美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

カテゴリ: セックスレス

セックスレスは、立派な離婚事由に該当することがあります。

ほとんどのカップルは協議離婚をしますが、場合によっては裁判となり、そこでセックスレスについても大きく扱われることがあるのです。

中には慰謝料の請求を認められたケースも何例かあります。


■セックスレスはなぜ離婚の原因になるのか?

セックスレスが離婚事由として認められる理由の1つが「夫婦の信頼関係」の問題です。

せっかく夫婦になったのに、セックスどころかキスやボディタッチまで拒まれて思い悩んでいる人が実際たくさんいます。

さらに何度相手に相談や説得をしても、けんもほろろに冷たくあしらわれる。

これでは夫婦間の愛情や信頼は失われてしまうでしょう。

また、セックスレスは浮気の原因になりやすいことも大きな問題です。

セックスを拒まれた側が、寂しさやもてあました性欲から浮気に走ることもありますし、拒んでいる側が実は他にパートナーを作っていた、ということもあり得ます。

調停になった場合、浮気とセックスレスのどちらが先に起こったのかが論点になることもありますが、いずれにせよ両者には密接な関係があるのは明らかです。

お互いに性交渉がなくても愛情をもって夫婦生活を維持できればいいのですが、実際は両方もしくはどちらかが不満を抱え込んでいることも多いのです。


■実際に慰謝料を請求できたケースとは?

セックスレスが原因の離婚で、慰謝料が発生した判例がいくつかあります。

平成5年に福岡の高等裁判所で起こった裁判では、入籍してから5か月間で性交渉が2~3回のみ、その後は拒み続けた夫に対して120万円の慰謝料が認められました。

また平成19年に東京地方裁判所で起こった裁判では、婚姻期間中まったく性交渉をもたなかった相手に対して
100万円の慰謝料請求が認められましたし、もっとも高額な慰謝料としては平成2年に京都の地方裁判所で起きた裁判において、3ヶ月の婚姻期間中に1度も性交渉をもたなかった夫に対して500万の支払い義務が認められています。

ただし、全体的には性交拒否に加えて言葉の暴力や無視といったプラスアルファがあったケースが多く、セックスレスだけでは事由としては弱いかもしれません。

また、病気や高齢などによる性交不能は、もちろん対象外です。

しかし、夫婦にとってセックスレスは重大な問題であることが分かります。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セックスレスは、結婚して何十年も経過した夫婦だけの問題ではありません。

中には、まだ新婚にもかかわらず性交渉のないカップルもいるのです。

そうなると愛情や信頼にヒビが入ることはもちろん、子どもを望んでも授かりようがないという深刻な問題に発展します。


■性に不自由しない時代

新婚カップルがセックスレスになってしまう背景としては、現代のフリーセックスの風潮が一因として考えられます。

一昔前なら、男女は夫婦になってようやく性的な関係をもつことが許されました。

しかし現代では、恋人同士になった時点で好きなだけ関係をもてますので結婚するころには既に相手に飽きてしまっている、ということも起きてきます。


「できちゃった結婚」などは、完全に順序が逆になった典型的なパターンです。

もちろん入籍しても変わらずラブラブでいられる夫婦もいますが、新婚セックスレスは間違いなく昔と比べると増えているはずです。

もう1つ、現代の日本では性的欲求を解消できる手段が昔より多くなったことも一因として考えられます。

インターネットなどで自由にアダルトビデオを見られる時代ですし、風俗産業も盛んで、男性たちにとっては「妻がいないと性欲が発散できない」ということはまったくなくなりました。

現代はまさに、新婚夫婦がセックスレスになってもおかしくない環境が整っているのです。


■結婚前も結婚後もない!?

中には、恋人同士のころからほとんど性交渉がないまま結婚したのに、夫婦になっても相変わらずない、というケースもみられます。

その多くが「男性側が求めてこない」パターンのようです。

付き合っていたころは、自分を大切にしてくれているのだと思い込んでいた女性が、結婚後も誘われないことで「おかしいぞ」と気づく、そんなことも起こっています。

もともと性的に淡泊な人だった、ということも考えられますが、何らかのコンプレックスやトラウマがある、異常性向がある、という可能性もあります。

女性は「結婚したら変わるだろう」と思ってしまうのですが、結婚前にまったく性的なことがなかったのだとしたら、
結婚後も同じであることが多いようです。

入籍前に一度、オープンに話し合ってみることが必要かもしれません。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セックスレスは夫婦間のみならず、まだ入籍前のカップルにも浸食しつつあります。

