美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

カテゴリ: 不妊

不妊治療をこれから始める人や、始めたばかりの人はどのぐらいの費用がかかるのか不安に思っている人は多いと思います。

不妊治療の場合、初期の一般不妊治療では保険診療の範囲内でしたら、3割負担で済みます。

一回の治療費は数千円程度のことが多いです。

しかし、人工授精や体外受精を受ける場合は、保険は使えなくなり自由診療になります。

各医療機関によってその費用は違いますが、人工授精で1~3万円程度、体外受精の場合は20万円~60万円程の幅があります。

個別の費用は医療機関の立地や設備、関わるスタッフの数などにより値段が違います。

実際に東京や大阪などの大都市圏では高く、地方のクリニックだと若干安くなっています。

そこで高額になりがちな不妊治療に対して国は、高度生殖医療の不妊治療を行っている方に助成金を交付しています。

しかし、年収による制限などもあるので、各都道府県のサイトで見るか、窓口に確認をして下さい。

助成金は一回10万円、1年に2回まで助成してくれるパターンが多いようです。

また、体外受精を受ける場合、最初のカウンセリングでは50~60万円程度と聞いていたのに、最終的には100万円近くかかってしまった、というケースも少なくないようです。

こういった費用トラブルが起こらないためにも、カウンセリングの時点で、しっかりと医師と話しをしましょう。

まず総額でどれぐらいかかる可能性があるのか、それ以上の費用がかかるかどうか、それ以上かかる場合、その費用の明細はどうなっているのか、WEBサイトの費用と差がある時。

なぜ表示と違うのか、高度生殖医療の場合は医師サインの入った見積書を出してもらう、納得がいかない場合には安易にサインせず、きちんと納得してから先に進むことが大切です。

不妊治療には、さまざまな治療法があり、費用もさまざまです。

また、高度生殖医療といって、人工授精や体外受精を受ける場合は、保険は使えなくなり自由診療になります。


人口受精や体外受精の場合、費用は医療機関の立地や設備、関わるスタッフの数などにより値段が違います。

また、東京や大阪などの大都市圏では高く、地方のクリニックだと若干安くなっています。

また、高度生殖医療を受ける場合高額な費用がかかるので、経済的負担の軽減を図るため、国が助成しています。

東京都では、助成の対象となる治療は、体外受精及び顕微授精のみとなります。

治療1回につき15万円を上限額として、初年度は1年度当たり3回、2年度目以降は1年度当たり2回を限度に、通算5年度(期間が連続していなくても可能です)まで、合計10回まで申請することができます。

また、助成を受ける場合、いくつかの条件があります。

申請日現在、東京都内に住所があること。
(夫婦のいずれかが都外(国外除く)在住の場合は、所得額の多い方の住所が都内である場合に限り、申請することができます。)

法律上の婚姻をしている夫婦であること。
(事実婚は対象になりません。)

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師が診断したこと。

指定医療機関で治療を受けたこと。

申請日の前年の夫婦の合算の所得額が730万円未満であることなどの条件を満たしていれば、助成を受けることができます。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊治療の中で、鍼灸治療というものがあります。

鍼灸は、不妊症の体質改善には非常に高い効果があるといわれています。

また、副作用のない東洋医学の治療で妊娠前後でも全く問題なく行えることから今注目されているようです。

鍼灸とは、腎、肝、脾が月経、妊娠などと関係する臓器とされているため、これらの臓器を整えるツボを、はりや灸を使って刺激していきます。

体の冷えが不妊の原因となっているケースが非常に多くあって不妊で悩んでいる方の多くは手足が冷えたり、お腹が冷えています。

体が冷えると熱を逃がさないように血管が収縮して血流が悪くなり、酸素や栄養がうまく送られなくなって内臓の働きやホルモンバランスが崩れます。

はりやお灸をすると筋肉のコリや内臓の硬さが緩んで、血管も拡がって血流が良くなり結果的に冷えによる内臓の機能低下やホルモンバランスの崩れなどが改善されます。

また、それぞれの内臓に関係する神経は脳から背骨の中を通って各臓器に走行しています。

なので、子宮や卵巣などと関係する神経の流れを良くするような治療、すなわち自律神経の中枢である視床下部に対してはり治療をすることによって、視床下部から脳下垂体、卵巣と刺激が伝わってホルモン分泌が非常に高まります。

また、鍼灸が不妊治療に有効であるというデータもあります。

例えば、ドイツでは鍼を行なわなかった組では13.8%、行なった組では28.4%の妊娠率で、鍼治療組の妊娠率が高くなったなどがあります。

鍼灸治療法は、副作用もなく、効果があったという声が多数あることから、今最も効果な不妊治療法ではないでしょうか。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

避妊しているわけじゃないのにいつまで経っても妊娠しない。

「不妊かもしれない…」

または不妊だと医師に診断されたあなた。

そう思ったら不安なことや疑問、たくさん頭の中に浮かんでくるもの。

でも、相談したくても次の受診日まで医師に相談することはできません。

それではあまりに辛いですよね。

そこで不妊ブログの閲覧と不妊Q&Aをオススメします。


・不妊ブログとは?

