ほうれい線ケアには口元のエクササイズが
効果的であることが分かったそうです。

ほうれい線エクササイズを2つご紹介しましょう。


■ペットボトルを使った口輪筋のチェック

まず初めに、自分の口輪筋(くちびるの力)をチェックします。

500mlのペットボトルに、女性は100ml、男性は150mlの水を入れ、
それをくちびるだけでくわえてみましょう。

歯は立てず、あくまでくちびるだけを使います。

10秒間できれば、口輪筋は合格のようです。

口輪筋とほうれい線のできやすさには関係があるようですので、
くわえることができなかった人はぜひきたえてみましょう。


■ペットボトルを使ったエクササイズ

2リットルの空のペットボトルを用意します。
足を肩幅に開いて立ち、「ほーっ」と
声を出しながら息を吐き切ります。


次にペットボトルをくわえて息を吸い込み、
ボトルをくしゃっとへこませます。

この際、お尻をしめてくちびるだけで
吸い上げるイメージでおこないましょう。


今度はくわえたまま、ボトルが
元の形になるまで息を吐き切ります。


ポイントとしては、息を吸う時は頬をへこませるように、
息を吐く時は頬をふくらませるように意識しておこなうことです。


一連の動作を1日3セットくり返すと、
1週間ほどでほうれい線に効果が出るとされています。


■でんでんむしのくちびる体操

「かたつむり」の歌に合わせて、
頬をリズムよくふくらませるエクササイズです。
心の中で歌いながらチャレンジしてみてください。


1.でんでんむしむしかたつむり
右のほおを8回ふくらませます


2.お前の目玉はどこにある
左ほおを8回ふくらせます


3.つの出せ
上歯ぐきと上くちびるの間をふくらせます


4.やり出せ
下歯ぐきと下くちびるの間をふくらませます


5.目玉出せ
目を大きく見開き、両頬をふくらませます


小刻みにテンポよくふくらませるのがポイントです。
ぜひ気づいた時におこなう習慣をつけてみましょう。


おすすめ!!
ほうれい線を自宅で簡単にとる方法