2012年、日本家族計画協会がおこなった調査によれば、20~30代の未婚カップルでも、セックスレスが深刻化しているとの結果が発表されました。

特に、性的なことに関心がない男性が急増しているのが大きな要因のようです。


■性に興味をもてない草食男子

前出の調査によると、性交渉に「関心がない」「嫌悪している」と回答した男性が、20~24歳という若い世代において24.6パーセントもいることが判明しました。

つまり4人に1人の割合です。

25~29歳では14.1パーセント、30~34歳では13.4パーセントとなっています。


本来ならもっとも男性ホルモンの分泌が盛んで、性欲もみなぎっているはずの若い世代において、女性と関係をもつことに興味をもてないという現象が起きています。

その代わり、ネットやアニメに夢中になる男性が増えているのです。

女性からしてみると非常に寂しい状態であることは間違いありません。

一昔前なら、男性が女性を必死に口説き落としていたものでしたが、今では女性のほうが「どうしてしてくれないの!」とキレているようなのです。

しかし、女性が強くなったこともあながち無関係ではないでしょう。

昔ながらの大和撫子は消え、精神的にも経済的にも強い女性が急増しています。

男性たちはすっかり時代に去勢されてしまった、ともいえるのかもしれません。



■性欲よりも強いメディア欲

また2012年にシカゴ大学の教授がドイツでおこなった調査も興味深いものです。


18歳から85歳までの被験者205名に対し、日常的な欲求について調べたのですが、もっとも報告の多かった欲望は食欲、次いで睡眠欲と続きました。

ここまでは普通といえるでしょう。


人間の3大欲求といえば、その次には性欲が来るはずですが、それよりも先に上がってきたのがメディア欲です。

特にテレビを見ることと、インターネットをすることを訴える人が多く、中でも7割の人が「メールをチェックしたい」「FacebookやTwitterをしたい」と答えたそうです。


ではセックスをしたいという欲求はどうなったかというと、はるか下の9位でした。

これは日本の若者でも同じではないでしょうか?


今やセックスよりも魅力的な各種メディア。

彼らの本能を呼び覚ますことは、なかなか難しそうです。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本人夫婦のセックスレス率は、世界の中でもかなり高いことで知られています。

「男女の生活と意識に関する調査」によると、婚姻関係にあるカップルの実に41.3パーセントが、1ヶ月以上にわたって性的な交渉をもっていないことが明らかになりました。

そのきっかけとして特に多いのが「産後なんとなく」というものです。

産後セックスレスになる原因について見ていきましょう。


■産後の女性は性欲がなくなる!?

大きな原因の1つが、女性の体に起こる変化です。

女性は妊娠すると、脳下垂体から「プロラクチン」というホルモンの分泌が始まり、産後の授乳期にもっとも分泌量が増えます。

母乳を出すために大切なはたらきをするホルモンなのですが、同時に性欲を減退させる作用もあるのです。

プロラクチンは男性の射精後にも分泌されます。

性行為の後で一気に性欲がトーンダウンするのも、このホルモンによるものです。

つまり産後に女性がセックスを拒んでしまうのは、自然現象のようなもの。

授乳中は生まれた赤ちゃんの育児に専念するため、次の子どもができないように体が防御しているともいえるのかもしれません。

男性側はそんな女性の体の変化に配慮するとともに、

女性もパートナーの性的欲求をないがしろにしないよう、できる範囲でスキンシップをとることが大切といえるでしょう。


■寝室の問題

日本では、産後は寝室を別にしてしまう夫婦が多くみられます。

特に生まれたばかりの赤ちゃんは夜泣きをしますので、旦那さんの仕事に影響が出ないよう、仕方なく別々に寝ることもあるでしょう。

ところが欧米では、たとえ新生児であっても基本的には1人で寝かせ、夫婦は自分たちの寝室でいっしょに寝るのが常識です。

あくまで家族の基本単位は「夫婦」である、との考えが根付いています。

しかし日本人にしてみると、小さな赤ちゃんを1人で寝かせることは考えられません。

夜中もすぐに授乳できるよう、母親が添い寝をすることが当たり前です。

また日本では家が狭いことも手伝って、親子で「川の字」で寝る文化もあります。

こうした日本ならではの習慣や価値観も、産後セックスレスの一因といえそうです。

改善のためには、たまには子どもを人に預けるなどして、夫婦だけの時間を意識的にもつ努力が必要かもしれません。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

