美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

カテゴリ: 復縁

復縁の方法にはさまざまなものがありますが、2人がどんな別れ方をしたかによってもアプローチは異なってきます。

ここでは、代表的な別れ方の中でも、復縁できる可能性の高いものから順にご紹介したいと思います。


■ケンカ別れした場合

感情的な別れであれば、一般的に復縁の確率は上がります。

冷静になった時、相手も思い直す可能性が高いからです。

ただし怒りに任せて言ってはいけないことまで言ってしまった場合や、あまりにケンカの回数が多かった場合は、やや難しくなります。

方法としては、まず短く誠実な謝罪メールを送り、1ヶ月ほど置きましょう。

メールは長ったらしくならないように気をつけます。

あとは相手の怒りがしずまるのを待つのみです。

いつまでも連絡がこなかったとしたら、1ヶ月経ってから様子見のメールを送ってみてもいいと思います。

また同じケンカをしないよう、自分を省みる時間をもつことも当然大切です。


■長年の不満の末にフラれた場合

相手のことを思いやらず、ワガママばかりをぶつけてきてしまった場合や、ケンカばかりだった場合は、自分のマイナスイメージを取り去るまで、かなりの時間が必要になるでしょう。

相手は感情ではなく、理性で別れを選んだはずだからです。

自分の至らなかったところを素直に謝罪するメールを一通送ったら、半年は距離を置く覚悟で、ひたすら自分みがきに励みましょう。

ケンカ別れの時のメールもそうですが、素直で簡潔な謝罪メールを送ることは後々になってから意味をもつことがあります。

少しでも良い印象を相手に与えられるからです。

「今までの感謝と、相手の幸せを願う言葉」をぜひ書きましょう。

数ヶ月置いても連絡がなければ、半年以降に様子見のメールを送ります。


■相手に新しい恋人ができて別れた場合

数ある別れ方の中でも、かなり復縁が難しいケースです。

しかし、あなたと相手が別れてしまったように、どんなカップルも永遠にラブラブ状態が続くとは限りません。

半年、1年という長いスパンで、タイミングをつかむことが重要になります。

誕生日やクリスマスなどに、何げないメールを送って様子をさぐりましょう。

まだ新恋人とラブラブであれば、良い反応は返ってこなくて当たり前。

しかしうまくいかなくなったタイミングを狙えれば、そこからまたやりとりが始まる可能性もあります。

その時のために、しっかり自分をみがくことが大切です。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大好きな彼氏にフラれ、失意のどん底に落ちている女性は多いと思います。

なんとか復縁できないかと、あれこれ考えてしまうでしょう。

しかし、女性は基本的に男性よりタフな生き物ですので、かならず立ち直る日はやってきます。

ひとしきり泣いた後は、前向きに努力していきましょう。


■復縁にすべてを賭けない!

復縁に向けてがんばることは、決して悪いことではありません。

復縁のための努力には、自分という人間を客観的に振り返る作業がかならず入ってきますし、男心について学ぶ絶好のチャンスでもあるからです。

たとえ復縁がうまくいかなかったとしても、この時におこなった努力はかならず次の恋愛に活かされるはずです。

ただし復縁は、「片手間」にやるくらいでちょうどいいかもしれません。

復縁が生活のすべての目的になってしまうと、精神的につらくなるからです。

女性は恋愛で精神を病みやすいため、リスク回避のためにも、新しい恋を探す努力をしながら、同時におこなうくらいの気持ちでトライしてみましょう。


■新しい恋のほうが実は簡単!?

フラれた直後は特に、復縁のことばかり考えてしまう女性も多いと思います。

しかし、少しだけ冷静になって考えてみましょう。

復縁したい女性は、自分の言動をとにかく反省します。

そのこと自体は非常に良いことなのですが、「自分だけが変われば何とかなる」と思ってがんばっても、実は彼氏にも変えるべきポイントはあったかもしれません。

つまり「自分が変わって、復縁したら本当に幸せになれる相手なのか?」

ということをクールに考えてみることも大切なのです。

中には、恋は盲目状態で、はたから見ると「別れて正解だったのでは?」と思うような彼氏に執着している女性も、意外と多いからです。

その結果、最悪の場合「都合のいい女」になってしまうケースもあります。

また、本当は新しい恋のほうが簡単に幸せになりやすいのも事実。

あなたの悪いところを十分に知っている元カレより、まだ何も知らない新しい相手のほうが、恋はスムーズにいくでしょう。

「それでも、どうしてもあきらめきれない!彼しかいない!」

と思うのであれば、内面も外見もみがき、復縁のチャンスをねらいましょう。

その時も「できるだけ他の出会いも探しつつ」を忘れないでください。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一度離婚してしまった夫婦の復縁は、恋人よりやや難しくなります。

