美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ほうれい線

こにあるだけで、一気に老け込んだ印象を与えるほうれい線。

漫画でも、中年のサインとして描かれる、鼻の脇から伸びるあの憎きラインです。

加齢とともに、誰にでも表れるものですが、実はできやすさには個人差があります。

自分は、ほうれい線ができやすいタイプかどうか、ぜひチェックしてみましょう。


1.乾燥肌である

ほうれい線も、一種のシワです。

シワはお肌が乾燥するほど刻み込まれやすいため、乾燥肌の人は、ほうれい線ができやすくなります。

つねに保湿を心がけましょう。


2.睡眠中についたシーツの跡などが消えにくいお肌に弾力がなくなっているサインです。

若いころは、表情による折りジワができても戻りやすいのですが、年齢を重ねるにしたがって戻りが悪くなっていきます。


3.痩せすぎor太りすぎ

痩せている人はシワが目立ちやすいため、ほうれい線も早めに出るといわれます。

太っている人は、一見お肉でハリがあるように見えますが、加齢とともに重力にしたがって下がっていき、ほうれい線につながります。

適度な肉付きがもっとも理想的といえそうです。

ちなみに急激なダイエットなどで、痩せたり太ったりをくり返している人も、お肌が変化についていけず、ほうれい線が出やすくなるとされています。


4.頭皮が動きにくい

指で頭皮をずらすように触った時、動きが悪い人は、皮膚が硬くなっている証拠。

頭皮と顔のお肌は一枚つづきですので、それだけお肌の柔軟性もなくなっているということになります。

定期的に頭皮マッサージを受けるのも、結果的にほうれい線ケアにつながるのです。

いかがでしたか?

思い当たることのある方は、ほうれい線防止のために意識を高めていきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一気に老けた印象を与える、ほうれい線。

しかし、一度できてしまったからといってあきらめることはありません。


正しいケアをすれば、ある程度は消すことができるのです。

そこで、自宅でできる簡単なツボ押しの方法をご紹介します。


顔のお肌はデリケートですので、優しくゆっくりと押していきましょう。



1.巨りょう(こりょう)

小鼻(鼻のもっともふくらんだ部分)の外側と、黒目の下からまっすぐに下ろした線が交わる場所にあります。


5秒間ゆっくりと押して、離しましょう。

笑う時に頬を引き上げる筋肉をきたえることができます。



2.迎香(げいこう)

小鼻のすぐ脇にあるツボです。

鼻水や鼻づまりなど、鼻の諸症状を抑えるほか、お肌にハリを与えるツボともいわれています。

5秒間ゆっくりと押しましょう。



3.地倉(ちそう)

口角の外側(0.5~1センチ)にあるツボです。

口角を上げるように、上向きに5秒間押します。

ほうれい線はもちろん、歯痛や口内炎にも効くといわれています。



4.下関(げかん)

耳穴の内側、少しくぼんだところにあるツボです。

口を開ける時に盛り上がりますので、探しやすいと思います。

ここも5秒間、ゆっくりと押しましょう。

ほうれい線や顔のむくみを改善するほか、耳鳴りにも良いといわれるツボです。



5.散笑(さんしょう)

ほうれい線のちょうど真ん中あたり、鼻と口の中央にあるツボです。

たるみ防止に効き目があるといわれています。

5秒間押してみてください。


いずれのツボも、息を吐きながらゆっくりと押していき、離す時もゆっくり緩めるのがポイントです。


爪を立てず、指の腹を使いましょう。


朝のスキンケア時と、夜のおやすみ前におこなうのがもっとも効果的です。

簡単にできますので、ぜひ場所を覚えてトライしてみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

加齢の象徴ともいえるほうれい線は、なるべくできる前に予防したいものです。

20代後半ごろから予防のためのケアをしておくと、ほうれい線のできるスピードをかなり遅らせることができるでしょう。


■保湿第一!

