美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ダイエット

上手にダイエットするには、まず「自分を知る」ことが不可欠です。

中には増えた体重を直視したくないために、体重計に乗るのを避ける人もいますが、ダイエットを始める前にかならず現状を把握しておくことが大切です。

また普段どんなものをどれくらい食べているのかを知るためにも、食事の記録をつけることも大いに役立つでしょう。


■最新の体重計を手に入れよう

最近売られている体重計の多くに、体脂肪率や骨密度、水分量などを測ることのできる機能がついています。

効果的なダイエットのためには、こういった体重計を1つ用意するのがおすすめです。

安いものでは5,000円以下でも多く売られています。

ダイエットを始める前に、まずは現在の自分の情報をしっかりチェックしましょう。

そのほうが的確な目標を立てられますし、変化が目に見えて分かるためモチベーションのアップにもつながります。

また筋肉をきたえるダイエットでは、体重の減りはそれほどでもないものの体脂肪率はきちんと下がっていることが多いものです。

体重だけで一喜一憂しないよう、体組成計のついた体重計が理想的です。


■食事をレコーディングしよう

肥満で悩んでいる人の中には「そんなに食べていないのに…」と言う人が多いのですが、はたから見ていると十分な量を食べていることも珍しくありません。

また1度の食事量は少なめでも、つまみ食いが多かったり、食べているものが高カロリーだったりすることも多いものです。

その日に飲み食いしたものをすべて1つ残らずノートに書きだすだけでも、大きな気づきを得ることができます。

自分の食事の傾向が分かれば、何を減らすべきかもおのずと見えてくるものです。

人によっては、この作業だけで効率よく痩せられることもあります。

いわゆる「レコーディング・ダイエット」です。

上手なダイエットのため、まずは自己分析から始めましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数年前から、女性たちの間で「酵素」が大ブームとなっています。

酵素入りの化粧品のほか、食材や酵素ドリンクからも摂取することが可能です。

美容はもちろん、酵素はダイエットにも効果があるといわれています。

健康的に体重を減らせる酵素ダイエットについてご紹介しましょう。


■朝バナナダイエットも酵素ダイエットだった

一時期、スーパーからバナナが姿を消したのは記憶に新しいところ。

世の女性たちが夢中になった朝バナナダイエットは、まさに酵素パワーを使った正しいダイエットだったのです。

果物は、それ自体が消化酵素をもっているため「すでに消化の終わった食べ物」ともいわれています。

そのため胃に負担をかけることなく、数十分ですぐに腸へ吸収されます。

アスリートが休憩時間にバナナを食べるのも、まさにこの作用のためです。

私たちが思う以上に、消化という作業は大きなエネルギーを消費します。

朝食を果物に置き換えるだけで、体にかかる負担をぐっと減らすことができ、体は排泄のほうに集中できます。

つまり朝バナナダイエットは、お通じを良くすることでダイエットにつながるのです。

果物に含まれる果糖で太ることはないとされています。

午前中は、心おきなく果物でおなかを満たしましょう。


■生野菜や発酵食品で酵素を補給

酵素は新陳代謝をうながす、生命活動になくてはならないもの。

しかし体で作られる酵素には限りがあるため、外から補給する必要があります。

果物はもちろん、生野菜にも酵素はたっぷり含まれています。

食事の付け合わせとして、かならず生野菜のサラダを用意するだけでもお通じは格段に良くなるでしょう。

特に肉類は消化に大いに負担をかける食べ物のため、かならず生野菜とセットにしたいところです。

その他、お味噌や納豆も立派な発酵食品です。

これらの食材を日常的に食べていた日本人は、世界からみても腸がきれいな上、太っている人が少なかったのですが、欧米化の食事によって事情は変わってきました。

ぜひ味噌汁を1日1杯は食べるようにしましょう。

もちろんキムチも発酵食品ですし、砂糖の入っていないヨーグルトもおすすめです。

毎日意識して酵素をとるだけで、余分なものを排出しやすくなり、効果的なダイエットにつながります。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こにあるだけで、一気に老け込んだ印象を与えるほうれい線。

