痔は症状が症状なだけに、病院にかかることに抵抗をもつ人も多いと思います。

特に女性はその傾向が強いでしょう。

しかし市販薬でも症状が改善されない場合は、なるべく早く診察を受けることが治療を簡単に済ませるコツです。

最近では、女性スタッフによる女性専門のクリニックもあります。


■総合病院と専門病院、どっちがいい?

痔で病院にかかろうと思った時、肛門科のある病院を調べることになりますが、総合病院と専門病院のどちらにするかで悩む人もいるかもしれません。

総合病院では多くの科目が併設されているため、痔のほかに持病のある人には安心です。

必要に応じて他の科と連携をはかりながら治療を受けることができます。

ただし病院によっては、肛門科の診療時間が限られていたり、専門医が常駐していないところも少なくありません。

専門医がいない日は、他の科の医師が診察をおこなうところもあります。

特に持病のない方なら、肛門科をメインとしている病院のほうが安心かもしれません。

痔について多数の症例を扱っていますし、医師もつねに最新の治療法を勉強し、豊富な知識をもっているでしょう。

プライバシーに配慮しているところも多いはずです。


■女性でも安心!

女医のみのクリニックも痔の診察は男性でも抵抗があるものですが、女性はなおさらそうだと思います。

しかし痔は女性患者も非常に多く、妊娠時にかかることもよくあるものです。

肛門科メインの病院では、男女別に待合室や病棟を分けているところも多いですし、最近では女性専用外来を設けている病院も増えています。

医師も看護師もすべて女性のみでそろえているところもありますので、ぜひインターネットなどで調べてみましょう。

恥ずかしさから治療が遅れてしまうと、手術しなければいけない状態にまで症状が進行してしまうこともあります。

安心して診察を受けられる病院を探して、早めに受診するようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”