不妊ブログとは現在不妊治療中の方や過去に不妊治療を受けていた方がやっているブログです。

不妊ブログを見る事で…


・不妊治療の悩みや解決法

・日常生活で心がけた方が良いこと

・オススメな病院

などの不妊についての情報を知る事ができます。


こういったブログを見る事であなたの胸の中にある不安や疑問を少しは解消することができると思います。


また見るだけではなく自分でもブログをやれば同じように不妊治療を受けている仲間と知り合うことができるので、気軽に相談をすることもできるようになります。


「ブログなんてどうやってやればいいの?」

ブログはとても簡単に始めることができます。


インターネットで検索をすれば、無料でレンタルブログを提供している会社がたくさん出てきます。

その中から良さそうなレンタルブログを選んで作成してみて下さい。


ブログをやるのが初めての場合は初心者用のシンプルで使いやすいものがオススメです。

不妊治療は精神的に辛いものです。

でも身近にその辛さをわかってくれる仲間がいれば支え合いながら不妊治療を行なっていくことができます。

ブログで仲間を見つけて辛い不妊治療を乗り越えましょう。


・不妊Q&A

Q.冷え性と不妊って関係あるの?

A.冷え性の人は体内の血液の流れが悪く生理不順になりやすいので、関係あると言えるでしょう。なので血液の流れを 良くするような食べ物などを摂るようにして 冷え性を改善すると良いですよ。


Q.妊娠しやすい食べ物って?

A.栄養が偏りがちな方はまず食生活を改善しましょう。

妊娠するにはバランスの良い食事を摂ることが大切です。

特にサンマやイワシ、サバなどの魚類はコレステロールや中性脂肪を減らすはたらきをする成分を豊富に含んでいるので積極的に摂るようにすると良いでしょう。


Q.妊娠しにくくなる食べ物ってあるの?

A.食品添加物の中には卵子や精子に  良くないものもあるので注意が必要です。

食べ物ではありませんが煙草にも注意が必要です。

煙草の煙にはダイオキシンが含まれています。

ダイオキシンには発がん作用があるだけでなく、生殖器にも悪影響を及ぼします。

妊娠をしたいのなら禁煙することをオススメします。


Q.タンポポが不妊に効果があるって本当?

A.タンポポのエキスにはホルモンの分泌を促進する作用があることがわかっています。

そのため不妊改善に高い効果を期待することができます。

また、不妊改善だけでなく、子宮内膜症にも効果的があるそうです。


これで不妊に対しての不安が少しは解消されたのではないでしょうか?


でもこれで安心しないで、「不妊かもしれない」そう思ったら早めに病院を受診して医師に不妊について詳しい説明をしてもらいましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

高齢による不妊症は、現代の先進国における社会問題の1つともいえます。

女性の社会進出によって晩婚化が進む中、気付いた時には自然妊娠がしにくくなっていた、というケースが後を絶ちません。

妊娠を望む女性は、1日も早く受診し、検査や治療を開始しましょう。


■女性の体は変わっていない?

昔から、35歳以上で初産を迎えることを高齢出産と呼び、妊娠中~分娩時におけるリスクが高いグループとして、それ以下の年齢での出産と区別されてきました。

染色体の異常による胎児の「ダウン症」も、母体の年齢が上がるごとに確率が高くなり、40歳では100人に1人の割合で起こるともいわれています。

また卵巣機能が低下することで排卵が起きにくくなるほか、もっとも問題視されているのが卵子の老化です。


どんなに時代が変わろうとも、卵子が老化する時期は今も昔も変わらないとされており、女性の体と社会の流れが一致していないといえるようです。


■35歳を過ぎると卵子が古くなる!?

