美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:ダイエット

寒い季節は、体が温まる食べ物が
恋しくなります。

そこで、この冬にピッタリの美容ドリンク
「生姜ココア」をご紹介します。

生姜とココアの組み合わせには、
体全体を効率良く温めて、基礎代謝を上げる効果と
血液をサラサラにする、という二つの効果があります。

生姜の効果は、皆さんご存知の通り、
体を温める作用です。

生姜に含まれる成分、ジンゲロール、
ショウガオールが血行を良くし
体を温め新陳代謝を活発にします。

生姜の温熱作用には即効性、持続性があり、
中でも体の上半身に効果が現れます。

逆にココアは、足首やつま先などの
下半身を温める効果があります。

ココアに含まれる、カカオポリフェノールが
血流を促進して、冷えを軽減すると考えられています。

更に、カフェインの仲間であるギャバという成分には、
ストレスを和らげ、リラックスさせる効果があります。

ココアを飲むと、ホッとするというのは、
この成分の働きによるものです。

そんな美容に効果抜群の、生姜ココアの作り方を紹介します。


【生姜ココア】

材料( マグカップ1杯分 )

★黒糖(上白糖等でも可)  小さじ山盛り1~2杯
★純ココア         小さじ山盛り2杯
★すりおろし生姜(皮ごと) 小さじ1杯
牛乳or豆乳(お湯でも可) 150ml程度
シナモン(お好みで)


作り方

①マグカップに★をすべて入れ、牛乳(豆乳)のうち50ml程を注ぎ、
 レンジ600Wで30秒チンして、よく混ぜます。

②①に残りの牛乳(豆乳)を注ぎ、レンジ600Wで1分30秒チンします。

 よく混ぜて、出来上がりです。

※お好みで、シナモンをトッピングしても良い。

この生姜ココアの飲み方は、
1日に1~2杯を温かいうちに、朝と夜に飲むのが効果的です。

特に朝がオススメです!
なぜなら、朝の体温が1℃上がると、
1日の基礎代謝が14%も上がると言われていて、
太りにくい体になれます。

よく、冷えは万病のもとと言います。

体を温め、リラックスさせてくれる生姜ココア。

どちらも手軽に手に入る食材です。

この冬の健康ドリンクとして、
試してみてはいかがでしょうか?


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

世の中には様々なダイエット方法があります。

でも、何かをきっかけに爆発的に
人気が出たもののいつの間にか忘れられてしまった…

なんていうものも少なくありません。

そんな中、今だに根強い人気があるのがヨガです。

ホットヨガ、パワーヨガ、
最近では、フェイスヨガなど
様々な種類のヨガがありますが、
なぜヨガがダイエットに良いのでしょうか?

まず、ヨガをすることによって
体は血行が良くなり温まります。

そして、
酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれて、
体の緊張感、コリなどが徐々にほぐれていきます。

リンパの流れも良くなるので、
老廃物の排出がスムーズになっていきます。

また、
神経系に作用したり、
ホルモンの分泌を促したり、
免疫力を上げたり、
人間が本来持っている自然治癒力を高めたりと、
ヨガを続けるうちに、
体に様々な良い変化が起こってきます。

ヨガはストレッチと似たようなものだと考えられがちですが、
ストレッチとは決定的に異なる点があります。

それは、ヨガのポイントが呼吸にあるということ。

ゆったりとした複式呼吸で副交感神経を優位にし、
気持ち良さを味わいながら、
呼吸に合わせてカラダがほぐれてくると、
不思議な事に心も穏やかに柔軟に変化してきます。

ヨガは体だけでなく、
精神面にもとても良い影響を与えるのですね。

ゆったりとした気持ちで1日5分でも続けていくことが、
ヨガダイエットによって痩せる近道です。

全く衰えることのないヨガ人気の理由は、
ダイエット法としてのヨガの効果が確かなものであること、
そして
体や心の不調をケアしながら健康的に痩せることができる
ということになるでしょう。

無理をせず、ゆっくりマイペースに
ヨガでダイエットしてみませんか?


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

女性なら月に1度は来る生理。

生理中って、何だか気分がすぐれないし、
お肌の調子も今ひとつだったりと、
人によって違いがありますが、不快な症状が多いです。

生理前や生理中は甘い物が無性に
食べたくなるという人も多いはず。

では、
生理中のダイエットはどのようにしたら良いのでしょうか?

女性の体は、
生理前の1週間から生理中にかけて、
ホルモンのバランスが大変不安定になります。

それは、プロゲステロンという黄体ホルモンが
通常よりも多く分泌される為です。

このプロゲステロンは脂肪を蓄積しやすくしたり、
水分を溜め込みやすくしたりする働きがあるため、
ダイエットには悪影響を及ぼします。

生理中、
むくみが起こりやすくなったり、
イライラや肌荒れなどを起こすのも、
このプロゲステロンの影響なのです。

食欲も増す場合も多いので、体重が減らないどころか、
逆に1~2kgぐらい増えてしまったなんてこともあるのです。

なので、
普段よりも代謝機能が落ちているこの時期に
ダイエットを行うことは、あまり向いていないと言えます。

ただでさえ生理中はイライラするのに、
体重が思うように減らないことで
余計にイライラしてストレスを溜めてしまう
なんてことは嫌です。

では、ダイエット中の生理期間は
どのように過ごせば良いのでしょうか?