お肌の保湿は、シミ・シワ・ほうれい線という3大老化サインを防ぐもっとも重要なケアといえます。

乾燥してうるおいが足りなくなればなるほど、皮膚の弾力が失われてほうれい線ももどりにくくなってしまいます。

30歳に近づいたら、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合した化粧水を選ぶようにしたいところです。

適当にバシャバシャとつけるのではなく、しっかり指の腹で押さえ込むのがポイント。

もしくはコットンにたっぷり浸してパックをするのもおすすめです。

特にほうれい線のできる口元には、重ねづけしましょう。


■紫外線対策!

紫外線は日焼けによるシミを作るだけではなく、ほうれい線の大きな原因となります。

私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3層構造になっているのですが、紫外線は表皮を通り越して、真皮層にまで達してしまいます。

そうすると、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸が壊れてしまい、肌の弾力が失われることになり、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

もちろんお肌の水分も蒸発させてしまうため、乾燥にもつながります。

シミ対策、ほうれい線対策としてもUVカットは非常に重要です。


■表情筋をきたえよう!

年齢とともに、顔にある「表情筋」が弱まってくることも、ほうれい線の要因となります。

表情筋の中でも、日常的に使われるのは約3割程度ともいわれます。

日ごろから意識して動かす習慣をつけると、たるみを防ぐことができるでしょう。

たとえば、頬をふくらませるのとしぼませるのを交互に繰り返したり、「あいうえお」を思いっきり口を開きながら発声したりするだけでも、普段使わない筋肉に刺激を与えることが可能です。


■目の疲れをとる!

目と口元は一見離れているように見えますが、実は顔じゅうの筋肉はお互いに連動しあっているため、密接な関わりがあります。

パソコンや読書などで目を疲れさせてしまうと、目の周りの「眼輪筋」に疲労物質や毒素がたまり、顔の下半分の筋肉を引っ張り下げてしまうといわれています。

長時間、目を酷使するような作業はなるべく避け、疲れた後はホットタオルや蒸気の出るアイマスクなどで、しっかりケアをしてあげましょう。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ほうれい線は、1度深くできてしまうと薄くすることはできても、なかなか「消えた!」とは感じにくいものです。

しかし美容整形業界では、そんな不可能を可能に近づけるさまざまな技術が確立されています。

劇的にほうれい線を消したい人は、検討してみる価値があるでしょう。


■手軽な注射から機械による施術まで

もっとも簡単に受けられるものとしては、口元に直接ヒアルロン酸を注入する方法です。

1本数万円で、内側から自然にふっくらさせることができます。

ただし効果は1年ほどで、2~3年をかけて少しずつ体内に吸収されていきますので、定期的におこなう必要があるでしょう。

その他、フォトフェイシャルやサーマクールといった専用の機械で、お肌の細胞に刺激を与える方法も人気です。

たとえばフォトフェイシャルでは、IPLという光を照射することで熱エネルギーを発生させ、真皮層の細胞に刺激を与えてヒアルロン酸やコラーゲンの産生をうながします。

サーマクールは、高周波の電気を利用したもので、フォトフェイシャルと同じく真皮層のコラーゲン生成をうながすほか、肌を活性化させることで毛穴の引き締め効果や、ニキビ跡の改善にも最適な方法です。

その他、レーザー治療も新しい技術がどんどん進んでおり、高周波とダイオードレーザーを組み合わせた「ポラリス」などが人気です。

いずれも真皮層にはたらきかけ、コラーゲン生成をうながしてハリを取り戻す治療といえるでしょう。

ダウンタイムもほとんどなく、非常に安全性が高いとされています。


■フェイスリフトで若返り!

もっと劇的にほうれい線を消したい人には、メスを使ったフェイスリフトもあります。

耳のあたりを切開して、顔の皮膚を引っ張り上げる方法や、顔の中に特殊な糸を埋め込んでたるみを引き上げる方法など、クリニックによって種類はさまざまです。

傷跡は耳の後ろや頭部がほとんどですので、目立つことはありません。

ただしメスを使うだけに、ダウンタイムはあります。

人によっては、フェイスリフトをおこなうことで一気に10歳以上若返ることも珍しくなく、もちろんほうれい線も効果的に改善できます。

興味のある人は一度、美容整形外科などに相談してみてはいかがでしょうか?