女性は、胎児のころから既に「卵子のもと」である原始卵胞をもっています。

男性の精子が毎日新たに作り出されるのと異なり、女性の卵子は最初からその芽が体内にあり、それ以上増えることはありません。

男性は基本的に生涯子どもを作ることができるのに対し、女性にはリミットがあるといわれるゆえんです。

35歳を過ぎたあたりから老化は深刻化し、受精卵の中でもうまく細胞分裂するものが少なくなっていきます。


しかし、卵子が老化することを教わる機会はほとんどなく、避妊の必要性ばかりを言われて育ってきたのが、現代の女性たちなのです。

卵子の老化は、今のところ止める術がありません。

卵子の冷凍保存は成功率が上がっており、今後ますます多くの女性がおこなうようになると推測されますが、体にかかる負担を考えても、やはり早いうちに出産するほうが安全でしょう。 


30代半ばで妊娠を希望する女性は、なるべく早めに治療を開始することをおすすめします。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊に悩む女性が考えることの1つに「病院に行く時期」があります。

どれくらいの間、妊娠しなければ受診するべきなのでしょうか?

一般的には、「毎月、排卵日あたりに性交渉をしても、1年以上妊娠しない場合」とされていますが、あくまでも目安です。

年齢によっては、一度早めに診てもらったほうが安心できるでしょう。


■まずは気軽に相談を

30歳を過ぎている場合は、特に焦っていなくてもブライダルチェックのつもりで、一度検診を受けてみることをおすすめします。

特に今まで婦人科系の病気にかかったことのない人の場合、内診を受ける機会もなかったはずです。

子宮の入り口や内部に問題はなさそうか、性感染症にかかっていないか、などなど、さまざまな基本の検査を受けることができますので、まずは軽い気持ちで受診してみるといいでしょう。

どんな時でも、持参したいのが基礎体温表です。

最低でも1周期分、できれば3周期以上記録したものを持って行くと、より正確な判断につながります。

生理中を避ければ、タイミング的にはいつ病院にかかっても問題ありません。

検査も、低温期・高温期それぞれに最適な検査があります。


■評判の良い病院を選ぼう

できれば最初から不妊治療を専門とするクリニックにかかったほうが、後々安心です。

普通の婦人科でも、基本的なチェックは可能ですが、いざ治療を開始するとなると転院する必要が出てきます。


その際、また検査をやり直さなければいけない可能性もあるでしょう。

不妊治療専門のほうが、検査の機械や治療の体制も整っていますし、周りも同じ悩みを抱える患者さんばかりですので、普通の産婦人科より通いやすいメリットがあります。

評判の良いクリニックは、予約をしてもかなりの待ち時間が発生することもありますが、なるべく医師が親切で丁寧なところを選びたいものです。

ただでさえ不妊治療にはつらいことが多いため、口が悪い医師などにあたると、ますます精神的に落ちてしまいます。

相性もありますが、口コミなども参考に、良いクリニックをリサーチしてみましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊治療といえば、人工授精や体外受精といった「西洋医学」が主流ですが、それに加えて鍼灸治療をとり入れる女性も多いようです。

妊娠しやすい体づくりを目的としたもので、通常の治療と合わせることで妊娠率アップが期待されます。


■ストレスの軽減とホルモンバランスの調節

もともと東洋医学では、西洋医学のような対症療法ではなく、土台となる体質を改善することを一番の目的としています。

妊娠しやすい体に必要なものは、まずゆったりとした精神状態です。

ストレスは不妊にとっても、もちろん大敵です。

鍼灸治療ではリラックス効果を大切にしているため、不妊治療にかかるストレスを軽減します。

ストレスがなくなれば、結果的にホルモンバランスが整って良い卵胞を多数確保できると考えられているのです。


■妊娠しやすい環境づくり

そして、子宮環境を良くすることも当然、妊娠には大切です。

女性の体では、毎月子宮内膜が厚くなって、いつ受精卵が着床してもいいようにふかふかのベッドを作って待機します。

このベッドの準備が十分でないと、正常な妊娠は成立しません。

そのためには血液の循環を良くし、気をスムーズに流すことが大切であると東洋医学では考えます。

人の体は「気・血・水」の3つのバランスによって成り立つというのが、東洋医学の考え方です。

血液の循環を良くするためには、冷えの解消が不可欠です。

女性の多くは、自覚のあるなしにかかわらず冷え症ですので、鍼灸治療によって血のめぐりがいい体質に変えていきます。

子宮に血液がサラサラと流れ込めば、子宮内膜の厚さも十分に確保できるというわけです。

その他、妊娠が成立してからも流産の確率を下げたり、無事に出産を迎えられるよう体調を維持したりするための鍼灸もあります。

決して通常の不妊治療を否定するものではありませんので、併せて一度受けてみてはいかがでしょうか?