妊娠をきっかけに、セックスレスになる夫婦は非常に多いようです。

女性側は赤ちゃんを守る本能がはたらくため、どうしてもそんな気分になりにくいですし、男性側も遠慮してしまいます。

しかし無事出産を終えたら仲が戻るかというと、そのまま長いセックスレス状態に突入することもありますので、
妊娠中も何らかのスキンシップはとったほうがいいでしょう。


■安定期に入ったらセックスは可

妊娠中とはいえ、夫側の欲求を無視し続けていては、いずれ深刻なしこりを残してしまうかもしれません。

できる範囲で妻側も夫の求めに応じる努力をしてみてはいかがでしょうか?

体調が順調で、安定期に入っていたらセックスはOKとされています。

ただし、いつもとは体が違いますので、色々と気を付けるべきことはあります。

まずは挿入を浅めにし、激しい動きは避けることです。

子宮口を刺激するような行為は危険がともないます。

もちろん途中でおなかが張ってきたら、すみやかに中止することが大切です。

妊娠しているから避妊する必要はないと思われがちですが、実は精液には雑菌が含まれているため、早産や破水の原因となることがあります。

またプロスタグランディンという物質が、子宮を収縮させてしまいますのでかならず避妊用具を使うようにしましょう。

妊娠後期に入ったら、無理をしないことです。

特に胸を刺激すると早産につながる可能性があります。

34週以降は、挿入をせずに他のスキンシップを考えたいものです。


■セックスをしなくてもスキンシップを

女性の体調によっては、妊娠中のセックスが難しいかもしれません。

そんな時も、むやみに相手を拒否するのではなく、ただ抱き合うなどのスキンシップをとることが大切です。

お互いに思いやりをもって接することができれば、またいずれ仲良くできる日はやってきます。

妊娠中に完全に相手と肌が離れてしまうと、その後もなかなか戻りにくくなりますので、2人で色々とためしてみましょう。

妊娠中に夫婦が仲良くいることは、おなかの赤ちゃんにとっても良い影響を与えるといわれています。

無理はしない程度に、夫婦仲を深める努力をしたいですね。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近は、女性側が彼氏や旦那さんにセックスを拒否されるパターンが増えているようです。

誰にも相談できず、1人悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

セックスレスに至るまでの男性の事情は、人によってさまざまですが、もしかしたら改善できる部分があるかもしれません。

ここでは、よくある「男性がセックスを拒む原因」についてご紹介します。


■相手を女として見られなくなった

長く付き合えば付き合うほど、相手に新鮮さを感じなくなるのはある意味仕方のないことです。

しかし、中には2~3ヶ月であっというまに飽きてしまい、次の女性を探す男性も一定数いますので、彼がそんな「釣った魚に餌はやらないタイプ」だとしたら別れを考えても良いかもしれません。

そうでないとすると、女性側にも努力不足があった可能性もあります。

たとえば恥じらいをなくしていないか、優しさを失っていないかなどを改めて振り返ってみることも大切です。

よく聞かれるのが「私はお化粧もきっちりしているし、太っていないし、洋服にも気をつかっているのに!」という女性側のコメントですが、実は外見だけ美しければ、男性は性欲をかき立てられるわけではありません。

