美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:カロリー計算

ダイエットを始めるとなると、
大抵の人が運動や食事制限から始めますが、
食事制限ダイエットをする際に気をつけてもらいたいのが、
食事制限=絶食や、食事制限=極度に
食べる量を減らすことは間違ったダイエット法という事です。

間違えたダイエット法を続けると、病気になったり、
リバウンドもしやすくなってしまいます。

きちんと、食事の栄養バランスを考えて
ダイエットを行う事が重要です。

ダイエットを短期間で美しくするためには、
食事に含まれる余計な成分を出来る限り
控えると効率が上がり、短期間でも納得の効果が得られます。

まず、揚げ物は、ダイエット中の食事では
可能な限り食べるのを避けるようにします。

食事もフランス料理のように
生クリームやバターを多く使うメニューは選ばず、
健康的な和食がおススメです。

オリーブオイルのように身体に良い油も存在しますが、
とくに動物性油脂は控えるようにしましょう。

そして、ケーキ屋お菓子等の糖分ですが、
砂糖は脳にヒーリング効果をあたえ、
ダイエットで感じるイライラや精神的ストレスを
和らげる効力を持つため、
1日1回、少量ならば食べても大丈夫とされています。

その代わり、ほどほどに運動をして、
ダイエットをしている事を常に頭においておきます。

さらに、ダイエットでも不可欠なのがタンパク質です。

タンパク質は脂肪燃焼をサポートするため、
食事には最もふさわしい分量を食べるように心がけると
痩せる作用が強まります。

ダイエットの食事では、何が身体に良くて、
何がダイエットを邪魔しているのかを
きちんと認識していくことが大切でしょう。

また、ダイエットをする上で、
カロリーを計算する事はとても大切な事です。

カロリー計算とは食事のカロリーを計算し、
1日に必要なカロリーの目安を知ることです。

食品のカロリーを認識しておくと、
ショートケーキ1個で300kcalもあることを知っているので、
意識的に摂取する食事量に抵抗が生まれます。

この計算ができると食事=カロリーで考えられるようになり、
いつもよりは余分な食事を食べないようになります。

ただ、食事に含まれる個々のカロリーを毎日、
毎回計算することは大変ですので、
口にする全ての食べ物を細かく計算する必要はありません。

カロリーの高さには気を配りたいですが、
1日の摂取量全てを計算するのは本当に難しいです。

ある1週間の摂取カロリーを正確に記録した研究では、
意識しながら同じカロリーの食事を摂るように
していたのにも関わらず、実際の測定値は
多い日と少ない日で900kcalも差がありました。

意識していてもこの状態ですので、
普段から意識しない人ですともっと増えてしまい、
予想以上の食事量になってしまうことでしょう。

そのため、カロリー計算はダイエットの目安にしたいものです。

食事をある程度でも制限できる知識があれば、
食生活に関心が生まれ、自然と無理のないダイエットを
食生活に取り入れることができます。

しかし、カロリーを抑えれば、
ダイエットは成功するわけではありません。

確かに消費カロリーより摂取カロリーを減らすと、
余分なカロリーが脂肪に変わらないので体重は減りやすいです。

ですが、本当のダイエットは健康的に消費カロリーより
摂取カロリーを減らすことです。

ダイエット中の食事制限では
カロリーだけが減るのではなく、一緒に体を健康に保つための
マルチビタミンやアミノ酸などの必須な栄養素も足りなくなりやすいのです。

健康を維持しながらダイエットをするためには、
カロリーがなるべく少なくて、栄養が豊富な食事を
心掛けることが必要です。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットといえば、カロリー計算に励む人も多いと思います。

あまりがんじがらめに気にするのもストレスになってしまいますが、
できるだけ低カロリーな食材をとり入れるのは大切なことです。

ここでは、低カロリー食材として上位に
ランクインしているものをご紹介します。


■低カロリーな飲み物とは?

普段、何げなく口にしている飲み物にもカロリーはあります。

特に現代人は水を飲まなくなっており、味のついたジュースばかりを
飲んでしまう人も多いのではないでしょうか?

基本は水がもっとも自然な飲み物ですが、
それ以外で低カロリーなものを挙げてみましょう。

まずはお茶類です。

緑茶や煎茶、紅茶、麦茶などは、100グラムあたり
わずか1~5キロカロリーとなっています。

発酵した茶葉を使ったもの、つまり色が濃いお茶ほど
脂肪分解作用があり、ダイエットに最適です。

中でも0カロリーなのがウーロン茶や
プーアル茶、玄米茶、番茶、ほうじ茶です。

特にウーロン茶やプーアル茶などの中国茶は、
代謝を上げ、脂肪の吸収も抑えてくれることから、
ダイエットの強い味方となってくれるでしょう。

その他、コーヒーもブラックならほぼ0カロリーです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、
脂肪を燃焼させる効果があるため
実はダイエットに良いことが分かっています。

最近、その作用を生かした「痩せる缶コーヒー」も登場したほどです。


■低カロリーな食品とは?

低カロリーかつ栄養のとれる食べ物が、
健康的なダイエットには必須です。

まず100グラムあたり15kcal以下の食材としては、
もやしやキュウリ、小松菜、白菜、スッキーニ、青梗菜
、レタスなどが挙げられます。

つまり野菜なら、ほとんど低カロリーと考えて差し支えないでしょう。

ちなみにキャベツとレタスでは、レタスのほうが低カロリーとなっています。

また野菜のほか、めかぶやワカメ、昆布、海苔といった海藻類も
低カロリーかつ栄養の豊富な優秀食材です。

中でも「もずく」と、沖縄名産で有名な「海ブドウ」は
100グラム4kcalと、かなりの低カロリーを誇っています。

海藻類にはミネラルやビタミンのほか、ヌルヌル成分であるフコイダンが
含まれ、美容と健康に非常に良い食べ物です。

その他、こんにゃくやところてんも、もちろん低カロリー。

お肉類では、鶏のささみや胸肉、牛や豚なら
もも肉かヒレが比較的カロリーが低く、
ジンギスカンに使われるラム肉も脂肪分が
少ないことで知られています。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