漫画でも、中年のサインとして描かれる、鼻の脇から伸びるあの憎きラインです。

加齢とともに、誰にでも表れるものですが、実はできやすさには個人差があります。

自分は、ほうれい線ができやすいタイプかどうか、ぜひチェックしてみましょう。


1.乾燥肌である

ほうれい線も、一種のシワです。

シワはお肌が乾燥するほど刻み込まれやすいため、乾燥肌の人は、ほうれい線ができやすくなります。

つねに保湿を心がけましょう。


2.睡眠中についたシーツの跡などが消えにくいお肌に弾力がなくなっているサインです。

若いころは、表情による折りジワができても戻りやすいのですが、年齢を重ねるにしたがって戻りが悪くなっていきます。


3.痩せすぎor太りすぎ

痩せている人はシワが目立ちやすいため、ほうれい線も早めに出るといわれます。

太っている人は、一見お肉でハリがあるように見えますが、加齢とともに重力にしたがって下がっていき、ほうれい線につながります。

適度な肉付きがもっとも理想的といえそうです。

ちなみに急激なダイエットなどで、痩せたり太ったりをくり返している人も、お肌が変化についていけず、ほうれい線が出やすくなるとされています。


4.頭皮が動きにくい

指で頭皮をずらすように触った時、動きが悪い人は、皮膚が硬くなっている証拠。

頭皮と顔のお肌は一枚つづきですので、それだけお肌の柔軟性もなくなっているということになります。

定期的に頭皮マッサージを受けるのも、結果的にほうれい線ケアにつながるのです。

いかがでしたか?

思い当たることのある方は、ほうれい線防止のために意識を高めていきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットに効くサプリメントが多数販売されています。

サプリだけで痩せられるわけではありませんが、サポートする食品として効果的にとり入れてみるのは良いことです。

ここではダイエットサプリの大まかな種類と、その効果についてご紹介します。

自分に合ったサプリ選びの参考にしてみてください。


■水分コントロールをするサプリメント

実はむくみが肥満の大きな原因となっている人は多いものです。

特に女性では、いわゆる「水太り」が多いといわれています。

そんな体内の水分量を調節し、余分な水分を排出してくれるのがビタミンやミネラルなどのサプリです。

特に「ビタミンB群」や「カリウム」が最適とされています。

利尿作用のあるハーブなどとミックスした、水分コントロール専用のサプリも販売されていますので、水太り傾向のある人にはおすすめです。


■脂肪を燃焼させるサプリメント

ダイエットの大敵、脂肪を燃やす効果のあるサプリメントもあります。

水分調節と同じく、「ビタミンB群」は燃焼系ビタミンといわれ、脂質やタンパク質、糖質の燃焼をサポートしてくれます。

さらに化粧品でも人気の「コエンザイムQ10」も、ビタミンに似た物質。

脂質を燃やし、エネルギーに変わるプロセスで必要となります。

また「L-カルニチン」というアミノ酸の一種も、おもに運動において脂肪燃焼を助けてくれる効果があります。

アメリカでは肥満患者の定番サプリです。

その他、トウガラシの成分である「カプサイシン」や、生姜の成分である「ジンゲロール」を配合したサプリメントも、脂肪燃焼に効果的です。


■吸収阻害系のサプリメント

食事で摂取した脂肪や糖質の吸収をブロックするサプリメントもあります。

代表的なのが、カニやエビの殻に含まれる「キチン」や「キトサン」という動物性食物繊維です。

脂質の吸収を抑えてくれる作用があります。

また「ギムネマ」や「シルベスタ」は、甘いものが好きな人に最適。

ハーブの一種で、糖質の吸収を阻害してくれます。

糖尿病予防にも効果があるといわれます。

同じくミネラルの1つ「クロム」も、糖質の吸収を抑制します。

他にも「ガルシニア」は脂肪の合成をブロックする効果があり、ダイエットサプリの定番といえるでしょう。


サプリメントは、あくまで普段の正しい食事と運動があってこそ、十分な効果を発揮してくれるものです。

頼りすぎず、上手に活用しましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットとは、もともと「食事療法」という意味です。