この時期は痩せることに焦るのではなく、
自分の体調と相談しながら
軽く体を動かす程度のエクササイズをしたり、
気分転換を兼ねてウォーキングをしたりというように、
なるべくストレスを溜めない
ということを大事にして過ごしましょう。

そして生理が終わり。。。

そこからがダイエットのチャンスです!

なぜかと言うと、
生理が終わってから2週間のうちは、
エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、
心も体も快調で、痩せやすい時期に入るからです。

この時期に、運動、特に有酸素運動をすれば、
内臓脂肪を効率良く使うことができるので、
積極的に体を動かしましょう。

食欲も生理前と比べると落ち着いてくるので、
間食を避けたり、バランスのとれた食事を心がけます。

生理後にきちんとしたダイエットを始めることで、
結果が現れやすくなります。

このような事を少しでも知って、
憂欝な生理ともうまく付き合って行ければ、
結果としてダイエットを成功に導くことができるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

寒い季節は、お風呂に入って体の芯まで
温まりたくなります。

そんな時は「温浴ダイエット」はいかかでしょうか。

普段何気なく入っているお風呂ですが、
少しの意識でダイエット効果が得られるとしたら
何だか得した気分になれます。

入浴がダイエットに有効な理由は、
汗と一緒に毒素が排出されることで、
デトックスしやすい体質になるからです。

また、体の芯から温まって汗をかく入浴は、
体全体の代謝が良くなり、
基礎代謝量をアップさせる効果も期待できます。

お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に
脂肪を効率良く燃やせる体=痩せやすい体質
に繋がるというわけです。

では、温浴ダイエットの方法&効果をご紹介します。


【ぬるめのお湯に長くつかってカロリー消費】

温浴ダイエット最大のポイントは、
無理をせずじっくりとぬるめのお湯に長く浸かることです。

39~40℃のお湯に、みぞおちまで
湯船につかり20分程度半身浴します。

38度であれば30分入ってみてください。

これからの寒い冬場は体が冷えないように
肩にタオルをかけましょう。

また、発汗作用の高いソルト系入浴剤を入れるのも効果的です。

個人差はありますが、
だいたい70~100kcal消費することができます。

これは25分間ウォーキングしたのと同じ値になります。


【空腹を抑えることで摂取エネルギーが減る】

温浴をすることによって、
カロリーを消費するだけでなく、食欲を抑える効果もあります。

お湯に浸かることで、皮膚の血管が拡張し、
胃腸の血管が縮小していきます。

この働きによって胃の動きが止まり、
食欲が減少するのです。

食前に入れば食べ過ぎることもなくなると思います。


【水を飲む】

入浴の前後に水を飲んで下さい。(各コップ一杯程度)
水分が不足すると尿が濃縮され、腎臓を悪くする可能性もあります。

入浴後の飲み物は常温にすることがポイント。

湯上り直後に冷たいものや熱いものを飲むと
胃に刺激を与えてしまうので注意してください。

毎日入るお風呂タイムを有効に使いましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

子供の頃、フラフープで遊んだ記憶ありますか?

ウエストあたりで、プラスチックの輪を
ぐるぐる回すおもちゃです。

実はそのフラフープ、
ウエストの引き締めにとても効果が
高いことはご存知ですか?

アメリカのフィットネスクラブではすでに
必須のアイテムですが、日本では少し前に
各メディアが報道し、一躍フラフープ人気が高まりました。

フラフープは腰まわりの筋肉を集中的に使う運動ですが、
これが体の「コア」を鍛えることになるのです。

コアとは、骨盤周りのインナーマッスルのことで、
内腹斜筋や腹横筋、骨盤底筋群などを指します。

このコアが活性化されると、
腹圧が高まり、ウエストラインが細く引き締まってきます。

また、体の中心軸がしっかりしてくるので、
下垂ぎみの内臓も定位置に安定させることができ、
メタボ解消にも繋がります。


フラフープを回す時のコツは、

・体を力ませない。リラックスさせて背筋を伸ばす。

・お腹周りに、フラフープがくっついて回るのをイメージしながら、
  回す方向に少し勢いをつけて回す。

  この時、膝を少し曲げるとバランスが取りやすい。

・リズムよくお腹周りを意識しながら回す。

フラフープにも色々な種類がありますが、
凹凸があるものはお腹周りの脂肪のマッサージ効果が
高くなるのでお勧めです。

自宅でテレビを見ながら、
音楽を聴きながら、
まずは10分くらいずつ続けていきましょう。

そのうちに
ぽっこりお腹が引き締まってくるのを実感できるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