離婚にはパワーが必要といわれるように、籍を抜いて引越しもして…

というプロセスを踏んで別れたことは、やはり大きなことだからです。

しかし実際は復縁している夫婦もたくさんいますので、可能性はゼロではありません。

そのために必要なことをご紹介します。


■うまくいかなかった理由を突き止める!

離婚に至った理由の分析なくして、夫婦の復縁はありえません。

実際、せっかく復縁できたのに、また短期間で離婚してしまう夫婦も多いのです。

何がいけなかったのか、それを克服できれば本当にうまくやっていけるのかを冷静に考えてみることが大切です。

特に子どもがいる場合は、親の都合で振り回してしまうことになりますのでよくよく熟考する必要があります。

たとえば相手に浮気癖や散財、DVの傾向などがあった場合、ただ1人で生きていくのが不安だから、という理由で舞い戻っても、また同じことになってしまいます。

ある程度距離を置いて、「やっぱり自分に必要な人だった」と思えた時から復縁の努力をスタートしましょう。


■変化をアピールしよう!

子どもがいる夫婦なら、おそらく定期的に会う機会があると思います。

復縁のポイントは「会うたびに、あなたが素敵になっていくこと」です。

外見・内面ともにみがき、以前とは別人のように変化するくらいで良いでしょう。

一度結婚したということは、相手にとって自分は「対象外」ではないという点が強みです。

ただし会うごとに、復縁の意思をちらつかせて重たくなってしまうのはNG。

あくまで明るくさわやかに、魅力をアピールすることが大切です。

子どもがいない場合は、ある程度距離を空けてから、それとなく連絡して様子をうかがってみます。

復縁の確率は、相手の年齢や、モテるかモテないか、またあなたへの未練の度合いなどによって大きく変わりますが、一般的にいうと、人付き合いが苦手で、離婚してから孤独な生活を送っている相手のほうが、復縁できる可能性は高まります。


おすすめ!!
妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一般的に女性は、男性と比べると「愛情は強いのに、冷めたら切り替えが早い」という特徴があります。

いったん別れの覚悟を決めたら、さっさと前を向いて歩いていくのです。

元彼女と復縁するためには、かなりの努力が必要になります。

しかし実際、復縁できた男性もいますので、可能性はゼロではありません。

元カノと復縁するためのポイントをご紹介します。


■女心を勉強しよう!

書店に行くと、恋愛や結婚にまつわる本だけで1つのコーナーができているほどですが、そのほとんどが女性向けであることに気づくと思います。

実際、その手の心理学系の本を手に取ったことのある男性は、ほとんどいないのではないでしょうか?

女性と違って、男性はそういう勉強には無関心です。

しかし復縁に向けて努力をするなら、これを機に女心についてぜひ勉強しましょう。

女性と男性は思考パターンがかなり違うにもかかわらず、それを知らずに相手を傷つけてしまう人が非常に多いのです。

たとえば彼女はあの時、何と言ってほしかったのか?

なぜケンカが絶えなかったのか?

良かれと思ってしていたことが、なぜあんなに伝わらなかったのか?

それらの答えが、名著と呼ばれる本の中にかならず載っています。

「女心なんて勉強できるか!」と本を投げ出したくなる男性は、復縁は厳しいでしょう。

素直に吸収し、男女の違いを認められた人が復縁できます。

ちなみに、そこで得た知識はビジネスでも役立つことがあるはずです。


■一貫して優しさをアピールしよう!

かつて一時期でも、彼女があなたに夢中になっていたのなら、復縁の可能性はあります。

2人がある程度長い期間ラブラブで、良い思い出がたくさんあればあるほど復縁の道は開かれやすいといえます。

中でも確率が上がるのは「あなたの仕事が忙しすぎて、彼女を放っておいた」場合など、決して愛情がなくなったわけではなく、彼女が「あきらめて」別れを告げたケースです。

女性の心理を勉強し、何がいけなかったのかを発見できたら、あとは長い時間をかけてタイミングをつかみましょう。

自分は変わった、ということは言葉ではなく、一貫した態度で示す必要があります。

「俺も悪かったが、お前も悪かった」というのでは相手の心は動かせません。

とにかく徹底的に優しく誠実に接し、良くなかった部分を一切見せなければ、彼女の気持ちを取り戻せる可能性は上がるはずです。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

電話はメールと違って、直接相手と対話ができるツールです。

気持ちを詳細に伝えることができる一方、相手にかかる負担も考える必要があります。

復縁のために電話をする時に気をつけたいポイントをご紹介しましょう。


■かけるタイミングを見極めよう!

