原因の特定から始めることが肝心です。


■薄毛治療の費用は?

残念ながら現段階では、薄毛治療は健康保険が適用されません。

つまり全額自己負担となります。

費用はかかるクリニックによっても異なりますが、一般的に薄毛治療専門外来のほうが割高にはなるようです。

月1回の通院で30,000円ほどが相場となっています。

皮膚科で診てもらう場合は、10,000円ほどのところが多いようです。

しかし専門的な機器や検査体制、増毛対策ということでいえば専門のクリニックのほうが効果は高いかもしれません。

当然ながら治療薬も10割負担となってしまいますが、手当たり次第に市販の育毛剤などを購入するよりは、もしかしたら安価に済む可能性もあります。

ちなみに代表的な薄毛治療薬である「プロペシア」は、インド産のみジェネリック品が登場していますが、日本ではまだ特許の切れていない薬ですので、正規の流通ルートはありません。

ネットの個人輸入では、業者が信頼できるかどうか見極めなくてはいけないため、購入には十分気をつける必要があります。


おすすめ!!
発毛 育毛 自力 薄毛 改善 マニュアル