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヒアルロン酸は、お肌のうるおいを保つ重要な成分の1つです。

化粧水などに配合されていることで有名ですが、もともと私たちの体内にも存在する物質ですので、アレルギーなどの心配もないのがメリットです。

ほうれい線の改善のためにも、ヒアルロン酸でふっくらとした肌を取り戻すことは非常に大きな効果があります。

コスメはもちろん、経口摂取できるサプリや、お肌に直接注入できる注射もありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?


■ヒアルロン酸配合のコスメとサプリ

ヒアルロン酸の入っている化粧品を使うと、明らかにお肌がモチモチするのを実感したことのある人は多いと思います。

ヒアルロン酸を入れたシャボン玉が割れにくいことからも分かるように、非常に強い粘性をもった物質ですので、高い保湿力があるのです。

ほうれい線が気になり始めた人は、ぜひヒアルロン酸配合の化粧品を使いましょう。

また最近では、飲むヒアルロン酸も登場しています。

コラーゲンなどと異なり、ヒアルロン酸は熱に弱く、また分子構造が大きいことから経口摂取には向かないことで知られていました。

しかし体に吸収されやすい分子構造に変えているサプリも出ていますので、口コミなども参考に、良い商品を選んでみましょう。

ヒアルロン酸は経口摂取でも皮膚の水分量を増加できるとされています。


■話題のヒアルロン酸注射とは?

ヒアルロン酸を口元に注入することでも、ほうれい線を改善することができます。

美容クリニックや、一部の皮膚科でもとり入れています。

メスを使わず、手軽にお肌をふっくらさせることができますので女性たちから高い人気を集めているようです。

料金はクリニックによってもさまざまですが、1本3万~10万ほどが相場です。

注入するだけといっても、医師の技術によって効果はまったく変わってくるため信頼できるクリニックにかかることが大切です。

またヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていきますので、効果は約1年といわれています。

逆にいえば、それだけ人体に安全な方法といえるでしょう。

手っ取り早くほうれい線を解消したい人には、ヒアルロン酸注入は非常に魅力的な方法です。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「プロの手でほうれい線ケアを受けたいけれど、美容整形には抵抗がある…」

という女性には、エステが向いているかもしれません。

エステティシャンの手によるマッサージと、さまざまな美容機器で効果的にほうれい線にはたらきかけてくれます。


■ハンドマッサージとパックによるほうれい線ケア

エステで受けられるフェイシャルメニューは、ほうれい線はもちろんシミ・シワ・毛穴の開きといったあらゆるトラブルに最適です。

ゆったりとプロの手でケアを受けることで、精神的にも満たされた癒やしの時間を過ごすことができます。

家ではなかなかできない、丁寧なクレンジングから始まり、顔をリフトアップするマッサージを受けられます。

さらに専用のパックで、お肌の奥までコラーゲンなどの栄養を浸透させていきます。

最近ではフェイシャルエステの料金もかなり低くなってきており、60分で4,000円~5,000円ほどのお店も多くみられます。

ほうれい線をはじめとするアンチエイジング用のフェイシャルメニューも色々とありますので、ぜひ定期的に通ってみたいものです。


■美容機器を使ったほうれい線ケア

エステティシャンによるマッサージのほか、エステによってさまざまな機器もとり入れています。

たとえば超音波による美顔器です。

2つの細いプロープのついた美顔器で、左右のほうれい線を同時にケアすることが多いでしょう。

自宅で使える美容家電よりも高い周波数のため、非常に効果的です。

人によってはその場で変化を感じることもあるようです。

また光やラジオ波を使った施術や、ローラー型の機器などもありますし、エステでもコラーゲンやヒアルロン酸をお肌に入れる「メソセラピー」をおこなっているところもあります。

