美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:セックスレス理由

セックスレスは、立派な離婚事由に該当することがあります。

ほとんどのカップルは協議離婚をしますが、場合によっては裁判となり、そこでセックスレスについても大きく扱われることがあるのです。

中には慰謝料の請求を認められたケースも何例かあります。


■セックスレスはなぜ離婚の原因になるのか?

セックスレスが離婚事由として認められる理由の1つが「夫婦の信頼関係」の問題です。

せっかく夫婦になったのに、セックスどころかキスやボディタッチまで拒まれて思い悩んでいる人が実際たくさんいます。

さらに何度相手に相談や説得をしても、けんもほろろに冷たくあしらわれる。

これでは夫婦間の愛情や信頼は失われてしまうでしょう。

また、セックスレスは浮気の原因になりやすいことも大きな問題です。

セックスを拒まれた側が、寂しさやもてあました性欲から浮気に走ることもありますし、拒んでいる側が実は他にパートナーを作っていた、ということもあり得ます。

調停になった場合、浮気とセックスレスのどちらが先に起こったのかが論点になることもありますが、いずれにせよ両者には密接な関係があるのは明らかです。

お互いに性交渉がなくても愛情をもって夫婦生活を維持できればいいのですが、実際は両方もしくはどちらかが不満を抱え込んでいることも多いのです。


■実際に慰謝料を請求できたケースとは?

セックスレスが原因の離婚で、慰謝料が発生した判例がいくつかあります。

平成5年に福岡の高等裁判所で起こった裁判では、入籍してから5か月間で性交渉が2~3回のみ、その後は拒み続けた夫に対して120万円の慰謝料が認められました。

また平成19年に東京地方裁判所で起こった裁判では、婚姻期間中まったく性交渉をもたなかった相手に対して100万円の慰謝料請求が認められましたし、もっとも高額な慰謝料としては平成2年に京都の地方裁判所で起きた裁判において、3ヶ月の婚姻期間中に1度も性交渉をもたなかった夫に対して500万の支払い義務が認められています。

ただし、全体的には性交拒否に加えて言葉の暴力や無視といったプラスアルファがあったケースが多く、セックスレスだけでは事由としては弱いかもしれません。

また、病気や高齢などによる性交不能は、もちろん対象外です。

しかし、夫婦にとってセックスレスは重大な問題であることが分かります。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セックスレスは、結婚して何十年も経過した夫婦だけの問題ではありません。

中には、まだ新婚にもかかわらず性交渉のないカップルもいるのです。

そうなると愛情や信頼にヒビが入ることはもちろん、子どもを望んでも授かりようがないという深刻な問題に発展します。


■性に不自由しない時代

新婚カップルがセックスレスになってしまう背景としては、現代のフリーセックスの風潮が一因として考えられます。

一昔前なら、男女は夫婦になってようやく性的な関係をもつことが許されました。

しかし現代では、恋人同士になった時点で好きなだけ関係をもてますので結婚するころには既に相手に飽きてしまっている、ということも起きてきます。

「できちゃった結婚」などは、完全に順序が逆になった典型的なパターンです。

もちろん入籍しても変わらずラブラブでいられる夫婦もいますが、新婚セックスレスは間違いなく昔と比べると増えているはずです。

もう1つ、現代の日本では性的欲求を解消できる手段が昔より多くなったことも一因として考えられます。

インターネットなどで自由にアダルトビデオを見られる時代ですし、風俗産業も盛んで、男性たちにとっては「妻がいないと性欲が発散できない」ということはまったくなくなりました。

現代はまさに、新婚夫婦がセックスレスになってもおかしくない環境が整っているのです。


■結婚前も結婚後もない!?

中には、恋人同士のころからほとんど性交渉がないまま結婚したのに、夫婦になっても相変わらずない、というケースもみられます。

その多くが「男性側が求めてこない」パターンのようです。

付き合っていたころは、自分を大切にしてくれているのだと思い込んでいた女性が、結婚後も誘われないことで「おかしいぞ」と気づく、そんなことも起こっています。

もともと性的に淡泊な人だった、ということも考えられますが、何らかのコンプレックスやトラウマがある、
異常性向がある、という可能性もあります。

女性は「結婚したら変わるだろう」と思ってしまうのですが、結婚前にまったく性的なことがなかったのだとしたら、
結婚後も同じであることが多いようです。

入籍前に一度、オープンに話し合ってみることが必要かもしれません。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セックスレスは、結婚して何十年も経過した夫婦だけの問題ではありません。

中には、まだ新婚にもかかわらず性交渉のないカップルもいるのです。

そうなると愛情や信頼にヒビが入ることはもちろん、子どもを望んでも授かりようがないという深刻な問題に発展します。


■性に不自由しない時代

新婚カップルがセックスレスになってしまう背景としては、現代のフリーセックスの風潮が一因として考えられます。

一昔前なら、男女は夫婦になってようやく性的な関係をもつことが許されました。

しかし現代では、恋人同士になった時点で好きなだけ関係をもてますので結婚するころには既に相手に飽きてしまっている、ということも起きてきます。


「できちゃった結婚」などは、完全に順序が逆になった典型的なパターンです。

もちろん入籍しても変わらずラブラブでいられる夫婦もいますが、新婚セックスレスは間違いなく昔と比べると増えているはずです。

もう1つ、現代の日本では性的欲求を解消できる手段が昔より多くなったことも一因として考えられます。

インターネットなどで自由にアダルトビデオを見られる時代ですし、風俗産業も盛んで、男性たちにとっては「妻がいないと性欲が発散できない」ということはまったくなくなりました。

現代はまさに、新婚夫婦がセックスレスになってもおかしくない環境が整っているのです。


■結婚前も結婚後もない!?

中には、恋人同士のころからほとんど性交渉がないまま結婚したのに、夫婦になっても相変わらずない、というケースもみられます。

その多くが「男性側が求めてこない」パターンのようです。

付き合っていたころは、自分を大切にしてくれているのだと思い込んでいた女性が、結婚後も誘われないことで「おかしいぞ」と気づく、そんなことも起こっています。

もともと性的に淡泊な人だった、ということも考えられますが、何らかのコンプレックスやトラウマがある、異常性向がある、という可能性もあります。

女性は「結婚したら変わるだろう」と思ってしまうのですが、結婚前にまったく性的なことがなかったのだとしたら、
結婚後も同じであることが多いようです。

入籍前に一度、オープンに話し合ってみることが必要かもしれません。


おすすめ!!
夫婦仲を改善するラブラブレッスン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