二重まぶたのプチ整形といえば、一般的に「埋没法」のことを指します。
メスを使わず、糸だけで二重ラインを作る手術です。


使う糸の本数によって、効果や料金も変わってきますが、
切開法と比べると安く、ダウンタイムも短く済むメリットがあります。



■埋没法の種類

埋没法で使う糸は、特殊な細い医療用の糸です。
安全性は高いですが、クリニックによっても使用する糸の
種類は異なりますので事前に確認しておきましょう。


もっとも手軽におこなえるのが、1本の糸だけでおこなうものです。
「1点法」「クイック法」と呼ばれることもあります。


施術時間も約5分と短く、術後の腫れもかなり軽く済みますが、
埋没法の中でも1番シンプルな方法になりますので、
もともと二重ラインがつきやすい人に向いているといえます。


次が2本の糸を使っておこなう「2点法」です。
1点法より固定する箇所が増えるため、
しっかりとラインを作ることが可能です。


埋没法ではもっとも多くおこなわれている方法になります。

ただしまぶたの脂肪量が多い人や、腫れぼったい人では
3本の糸を使う「3点法」をすすめられることもあります。


使う糸が多ければ多いほど、縫い留める箇所も増えるため、
術後の腫れがやや長引くのが一般的ですが、
その分しっかりとした二重ラインを作ることができます。



■保証の有無を確認しよう

埋没法はまぶたのプチ整形とも呼ばれるだけに、
手軽に二重を作ることができますが、
「糸が切れる可能性がある」というデメリットがあります。


メスを使う切開法が半永久的なのに対し、
埋没法は人によって持続期間がまちまち
というのが、唯一のウイークポイントといえるでしょう。


ただし逆にいえば、術後の仕上がりに満足できなかった場合は
わりと簡単にやり直しができるともいえます。


そのため、手術前には一定期間の保証がついているかどうかを
きちんと確認する必要があります。


どんなに料金が安くても、万が一糸の切れた時に
また費用がかかってしまっては意味がありません。


何年以内なら再手術可、という保証のついたクリニックのほうが安心です。

埋没法の種類にもよりますが、
2年間の保証をつけているところが多くみられます。


おすすめ!!
手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法