痩せるためだけではなく、病気の改善のための食事も含まれます。

何はなくとも食事に気をつけることが、ダイエットの要といえるでしょう。

ダイエットレシピを考えるための基本をご紹介します。


■タンパク質は不可欠と心得よう

ダイエットというと、目の敵にされがちなのがタンパク質です。

特にお肉などの動物性タンパク質は、とらないほうがいいと思われがちですが、タンパク質自体は非常に大切な栄養素なのです。

私たちの体の組成は、約6割が水分、そして約2割がタンパク質です。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のようにつながって出来たもので、皮膚や髪の毛、筋肉や臓器など、あらゆる器官を作っています。

さらに、生きるために欠かせない酵素もタンパク質をもとに構成されているのです。

ダイエットのためには、よく「基礎代謝を上げること」といわれますが、それは筋肉量を増やすことでもあります。

タンパク質を摂取しないと筋肉量も減少し、結果的に基礎代謝も下がってしまうのです。

体重1キロにつき、1グラムのタンパク質が摂取の目安となります。

低カロリーで高タンパクな食材としては、まず植物性タンパク質が挙げられます。

納豆や豆腐、枝豆などの大豆製品が代表的です。

動物性タンパク質の中にも、低カロリーなものはありますので、ぜひとり入れましょう。

牛や豚のもも肉やヒレ肉、鶏のささみや胸肉、鴨や鹿、ラム肉のほか魚ではマグロや鮭、タラ、貝類などが該当します。

これらのタンパク質をしっかり取ることが、ダイエットには効果的です。


■ダイエットレシピは和食が基本

昔ながらの日本の食事は、まさにダイエットに打ってつけといわれています。

その内容は「主食+一汁二菜」です。

ご飯に味噌汁、そして主菜と副菜がもっともバランスのとれたメニュー。

パンは腹持ちが悪いですし、マーガリンやジャムといった「つけるもの」のカロリーが高いため、ダイエットには向いていません。

主菜は肉や魚、大豆製品を使ったタンパク質を中心にします。

副菜は、野菜や海藻類たっぷりのサラダや煮物、おひたしなどがおすすめ。

お味噌汁も、季節の野菜や大豆製品を使って具だくさんにしましょう。

一食分のカロリーは500kcalが理想的です。

こういった食事なら満腹感も得られますし、太りにくいこと間違いなしです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一時期ブームとなるものの、すぐに下火となるのがダイエット法です。

次から次へと新しい方法が流行っては消えていきますが、昔流行ったものの中にも、きちんと効果のある優れたダイエット法も存在します。

ここでは、そんなダイエットを思い出してみましょう。


■朝バナナダイエット

2006年から2008年ごろにかけて、ブームとなったのが朝バナナダイエットです。

一時はスーパーからバナナが姿を消したほど注目されていました。

この方法は、実は「酵素ダイエット」の1つといえるものであり、非常に理にかなった方法なのです。

スポーツ選手やミュージシャンが、試合やライブ前にバナナを食べているのを見たことのある人も多いのではないでしょうか?

