美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

カテゴリ: 難聴

外から入ってきた音は、耳の蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官によって、脳に届く信号に変えられます。

いわば変換機の役割をしているといえるでしょう。

耳のトラブルが、この蝸牛より手前で起こっているのか奥で起こっているのかによって、難聴の種類は異なります。


■音が脳に届くまでのしくみ

蝸牛とはカタツムリのこと。この器官がうず巻き状になっていることからこう呼ばれています。

耳の穴から入ってきた音は、まず外耳道を通って鼓膜を振るわせます。

鼓膜の振るえは、3つの耳小骨を介して、内耳の蝸牛へと伝わります。

蝸牛はつねにリンパ液で満たされていますが、この液に波ができて、「有毛細胞」というセンサーのような毛のついた部分が振動すると電気が発生。

これが信号となって聴神経を経て、脳へと伝わっていくのです。

この中で、内耳より前、つまり外耳と中耳で起こる障害を「伝音性難聴」、内耳から先に起こる障害を「感音性難聴」と呼びます。

どちらも同時に起こっている場合は「混合性難聴」となります。


■感音性難聴は治療が困難

耳を手で覆うと、もちろん音の聞こえは悪くなります。

伝音性難聴とは、このように音が何らかの原因によって耳の奥に入るのを妨げられることで起こります。

つまり音は小さくなるものの、まったく聞こえないわけではないのが特徴です。

おもな原因としては、耳垢などの異物が詰まっている、中耳炎などにかかって膿や液が内耳にたまっている、
鼓膜に穴が開いている、といったことが考えられます。


この原因を取り除くことができれば治癒しますので、手術や投薬で治ることもありますし、それができなくても補聴器で音を増幅させることが可能です。

一方、感音性難聴では、蝸牛や聴神経、もしくはその先の脳に問題が生じています。

たとえばヘッドホンの使い過ぎなどでも、蝸牛の有毛細胞にダメージを与えることがありますが、有毛細胞は再生することができないため、治療する手立てがありません。

いわば音のセンサーそのものに障害が起こっていますので、伝音性難聴より治療は難しくなってしまいます。

補聴器で聞こえを良くするか、それでも不十分な場合は人工内耳を埋め込む手術をおこなうこともあります。

伝音性・感音性いずれも合併しているのが混合性難聴ですが、どちらの比率のほうが大きいかによって聞こえが変わってきます。


おすすめ!!
難聴改善プログラム「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

難聴の中には、耳鳴りをともなうものもあります。

一般的に耳鳴りは一時的なものが多いのですが、頻繁に起こる場合は耳に異常が起こっているケースも考えられますので、軽く考えず一度耳鼻科で相談してみることが大切です。


■耳鳴りは異常を知らせるサイン

キーンという高音や、ザーというノイズのような耳鳴りの多くは、内耳にある「蝸牛」という器官に、何らかの異常が起こったことを知らせるものです。

実は耳鳴りは、誰もが日常的に聞こえるものといわれ、無音の部屋にいると多かれ少なかれ聞こえることがあるのですが、通常は周りの音にかき消されるくらいの小さなものです。

しかし蝸牛に障害が起こると、音の調節機能に狂いが生じ聞こえないはずの耳鳴りが聞こえてしまうようになります。

一過性のものであれば気にする必要はありませんが、何度も続いたり難聴をともなってきた場合は、すみやかに受診しましょう。

特に感音性難聴において、耳鳴りを訴える患者さんが多いとされています。


■突発性難聴における耳鳴り

ある日突然、原因不明の難聴が起こる突発性難聴では、耳鳴りをともなう患者さんが非常に多くみられます。

中には、完治した後でも耳鳴りだけがしつこく残るケースもあります。

突発性難聴とよく間違われる疾患の1つが「メニエール病」です。

回転性のめまい・耳鳴り・難聴の3つがセットであることが多く、内耳の「内リンパ」という液が過剰に貯まるのが原因とされています(内リンパ水腫)。

その他、低音だけが聞こえなくなる「急性低音障害型感音難聴」においてもブーンという耳鳴りをともなうのが基本です。

水の中にいるような聞こえの悪さが特徴となります。

上記のほかにも、耳鳴りをともなう難聴は非常に多く、難聴患者さんの約半数が、耳鳴りを訴えるとの報告もあります。

難聴と耳鳴りには密接な関連性がありますので、いつもと様子が異なる時には迷わずに耳鼻科を受診しましょう。


おすすめ!!
難聴改善プログラム「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

低音性難聴とは、低い周波数の音の聞こえが悪くなる難聴です。

中でも「急性低音障害型難聴」という、急性の感音性難聴が代表的です。

ALHLと表記されることがあります。

30代の女性に多く発症することが分かっており、ストレスや疲労が一因と考えられています。


■低音性難聴ってどんな病気?

突然、耳鳴りや耳のつまった感じから始まることの多い病気です。

音が割れて聞こえる、響いて聞こえるなどの症状もあり、日常生活では、かならずしも聞こえが悪いという症状が目立つわけではないようです。

上記のような症状は、中耳炎や外耳炎と類似していますが、聴力検査をおこなうことで診断がつきます。

男女比としては1:3で女性のほうが多く、平均年齢としては30代後半がもっとも多くなっています。

急性低音障害型難聴は、原因不明であることが定義の1つですが、実際は精神的ストレスや疲労、睡眠不足などが引き金と考えられています。

メニエール病の原因と似ており、どちらの場合も性格的には真面目、完璧主義、我慢強いなどの傾向がみられるといわれています。

またメニエール病と同様、内耳にあるうず巻き状の「膜迷路」(内リンパ)に過剰に水がたまってふくらむ「内リンパ水腫」がみられることもあります。


■低音性難聴の治療法

まずは心身の休息を心がけた上で、栄養剤としてビタミン剤や、血流を改善する薬が処方されます。

内リンパ水腫がある場合は、浸透圧利尿薬である「イソソルビド」が投与されます。

味がひどく飲みにくい難点はありますが、点滴よりも副作用が少ないメリットがあり、低音性難聴の改善も期待できます。

さらに必要に応じてステロイド薬が検討されたり、入院による治療をおこなうケースもあります。

急性低音障害型難聴は比較的予後は良いとされ、突発性難聴に比べると治癒率は高くなります。

適切な治療を受ければ、約6割の患者さんが完治し、後遺症の残る人が2割、治らない人が2割との報告があります。

また男性患者の場合、完治すると再発が起こりにくいのに対し、女性患者では再発を繰り返し、次第にメニエール病へ変化する人がいます。

治療が遅くなるほど進行が進みますので、早めの受診が肝心です。


おすすめ!!
難聴改善プログラム「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