美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:いぼ痔

いぼ痔とは、その名の通り肛門にいぼのような腫れができる疾患です。

肛門から約センチ奥にある「歯状線」より奥にできたものを内痔核、外側にできたものを外痔核と呼びます。

一般的に内痔核のほうが多く、経過に注意する必要があります。


■内痔核とは?

内痔核は、排便時のいきみなどによって肛門に負荷がかかり、血液循環が悪くなって腫れあがった状態です。

奥のほうにできることから痛みを感じることは少なく、おもに出血によって気づきます。

場合によっては大量の出血がみられることもあります。

早期に治療できれば保存療法が可能ですが、症状が進行するといぼが肛門の外に出てきて(脱肛)、激しい痛みを感じ、出血が止まらなくなる「陥頓(かんとん)痔核」になるおそれもあります。

そこまで達すると、手術でいぼを除去することがほとんどです。

手術には、メスを使う方法と注射などでいぼを小さくする方法があり、症状に合わせて選択します。

特に多くおこなわれているのは、「結紮(けっさつ)切除術」という手術です。

糸で痔核を縛った上で切除する方法で、現在ではもっとも治療成績が良いとされています。

注射では、いぼを硬化して萎縮させる「ジオン注射」などが主流です。


■外痔核とは?

外痔核も排便時のいきみなどによってできるものですが、肛門の外側にあるため、痛みを感じる点が内痔核と異なります。

特に急性の血栓ができることが多く、激しく痛むことも少なくありません。

治療法としては外用薬を用いることが一般的ですが、いぼがかなり大きくなった時や内痔核も併発している場合は、手術になることもあります。


■いぼ痔かな?と思ったら

どんな病気でもそうですが、いぼ痔も早期の治療開始が重要です。

内痔核、外痔核ともにいぼが小さいうちに治療できれば、薬だけで完治できることもあります。

生活上の注意点としては、排便時にいきまないよう便通を良くしておくこと、入浴などでお尻まわりをつねに清潔に保つことが大切です。

また食べ物では、香辛料の多い刺激物やアルコールは避けるようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いぼ痔の場合、もっとも主流な治療薬が座薬です。

処方薬はもちろん、市販薬としてもさまざまな座薬が売られています。

効果的に使うための薬の選び方や使い方をご紹介します。


■使うタイミングは?

座薬は症状によって、1日1回~2回使うものがほとんどです。

1日1回の場合は、基本的に就寝前に使用します。

症状の強い時は1日2回にし、排便後と就寝前に使うことが一般的です。

寝る前に座薬を使うといいのは、睡眠時に座薬が肛門内で溶けることによって翌朝の排便時に潤滑油となり、排便がスムーズにいきやすいからです。

また痔があると排便時に出血や痛みが起こりやすいため、症状の強い場合は排便後に座薬を使うことで、止血や痛み止めの効果が期待できます。

もしくは、排便の数十分前に使用するのが効果的とする医師もいます。

しっかり症状を良くするためには、使い方にムラがあってはいけません。

用法・用量を守り、毎日継続して使用することが大切です。


■ステロイドと非ステロイド、どっちがいい?

市販薬を購入する際、ステロイドと非ステロイドのどちらを選ぶかで迷う人もいるでしょう。

痔の座薬は、鎮痛剤や血管収縮剤、かゆみ止めの抗ヒスタミン成分や、傷の治癒を促進させる成分などが組み合わさってできています。

しかしそれだけではなかなか良くならない場合、炎症を強力に抑えてくれるステロイドを配合した薬がおすすめです。

腫れがひどい場合は、ステロイド入りのものを使ってみましょう。

市販薬では、ボラギノールA坐剤やブリザエース、ブリザS、ブリザSハイ、リシーナ坐剤A、サノーラA坐剤などがステロイド配合の座薬です。

症状が落ち着いている時や、長期間使用する場合は非ステロイドのほうが良いでしょう。

ボラギノールM坐剤や、新エフレチン坐剤などが該当します。

最近では薬のネット販売が許可されたことで、インターネットでも購入が可能です。

ドラッグストアで買うことに抵抗のある人は、ぜひ活用しましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