美容外科の注射と異なり、針を使わないノンニードルタイプで、電気を使ってお肌に浸透させることができます。

どのエステでも、ほうれい線対策には力を入れているはずですので、口コミなども参考に、ぜひ通いやすいところを見つけてみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ほうれい線には、頬のたるみも影響しています。

頬の筋肉がたるんでくるのに加えて、それを上のほうで支える側頭部の筋肉、そして下のほうで支える口元の筋肉がすべて加齢により衰えることで、頬の筋肉をますます支えられなくなり、ほうれい線につながるようです。

顔のインナーマッスルをきたえて、ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。


■頬のたるみを防ぐマッサージ

その場ですぐにできる、頬の筋肉のマッサージがあります。

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をぐっと押さえます。

2.その状態で、皮膚ごと左右に大きく動かします。

指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。

3.10回動かしたら、3本の指を指1本分ほど下にずらして、同じようにおこないます。

表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

毎日続けることで、徐々にきたえられていくはずです。


■口を開けて頬をきたえるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法は色々とあります。

口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上のほうに引き上げる、これだけでも頬の筋肉をきたえることができます。

「あ」のまま笑おうとするイメージです。

慣れないうちは、何度かおこなってみただけで頬が疲れるのを感じるでしょう。

また、「お」の形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。

ムンクの叫びのような感じです。

それから、両手で頬を上へ持ち上げ、また10秒ストップ。

たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージでおこなうと良いでしょう。

基本的に、顔のインナーマッスルをきたえるためには、口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与えるのが基本です。

吹奏楽などで、トランペットやチューバ、サックスなどを吹いている人は顔が締まりやすいといわれますが、これも口元の筋肉を使うからだと考えられます。

本を読みながら、パソコンを使いながら、意識的に顔のパーツを動かすようにするだけでも、ほうれい線のできにくい頬になるはずです。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アンチエイジング世代の女性が抱える悩みランキングをみると、たいてい1位に輝いているのが、ほうれい線です。

中年の象徴ともいえる、鼻の脇から伸びたあのラインは、鏡で見るたびにガッカリしてしまいます。

ほうれい線は、深くなる前にしっかりと対策をとることが大切です。

特に、何はなくとも保湿が最大の課題。

数年後に大きな差が現れますので、ぜひ今日から正しい保湿を始めましょう。


■ローションパックでしっかり潤す

シワもシミもほうれい線も、ほぼすべての加齢トラブルの根っこにあるのは肌のうるおい不足です。

加齢とともに水分が失われ、弾力がなくなることで、若いころには戻っていた肌のクセが、戻らなくなっていきます。

30代に入ったら、さっぱり系のローションよりも、保湿効果の高い、とろみのある化粧水を使いましょう。

この時、表面だけうるおして満足してしまう人が多いのですが、肌の奥に届かせるためにも、コットンに浸して
パックするのがおすすめです。

最初からフェイスマスクの形をしたコットンも売られていますので、500円玉大の化粧水を浸したら、5分ほどしっかりパックしましょう。

それ以上置くと、逆に肌の水分が乾いたコットンに吸収されてしまうため、かならず時間を守ることがコツです。


■美容液で真皮層にはたらきかける

真皮にまで届く保湿対策として欠かせないのが、美容液です。

スキンケアアイテムの中でも、美容液は少量しか入っていないわりに高価なため、クリームのほうにお金を使う女性が多いのですが、どちらかしか買えないのだとしたら、美容液を選ぶのが正解。

クリームは、乳液で代用することができますが、美容液の代わりはありません。

保湿美容液を1本、かならず常備しておきましょう。

化粧水でパックをした後のお肌は、美容液を吸収するのに最適な状態です。

この時、ぜひ習慣にしたいのが「2~3回に分ける」ということ。

1回ですべての量を使ってしまうのとでは、肌への吸収率が違います。

まずは1回分を肌に伸ばしたら、指の腹で押し込むようにして入れます。

特に乾燥の気になる目の周りや口元には、しっかりと入れましょう。

小分けにすることで、肌はすべての美容液を確実に飲んでくれます。

その後、乳液やクリームでフタをすれば完成です。

正しいスキンケアで、ほうれい線ができにくいうるおい肌を目指しましょう。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ほうれい線は、乾燥のほかにも「たるみ」が大敵です。