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あらゆる病気にいえることですが、ストレスは不妊にとっても大敵です。

特にホルモンバランスが重要な女性の体では、ストレスによって排卵にも影響を与えてしまいますし、また男性側のストレスも精子数の減少などを招く危険性があると指摘されています。


■女性側のストレス

女性が強いストレスにさらされていると、ホルモンバランスが崩れて、生殖機能の低下を招いてしまいます。

特に近年は女性の社会進出が進み、つねにストレスを受けている状態になったことも、不妊に悩む女性の増加に関係あるのではないか、といわれます。

また女性は、戦闘態勢にあると妊娠しにくいという説があります。

仕事モードが続いたり、敵の多い環境でストレスフルになってしまったりすると、体が妊娠しにくくなるそうです。


できるかぎりストレスを発散できる場所を見つけるようにしましょう。


■男性側のストレス

子どもは2人で作るものですから、当然、男性側のストレスも無視できません。

男性の生殖器官は特にストレスに敏感といわれ、勃起不全や射精障害のほか、精子数が減ったり、精子の動きが悪くなったりする可能性もあります。

夫婦ともに、心の健康は妊娠成立に大切なものといえるでしょう。


■不妊ストレスにも要注意!

長引く不妊治療の中、ますますストレスフルになってしまう女性は多いものです。

先の見えない治療に絶望し、「どうして私だけ」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかも検査や治療によっては身体的にもつらく、そればかりか経済的にも負担が大きいのが不妊治療です。

周りからの心ない言葉にも傷ついてしまいます。

そんな「不妊ストレス」は、体のバランスを崩すことにつながります。

できるだけ他にも楽しめることを見つけるなど、心をラクにできるものをもてると理想的ですね。

よく「妊娠をあきらめた時に子どもができた」という話を聞きますが、これも治療のストレスから解放されたことが大きいのかもしれません。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊の原因は、男性側にある可能性もあります。

確率でいえば、夫婦ともに50パーセントずつです。

しかし実際は、女性だけが足しげく不妊治療や検査に通い、後から旦那さんのほうに原因があったと判明することもあります。

なるべく早めに旦那さんにも検査に参加してもらうことで、時間とお金を節約することができるでしょう。


■精子の異常による男性不妊

男性不妊でまず考えられるのは、精子に何らかの異常があるケースです。

たとえば精子の数が少ない「精子減少症」や、まったく精子がいない「無精子症」、精子はいるが受精能力がない、もしくは死んでいる「精子死滅症」、精子の数が異常に多い「精子過剰症」などが代表的です。

さまざまな原因が考えられます。

先天的な染色体異常による場合もありますし、成人になってからのおたふく風邪がきっかけとなることもあります。

また、生まれつき睾丸が陰嚢に降りてきていない「停留睾丸」という状態のこともあります。

通常、男の子の胎児では睾丸がおなかにあり、生まれるまでに陰嚢に下がってくるのですが、何らかの理由で片方もしくは両方が途中で止まってしまうのが「停留睾丸」です。

睾丸は熱に弱いため、体温の高い腹部にとどまってしまうと精子の産生能力が低下し、不妊症となる可能性があります。

いずれも検査で分かることですので、ぜひ旦那さんにも協力してもらいましょう。


■その他の男性不妊

精子に異常がなかったとしても、精管や尿道といった精子の通り道が炎症を起こすなどして狭くなっていると、不妊症になってしまいます。

女性において、排卵があっても卵管が詰まっていると、卵子がうまく移動できないのと同じです。

生まれつき尿道が細い男性では、精液の多くが膀胱へと逆流してしまい、尿として体外へ排出されてしまうことがあります。

このような場合は、精子自体に問題がなければ体外受精などで良い結果を得られることも多いでしょう。

その他、勃起障害や射精障害も男性不妊の1つです。

血流の悪さや、性的興奮を伝える神経系に障害があるなど、さまざまな原因が考えられますが、精神的な問題が関わっていることもあります。

どんな原因であれ、男性にとって不妊治療に参加することは勇気と覚悟が要ることは確かです。

女性側はそれを理解し、決して攻撃的にならずに協力してもらうことも大切といえるでしょう。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊を改善するためには、生活習慣を見直してみることも欠かせません。