日常において、あまりにダメ出しや批判をされたり、いちいち指示をされたりすると、男性は相手の女性を女として見られなくなってしまう傾向があります。

つまり恋人や妻ではなく、母親になってしまうのです。

心当たりのある人は、今日から出会ったころの自分に少し戻ってみましょう。


■精神的・肉体的に元気がない

もしくは、単純に男性側の元気がないという可能性もあります。

肉体的なことでいえば、ED(勃起機能不全)も考えられるでしょう。

ある程度の年齢に達していれば、多かれ少なかれED症状は出るものです。

または精神的なストレスなどで、性欲をもてなくなる男性も増えています。

仕事の悩みや人間関係のトラブル、もちろん夫婦の不仲も原因となります。

そんな彼には、女性側が優しくサポートしつつ、彼が男らしくいられる環境を整えてあげることも大切です。

少しずつでも元気になってもらえるよう、せめて家の中では王様気分にさせてあげるとか、可愛い彼女でいることが、彼の元気につながるはずです。

絶対にしてはいけないことは、セックスレスで責め立てること。

気持ちを話す際も攻撃的にならないようにしましょう。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

均整術坂本式ED・勃起不全改善法


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

EDという言葉が浸透して久しいこのごろ、
肉体的に致し方なくセックスレスになっている男性も増えているようです。

特に40~50代になってくると、勃起機能に衰えがみられるのは
ある程度は自然な老化現象といえます。

しかし、中には身体的・精神的な要因が隠されていることもありますので、
一度健康チェックを受けてみることをおすすめします。


■ED=病気のサインの場合も

最近元気がなくなった、と思っていても、男性は自分とEDとを
結びつけることはあまりないようです。

深く考えず、「セックスをしない」という選択をしてしまうこともあります。

しかしEDは、他の疾患とも密接な関わりがあることが分かっています。

たとえば糖尿病は、動脈硬化や神経障害を起こしやすいことから
EDとの関連性が強く指摘されています。

またEDが心疾患のサインであるケースもあります。

陰茎動脈は他の動脈と比べるとかなり細いため、
心臓周辺の動脈に何らかの狭窄が起こった時に真っ先に影響が出るといわれます。

これを機に、人間ドックなどを受けてみるのも良いことです。

また仕事のストレスや、夫婦の不仲からくる心因性のEDもあります。

男性は自分で思う以上に、心の状態が性機能にも表れてしまうものです。

ストレスを上手に発散するとともに、
パートナーとの関係を良くすることも当然大切です。


■ED治療薬の活用も

とりあえずED症状を改善するためには、
ED治療薬をためしてみるのも1つの方法です。

医師の処方さえ受ければ、
イメージよりずっと安全性が確立されている薬です。

人によっては、服用している薬と飲みあわせが悪い場合もありますので、
かならずクリニックで診察を受けてから購入するようにしましょう。

特に硝酸薬との相性が悪く、併用は禁忌とされています。

治療薬で勃起機能が回復し、満足な性生活を取り戻せることによって、
精神的にも満ち足りた日々を送ることができる人もいます。

EDを克服して、パートナーとのセックスレスを解消することは
今後の夫婦関係のためにも大切なことといえるでしょう。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

均整術坂本式ED・勃起不全改善法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セックスレスで1人、辛い思いをしている人も多いと思います。

パートナーに話してみたけれど、解決どころかケンカになってしまった人もいるのではないでしょうか?

性に関することはデリケートなだけに、話の切り出し方も難しいものです。

攻撃的にならず、自分の気持ちを優しく伝える努力が求められるでしょう。


■責めずに気持ちを伝えよう

セックスレスに悩んでいるのに、パートナーにそれを話すことができず1人で抱え込んでしまっている人もいるかもしれません。

しかし「話さなければ分からないこともある」と心得ましょう。

「自分はあなたと、またそういう関係を持って行きたい」ということを優しくストレートに話すことは大切です。

ここで重要なのは、主語を自分にすることです。

「あなたはなぜセックスをしなくなったのか」というふうに相手を主語にしてしまうと、どうしても責める形になってしまいます。

あくまで「私」「俺」を主語にして、気持ちを伝えるようにしてみましょう。

そうすれば、最近元気がないパートナーは悩みを打ち明けてくれる可能性もあります。

相手の事情を知らなければ、解決の糸口も見えてきません。

まずはゆったりと向き合って話し合うことから始めましょう。


■無視されるなら別れも

誠実に、責めずに気持ちを伝えたにもかかわらず、相手がけんもほろろに切り捨てるような場合は、離婚や別れを視野に入れてもいいかもしれません。

夫婦の場合、一方的な性交渉拒否は、立派な離婚の事由にもなります。

セックスレスは体だけが離れるということは実際あまりなく、心の距離まで離れることにつながるからです。

夫婦だから、どんな時でも性交渉をもたなくてはいけないわけではありませんが、パートナーの必死の訴えを無視するのはやはり問題です。

愛情さえあれば、何らかの解決方法を見出そうとするはずだからです。

中には、じっとセックスレスの生活に耐えた末に熟年離婚に至るカップルもいます。

しかしたった1度の人生、枯れたまま熟年を迎えるよりも本当に通じ合えるパートナーを見つけることも、
決して間違いではないはずです。

もちろん、離婚という究極の選択に行き着く前に、まずは一定期間努力をすることは大切です。

しかしそれでも何の反応も得られないのだとしたら、別れの道もあることは考えておきましょう。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