加齢の象徴ともいえるほうれい線は、なるべくできる前に予防したいものです。

20代後半ごろから予防のためのケアをしておくと、ほうれい線のできるスピードをかなり遅らせることができるでしょう。


■保湿第一!

お肌の保湿は、シミ・シワ・ほうれい線という3大老化サインを防ぐもっとも重要なケアといえます。

乾燥してうるおいが足りなくなればなるほど、皮膚の弾力が失われてほうれい線ももどりにくくなってしまいます。

30歳に近づいたら、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合した化粧水を選ぶようにしたいところです。

適当にバシャバシャとつけるのではなく、しっかり指の腹で押さえ込むのがポイント。

もしくはコットンにたっぷり浸してパックをするのもおすすめです。

特にほうれい線のできる口元には、重ねづけしましょう。


■紫外線対策!

紫外線は日焼けによるシミを作るだけではなく、ほうれい線の大きな原因となります。

私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3層構造になっているのですが、紫外線は表皮を通り越して、真皮層にまで達してしまいます。

そうすると、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸が壊れてしまい、肌の弾力が失われることになり、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

もちろんお肌の水分も蒸発させてしまうため、乾燥にもつながります。

シミ対策、ほうれい線対策としてもUVカットは非常に重要です。


■表情筋をきたえよう!

年齢とともに、顔にある「表情筋」が弱まってくることも、ほうれい線の要因となります。

表情筋の中でも、日常的に使われるのは約3割程度ともいわれます。

日ごろから意識して動かす習慣をつけると、たるみを防ぐことができるでしょう。

たとえば、頬をふくらませるのとしぼませるのを交互に繰り返したり、「あいうえお」を思いっきり口を開きながら発声したりするだけでも、普段使わない筋肉に刺激を与えることが可能です。


■目の疲れをとる!

目と口元は一見離れているように見えますが、実は顔じゅうの筋肉はお互いに連動しあっているため、密接な関わりがあります。

パソコンや読書などで目を疲れさせてしまうと、目の周りの「眼輪筋」に疲労物質や毒素がたまり、顔の下半分の筋肉を引っ張り下げてしまうといわれています。

長時間、目を酷使するような作業はなるべく避け、疲れた後はホットタオルや蒸気の出るアイマスクなどで、しっかりケアをしてあげましょう。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング