完治できない難聴の場合、大いに役立つのが補聴器です。

音を増幅させ、聞こえを良くすることでQOL(生活の質)の向上につながります。

最近ではデジタル補聴器が主流となりつつあり、より精度の高い商品が登場しています。


■補聴器の種類

形状によって、多くの種類があります。

使い勝手や、聞こえの程度によって最適なものを選びます。


1.耳穴タイプ

耳の穴におさまる補聴器で、現在もっとも主流な型です。

スッポリと入る小型のもの(CIC型)や、耳の外までくる大型のもの(カナル型)などさまざまな種類があります。


患者さんの耳穴の形状と、聞こえのレベルに応じてオーダーメイドで作るのが通常です。


2.耳かけタイプ(BTE)

耳にかけて使う補聴器です。

指が届きやすい分、操作が簡単で使いやすいメリットがありますが、汗が入りやすいのがデメリットです。


3.ポケットタイプ

補聴器の操作部をポケットに入れ、コードでイヤホンとつないで使用します。

操作は簡単ですが、コードが邪魔になるデメリットがあります。


4.メガネタイプ

メガネのつる部分に補聴器を内蔵したタイプです。

メガネをかけている方には一石二鳥の商品ですが、レンズと補聴器のどちらも調整する必要があります。

その他、音を出すスピーカーを耳の穴に配置することによってオープンにもできる「RIC型補聴器」や、頭がい骨に直接埋め込む「埋め込み型補聴器」などもあります。


■デジタル補聴器の利点

補聴器もデジタル化が進み、現在では多くがデジタル補聴器となっています。

従来のアナログ式と比べ、騒音を減らすことのできる「ノイズリダクション機能」がついているものが多く、会話の聞き取りやすさが増しています。

また「指向性機能」を搭載したデジタル補聴器も登場し、後ろからくる音は小さく、前からくる音は聞き取りやすくすることが可能です。

補聴器を活用することで、家庭内や会社内、仲間同士の会話もスムーズにいき、生活の質を大きく改善することができるでしょう。