物理的な原因がある場合には、もちろんそれを取り除く治療が必須ですが、同時に「妊娠しやすい体」を作ることもかならず役立ちます。


■酵素と野菜たっぷりの食生活

「食べたものが体を作る」ことは紛れもない事実です。

最近では仕事で忙しい女性が増えたため、つい外食や、出来合いのお惣菜が多くなることもあるでしょう。

しかし、それらは添加物や調味料が多く使われていますし、「生きた栄養」をとりにくい欠点があります。

どんなに忙しくても、野菜たっぷりのお味噌汁だけは自分で作るようにするなどして、なるべくバランスをとりましょう。

妊娠しやすい体づくりには、酵素をたっぷりとることが大切ですので、発酵食品であるお味噌はおすすめです。

納豆やヨーグルト、キムチなども良いでしょう。

また日ごろから食べ過ぎの人は、定期的にファスティング(断食)をしてみるのも1つの方法です。

ただし自己流でやってしまうと、体を壊しかねませんので注意しましょう。

おすすめなのは、酵素ドリンクを使ったファスティングです。

必要な栄養素はしっかりとりながらデトックスができますので、ぜひためしてみてください。


■冷えの改善

不妊と冷え症に密接な関係があることはよく知られています。

現代女性は昔と比べ、冷えやすい環境にあるようです。

たとえば運動不足や、薄着のファッションの流行。

喫煙はもちろんのこと、夏場のクーラーも冷えには深刻な影響を与えます。

女性はとにかく、下半身を温めることをモットーにしたいものです。

夏でも半身浴などでしっかり温まるようにし、冬場は毛糸のパンツなどを履いて冷気からおなかをガードしましょう。

最近では「冷え取り」がブームですので、色々なグッズも売られています。

運動も代謝を上げ、結果的に体温を上げます。

ストレッチや、軽い筋トレでもいいので、毎日定期的に運動習慣をつけることが、結果的に妊娠しやすい体を作ります。


■ストレスの軽減

精神的なストレスが、妊娠の大敵であることも有名な事実です。

仕事などでストレスフルな環境にあると、ホルモンバランスが乱れてしまい、妊娠しにくい体になってしまいます。

上手にストレスを発散し、夜は睡眠をたっぷりとることも不妊の改善には欠かせません。

お気に入りのカフェやサイトなど、自分だけのホッとできる場所を1つ見つけてみましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊治療に良いといわれる食材の1つにザクロがあります。

最近ではザクロエキスがさまざまな場所で
売られていますので、簡単に手に入るようになりました。

ザクロには大豆イソフラボンと同様、
「植物性エストロゲン」が含まれています。

つまり女性ホルモンと同じはたらきをしてくれるため、
妊娠の成立にも力を貸してくれる果物なのです。


■ザクロの作用

エストロゲンは、プロゲステロンと同様、
妊娠に欠かせない女性ホルモンです。

良い卵子を育て、子宮内膜を厚くする作用があります。

不妊治療においても、エストロゲンを高い数値に保つための
HCG注射が広くおこなわれています。

ザクロには、このエストロゲンと似た
作用をもつ成分が豊富に含まれています。

特に種の部分にたっぷり含まれていますので、
種も含めて丸ごと絞ったエキスが効果的といわれています。

ザクロジュースとして飲むほか、サプリメントも発売されています。

さらにザクロには、女性だけではなく男性にとっても
嬉しい作用がいくつか報告されています。

たとえば前立腺がんを死滅させる成分が
含まれていることが実験で分かり、天然の果物に
これだけのパワーがあるのは通常ありえないことと、
研究者たちを驚かせたほどです。

また精子機能の改善にも効果がみられました。
現在もザクロの秘密については、世界中で研究がおこなわれています。

ザクロエキスは、焼酎などと割って飲んでもおいしいですので、
夫婦一緒に楽しめるといいですね。


■飲みやすいザクロを選ぼう

ザクロといえば、種ばかり多くて味は酸味が強く、
食べにくい果物というイメージをもつ人も多いのではないでしょうか?

しかしそれは、おもに日本産のザクロのようです。

ザクロはもともと、イランが原産地です。

イランでは「果物の王様」といえばドリアンではなく、ザクロを指すほど。

日本産と比べて、とにかく果汁の量が多く、ジューシーです。

また気候的に害虫がつきにくく、無農薬で栽培できる点もメリットです。

せっかくザクロエキスを飲もうと思っても、
それがおいしくなければ続けるのは難しいものです。

なるべく味が良く、普通のジュースのように飲めるものを選ぶためにも、
イラン産のザクロがおすすめです。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