胸の成長には「ラクトゲン受容体」というものが関わっているといわれます。

一般的に、12歳から18歳ぐらいの間に乳腺の中で生産され、それに成長ホルモンの影響が合わさって、バストは大きくなるのです。

しかし、ラクトゲン受容体を意図的に作るのは不可能とのこと。

でも、あきらめるのはまだ早いのです。

女らしい体つきをうながす女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活用すれば、年齢に関係なく、バストはふくよかになることが分かっています。


■エストロゲンが出ている時期がチャンス!

エストロゲンは卵胞ホルモンといわれ、月経が終わるころから排卵の直前あたりに、もっとも分泌量が増えます。

この時期に、バストアップのためのマッサージやエクササイズをおこなうと、効果はより高まるとされているのです。

マッサージやエクササイズで乳腺が刺激されると、脳の視床下部というところに信号が行き、エストロゲンの分泌がうながされやすくなります。

エストロゲンは30代後半ごろから、徐々に分泌量が減っていきますので、豊かなバストをキープするためにも、卵胞期をチャンスと考えてマッサージしましょう。


■エストロゲンの分泌を増やす方法

エストロゲンの分泌量そのものを上げるのも、もちろん効果的。

ただしサプリメントや薬などは、特殊な事情がないかぎり、ホルモンバランスを崩してしまうリスクもあるため、あまりおすすめできません。

できるだけ食べ物から自然な形で摂取しましょう。

植物性エストロゲンともいわれる、大豆製品がもっとも代表的です。

豆乳や納豆、豆腐などを積極的にとり入れてみてください。

もちろん、全体のバランスが大切なのは言うまでもありません。

大豆イソフラボンは、摂取しすぎると、子宮内膜症や子宮筋腫のリスクを高めることが分かっています。

1日当たり、70~75ミリグラムが上限との報告もあります。


それぞれの大豆食品の、イソフラボン含有量を調べながら、適量にとどめましょう。


思春期のように胸を成長させるのは難しくても、エストロゲンをうまく利用できれば、大人になってからもバストアップは可能といえるでしょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」