メールなら「元気?」「元気だよ」でやりとりが終わってしまうところを、電話ならある程度ゆっくり話せる点は大きなメリットです。

できれば、もともと相手が話し好きな場合(電話が苦じゃない場合)や、電話するための良い口実がある時などがおすすめです。

その際、かける時間帯には気をつけましょう。

一時期付き合っていたなら、相手の生活パターンや、ゆっくり話せる時間帯など、ある程度知っているものです。

せっかく勇気を出して電話をかけたのに、相手が忙しい時だと話もそこそこに終わってしまい、「今の電話は一体何だったの?」ということに。

ただし、事前にメールで「今電話していい?」とお伺いを立てる必要はありません。

久しぶりの電話は、突然だからこそ新鮮で意味を持つこともあるからです。

サプライズでいきましょう。


■じめじめした雰囲気にしない!

電話は直接話すだけに、メールより感情的になってしまうおそれがあります。

久しぶりに聞いた声にうれしくなり、話しているうちに気持ちが高まって「どうしてもやり直せない?」などと問い詰めてしまったり、相手への執着心を見せてしまう人も多いですので、気をつけましょう。

あくまで「どうしてるかと思って、ふとかけてみたくなった」というスタンスでちょうどいいものです。

いきなり最初からディープな話はせず、近況報告や軽い思い出話にとどめましょう。

相手が懐かしがって、心から笑ってくれたなら、かなり良い雰囲気といえます。

もしも相手が乗り気ではない、もしくは既に新しい恋人がいた場合はいったん潔くあきらめ、電話を切ることも大切です。

久しぶりの電話は「様子見」と考えて、あまり過大な期待を抱かないほうがいいでしょう。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

復縁はどんなケースであれ簡単ではありませんが、中でも可能性の低いパターンがいくつかあります。

復縁が難しいケースの例をご紹介しましょう。


■相手に新しい人ができた場合

相手に新しい誰かができてフラれた場合、難易度は上がります。

すでに相手の心の中にあなたのスペースはなく、新恋人の存在が大きくなっているからです。

特に付き合い始めはそうなってしまいます。

もしかしたら、その人と結婚するかもしれない可能性も考える必要がありますし、まだラブラブの時期にアプローチしても無駄どころか、ストーカーと思われてしまう危険性も。

しかしその恋愛が長続きするかどうかは分からないのも事実です。

相手とうまくいかなくなったタイミングを狙うのがベストということになります。

まずは友だちに戻れるなら、相談相手として付き合ってしまうのも1つの選択です。

そうすれば、相手の状況に合わせて動くことができます。


■とことん嫌われてしまった場合

暴力をふるった、言ってはいけないことを感情に任せて言ってしまった、もしくは別れ際にストーカー化してしまった、などの場合は復縁の難易度も特Aクラスになります。

マイナスイメージが消えるまで、よほど時間を置く必要があるでしょう。

そこまで嫌われている場合は、その反省を胸に新しい恋を探すほうが幸せになれる確率は間違いなく上がるはずです。

しかし実際、とことんまで嫌われていたにも関わらず、なぜか復縁できた人もたしかにいますので、それはもう「縁」のなせるワザとしかいえないかもしれません。

とにかく、しつこくつきまとうことはストップして、自分を省みる時間をたっぷりもちましょう。


■付き合っていた期間が短すぎる場合

2人の思い出があまりに少ないと、復縁できる確率は下がります。

復縁には「あの時は楽しかった」「あんなところが好きだった」という記憶が大いにプラスにはたらいて実現するからです。

また、2~3ヶ月付き合って別れたのだとしたら、その短い期間によほど意見の合わないことがあった可能性が高くなります。

良い思い出より悪い思い出のほうが多い、そんな場合の復縁は難しいはずです。

そうではなく、ただ時間的に合わなかったりして自然消滅のように終わってしまった場合なら、可能性は少し高くなるでしょう。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