加齢とともに、顔の筋肉(表情筋)も衰えてしまいがちですので、
体操できたえてあげることが大切です。

特に口元と頬の筋肉に刺激を与えましょう。

ほうれい線の改善のみならず、リフトアップ効果や
小顔効果もありますので、ぜひスキンケアのついでに
毎日おこなうことをおすすめします。



■口元の筋肉をきたえる体操

小さな口でもごもごと話していると、
口元の筋肉は衰えていくばかり。

ぜひ体操の時に「あ・い・う・え・お」を
思いっきり口を開いて発声してみましょう。


正面を向いたままおこなうほか、上を見上げた状態で、
もしくはうつむいた状態でやってみるのも効果的です。


「あいうえお」は、いずれも口の開き方がまったく違いますので、
非常に良い刺激を口輪筋に与えることができます。


特に「う」の時は、口を思いっきりすぼめて前に突き出すのがポイントです。

日本語の発音は、この口の形を作る機会がないことで知られています。

タコになったつもりで「う」を作るのが大切です。



■頬の筋肉をきたえる体操

笑顔をつくり、右の口角だけを上げて右目をウインクします。

次に左側も同じようにおこないましょう。

これをリズムよく繰り返すことで、
頬の筋肉が刺激されるのが分かると思います。


また「お」の口にして顔を縦長に伸ばすようにします。

次に「あ」の口にして頬の筋肉が上がるようにしましょう。

これも「お、あ、お、あ」と何度か繰り返します。


普通に過ごしているだけでは、
なかなか表情筋をきたえる機会がありませんので、
鏡に向かったスキンケアのついでに、
ぜひ継続的におこなってみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ほうれい線ケアには口元のエクササイズが
効果的であることが分かったそうです。

ほうれい線エクササイズを2つご紹介しましょう。


■ペットボトルを使った口輪筋のチェック

まず初めに、自分の口輪筋(くちびるの力)をチェックします。

500mlのペットボトルに、女性は100ml、男性は150mlの水を入れ、
それをくちびるだけでくわえてみましょう。

歯は立てず、あくまでくちびるだけを使います。

10秒間できれば、口輪筋は合格のようです。

口輪筋とほうれい線のできやすさには関係があるようですので、
くわえることができなかった人はぜひきたえてみましょう。


■ペットボトルを使ったエクササイズ

2リットルの空のペットボトルを用意します。
足を肩幅に開いて立ち、「ほーっ」と
声を出しながら息を吐き切ります。


次にペットボトルをくわえて息を吸い込み、
ボトルをくしゃっとへこませます。

この際、お尻をしめてくちびるだけで
吸い上げるイメージでおこないましょう。


今度はくわえたまま、ボトルが
元の形になるまで息を吐き切ります。


ポイントとしては、息を吸う時は頬をへこませるように、
息を吐く時は頬をふくらませるように意識しておこなうことです。


一連の動作を1日3セットくり返すと、
1週間ほどでほうれい線に効果が出るとされています。


■でんでんむしのくちびる体操

「かたつむり」の歌に合わせて、
頬をリズムよくふくらませるエクササイズです。
心の中で歌いながらチャレンジしてみてください。


1.でんでんむしむしかたつむり
右のほおを8回ふくらませます


2.お前の目玉はどこにある
左ほおを8回ふくらせます


3.つの出せ
上歯ぐきと上くちびるの間をふくらせます


4.やり出せ
下歯ぐきと下くちびるの間をふくらませます


5.目玉出せ
目を大きく見開き、両頬をふくらませます


小刻みにテンポよくふくらませるのがポイントです。
ぜひ気づいた時におこなう習慣をつけてみましょう。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