普通の食べ物は、体内の消化酵素を使って消化されますが、果物は自己消化酵素をもっており、既に消化済みの食べ物ともいわれています。

つまり胃に負担をかけることなく、スッと腸まで到達するため食べてから数分で栄養として吸収されるのです。

バナナの場合、食べてから20~30分で消化が完了します。

私たちの体は本来、午前中は排泄のほうに集中したがっています。

しかし朝からさまざまな食べ物をとることで、胃腸はその消化活動にエネルギーを使わざるを得ません。

それが頑固な便秘や、老廃物の蓄積につながります。

午前中をバナナだけで過ごしてみると、まずお通じが格段に良くなるでしょう。

フルーツは腸壁もきれいにしてくれますので、これまで腸にこびりついた汚れもいっしょに排出してくれます。

ぜひ今一度、実践したいダイエット法です。


■プーアル茶ダイエット

昭和のころから何度かブームとなっているのが、中国茶のプーアル茶ダイエット。

この方法も芸能人が紹介したことなどによって、また最近見直されています。

数あるお茶の中でも、プーアル茶はじっくり茶葉を発酵させて作られたもので、高い脂肪分解作用があるといわれています。

体が脂肪を吸収する前に、外へ排出してくれる作用があるため、脂っこい料理を食べる時にはぜひプーアル茶を一緒に飲みましょう。

またミネラル類も豊富に含まれていますので、もともと中国や台湾では、健康のために飲む人が多いお茶です。

ウーロン茶ほど刺激も強くないことから、安心して常飲することができます。

効能をなるべく引き出すためにも、しっかり沸騰したお湯で煮出しましょう。

水筒などに入れて持ち歩き、いつでも飲むようにしたいお茶です。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

効果的なダイエットのためには、筋肉を作るタンパク質が欠かせません。

大豆製品や肉・魚類にも優秀なタンパク質は多くありますが、究極の「低カロリー・高タンパク」といえば、プロティンの健康食品です。

ボディビルダーやアスリートが飲むもの、というイメージがありますが、女性のダイエットにも最適ですので、ぜひ活用してみましょう。


■プロティンとは?

プロティンとは、タンパク質そのものを指します。

さまざまな食品に含まれ、炭水化物と脂質とならぶ「3大栄養素」の1つです。

成人の場合、男性では1日に60グラム、女性では50グラムの摂取が推奨されています。

このプロティンを含んだ健康食品やサプリメントも多く販売されていますが、その多くが粉末状で、水や牛乳で溶いて飲むタイプになります。

アスリートの筋力増強では、通常の2倍ほどの量(女性なら100グラム)を摂取するのが一般的です。

ダイエットを目的とした場合は、1食に必要なタンパク質を補うことを目的に、3食のうち1回をプロティンに置き換える方法となります。

そのために1食分ずつ小分け包装されている商品もあります。

1食あたり、およそ200kcal未満となっていますので、通常の食事よりもカロリーを抑えることが可能です。

さらに良質なタンパク質をしっかりとることができ、筋肉量のアップにつながります。


■プロティンダイエットを続けるコツ

たとえば朝食をあまりとらなくても平気という人は、朝食をプロティンに置き換えるのがもっとも負担なく続けられるでしょう。

仕事が忙しく、ランチをなかなかとれない人も、代わりにプロティンを飲めば効率的に栄養素を摂取することができます。

最近では女性のダイエット用として、さまざまな味のついたプロティンドリンクが発売されていますので、おいしく飲むことができるようになりました。

またタンパク質に加え、ビタミンやミネラルも配合しているものが多いようです。

ただしムリをしてしまうと続かないどころか、やめた後にドカ食いに走ってしまう危険性があります。

せいぜい1日1食の置き換えにとどめ、期間を決めておこなうのも大切なことです。

カロリーオーバー気味だった人なら、これだけの方法で1ヶ月に2~3キロは落とせることもあるでしょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