痔の患者さんの中には、女性も多くいます。

特に女性の場合、妊娠中に患うケースが非常に多くみられるのが特徴です。

妊娠中は子宮がふくらむため、腸の周囲の血管が圧迫され、血流が悪くなりがちです。

特に妊娠後期では、胎児の体重が一気に増えてきますので、肛門がうっ血し、痔核ができやすくなってしまいます。


■いぼ痔と切れ痔、どっちの可能性もある

調査によると、妊娠中・産後の女性の約半数に、何らかの痔症状があると報告されています。

特に妊娠後期から臨月にかけて、胎児の成長にともなってできるほか、出産時のいきみによっても発症することがあります。

もっとも多いのはいぼ痔です。

通常は、奥のほうにできる内痔核が多いのですが、妊婦さんの場合は外痔核が多くみられます。

妊娠中はおなかに圧がかかることと、便秘になりやすいことが主な原因です。

次に多いのが切れ痔です。

出産時のいきみや、妊娠中・産後の便秘で切れやすくなってしまいます。

分娩中は赤ちゃんを出すことに必死ですので、なかなか気づきませんが、終わった後で肛門周辺に痛みを感じる人は非常に多いようです。


■妊娠中の痔を防ぐためには?

妊娠中・産後の痔を防ぐためには、何と言っても便秘対策が重要です。

妊娠すると、ホルモンが急激に変化したり、また子宮で腸が圧迫されることで便秘になりやすい女性は多いものです。

また産後も、縫合した傷が気になってなかなかいきめず、排便が困難になることがあります。

妊娠中は食物繊維や水分をたっぷりとり、体調が良ければマタニティスイミングやヨガなどで運動することも、便秘対策には最適です。

どうしても出ない場合は、健診時以外でも受診して、妊娠中にも使える便秘薬を処方してもらいましょう。

また下半身はつねに温めておくことも大切です。

妊娠中は血流が悪くなって冷えやすいため、夏でも湯船につかるようにしましょう。

温かい素材の便座カバーなどを利用することもおすすめです。

そしてお尻を清潔に保つことを徹底しましょう。

特に痔の症状が少しでもあれば、トイレットペーパーをなるべく使わず温水洗浄便座などで洗い流すのが一番です。

なければシャワーを使ったり、赤ちゃん用のおしりふきなどの柔らかいものできれいにふき取るようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごく初期の痔、もしくは症状が軽い痔は、自然治癒することもあります。

ただし進行した痔は放置して良くなることはまずありませんので、治療をおこなうことが必須です。


■切れ痔や、初期のいぼ痔は自然に治ることも

特に自然治癒しやすい痔といえば「裂肛(切れ痔)」です。

硬い便を出した時などに皮膚が裂けてできる、いわば傷ですので、軽いものならすぐに塞がることも少なくありません。

ただし慢性化してしまうと治りにくくなりますので、薬を使いましょう。

その他、初期のいぼ痔も、生活習慣の改善などで良くなることがあります。

ただし、その人がもつ自然治癒力にもよるでしょう。

人間にはもともと傷を治したり、菌を退治したりする自然治癒力が備わっています。

若くて健康な時なら十分発揮しやすいのですが、体調が悪かったり高齢になるにつれ弱まってしまいます。

栄養と睡眠をしっかりとり、飲酒や喫煙をしない生活がもっとも自然治癒力を高めるといえます。


■生活習慣の改善で治す!

痔を自然治癒させるための、生活習慣のポイントについて挙げてみます。

◆便秘を防ぐ

便秘は痔の大敵です。

食物繊維と水分をたっぷりとり、適度な運動を心がけましょう。

◆排便時にいきまない

排便が長ければ長いほど、肛門にかかる負担が増します。

排便の時に新聞や本などを読む人が多いのですが、お尻には良くありません。

便座に座るのは3~5分程度を目安にしましょう。

また便秘であっても、出ないものをがんばっていきむのはNGです。

あくまで自然な排便のサインがあった時にトイレに行くようにしましょう。

◆お尻は清潔に

肛門に便が残ってしまうと、痔を悪化させます。

もっとも良いのは温水洗浄付き便座で、弱めの水圧で洗い流すことです。

ない場合は、柔らか目のトイレットペーパーを使い、強く拭き取らないようにします。

◆辛いものを控える

辛い食べ物に含まれるカプサイシンという刺激物は、胃で消化されにくい成分です。

つまり、そのまま腸をたどって肛門から排出されるため、炎症が起こりやすくなります。

◆お尻をあたためる

入浴は痔の自然治癒に最適です。

清潔にできるほか、おしりを温めることでうっ血が改善されます。

夏場は半身浴でもいいですので、湯船につかる習慣をつけましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