近年、女性誌などでも多く取り上げられ、一大ブームとなっているのが酵素です。

美容と健康に欠かせない酵素は、代謝を上げる作用があることからダイエットにも最適といわれています。

美しく健康に痩せるために、ぜひ酵素を日常の中にとり入れてみましょう。


■酵素を積極的に食べよう

酵素は、私たちが生きるために必要なさまざまな「化学反応」を体内で起こしてくれる、非常に重要な存在です。

酵素がなくなれば命が尽きるともいえるほど、生命活動にはなくてはならないものです。

大きく分けると「代謝酵素」と「消化酵素」があり、前者は体が正常にはたらくために、後者は食べ物を消化して吸収するためにはたらいています。

私たちは最初、大量の酵素を生まれ持ってきます。

赤ちゃんは酵素のかたまりともいわれますが、加齢とともに徐々に減少していき、しかも体内で新たに作り出せる量には限界があるのです。

そのため、外から摂取することが欠かせません。

酵素が含まれた食べ物といえば、基本は「生の食材」です。

加熱していない果物や野菜、またお刺身なども挙げられます。

新鮮であればあるほど、生きた酵素が豊富ですので、ぜひみずみずしいフルーツやサラダを1日1回は食べましょう。

他にも、納豆やキムチ、味噌、ヨーグルトといった発酵食品にもその名のとおり、酵素は含まれています。

特に味噌汁は具だくさんにして、1日1杯はいただきたいものです。


■酵素風呂を利用してみよう

酵素は食べ物からだけではなく、実は肌からも吸収することができます。

酵素入りの化粧品なども売られていますが、もっともダイレクトなのがおがくずを使った酵素風呂(酵素浴)です。

エステやスパ施設の中にとり入れられていることもありますし、専門のお店も全国に点在しています。

浴槽いっぱいに入れたおがくずに、酵素の原液を混ぜて自然発酵させ、その熱で体を温める「お湯を使わないお風呂」です。

電気もガスも使わずに、その中は実に60~70度にもなります。

しかしおがくずは空気を含んでいますので、体感温度としては少し熱めのお風呂と同じくらいです。

一度利用してみると、驚くほど短時間で多量の汗をかくことができます。

美肌になれますし、新陳代謝を高めるためダイエットにも最適ですので近くにある人はぜひ行ってみてください。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットといえば、カロリー計算に励む人も多いと思います。

あまりがんじがらめに気にするのもストレスになってしまいますが、できるだけ低カロリーな食材をとり入れるのは大切なことです。

ここでは、低カロリー食材として上位にランクインしているものをご紹介します。


■低カロリーな飲み物とは?

普段、何げなく口にしている飲み物にもカロリーはあります。

特に現代人は水を飲まなくなっており、味のついたジュースばかりを飲んでしまう人も多いのではないでしょうか?

基本は水がもっとも自然な飲み物ですが、それ以外で低カロリーなものを挙げてみましょう。

まずはお茶類です。

緑茶や煎茶、紅茶、麦茶などは、100グラムあたりわずか1~5キロカロリーとなっています。

発酵した茶葉を使ったもの、つまり色が濃いお茶ほど脂肪分解作用があり、ダイエットに最適です。

中でも0カロリーなのがウーロン茶やプーアル茶、玄米茶、番茶、ほうじ茶です。

特にウーロン茶やプーアル茶などの中国茶は、代謝を上げ、脂肪の吸収も抑えてくれることから、ダイエットの強い味方となってくれるでしょう。

その他、コーヒーもブラックならほぼ0カロリーです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、脂肪を燃焼させる効果があるため実はダイエットに良いことが分かっています。

最近、その作用を生かした「痩せる缶コーヒー」も登場したほどです。


■低カロリーな食品とは?

低カロリーかつ栄養のとれる食べ物が、健康的なダイエットには必須です。

まず100グラムあたり15kcal以下の食材としては、もやしやキュウリ、小松菜、白菜、スッキーニ、青梗菜、レタスなどが挙げられます。

つまり野菜なら、ほとんど低カロリーと考えて差し支えないでしょう。

ちなみにキャベツとレタスでは、レタスのほうが低カロリーとなっています。

また野菜のほか、めかぶやワカメ、昆布、海苔といった海藻類も低カロリーかつ栄養の豊富な優秀食材です。

中でも「もずく」と、沖縄名産で有名な「海ブドウ」は100グラム4kcalと、かなりの低カロリーを誇っています。

海藻類にはミネラルやビタミンのほか、ヌルヌル成分であるフコイダンが含まれ、美容と健康に非常に良い食べ物です。

その他、こんにゃくやところてんも、もちろん低カロリー。

お肉類では、鶏のささみや胸肉、牛や豚ならもも肉かヒレが比較的カロリーが低く、ジンギスカンに使われるラム肉も脂肪分が少ないことで知られています。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

砂糖を入れていないお茶は、いずれも低カロリーでダイエットに向いていますが、中でも茶葉が発酵していればいるほど、ポリフェノールが多くなります。

ポリフェノールによって脂肪分解酵素である「リパーゼ」の活動が活発になるため、ダイエットのために飲むなら、発酵期間の長いお茶がおすすめです。


■紅茶もウーロン茶も緑茶も同じ葉っぱだった

私たちが日常的によく口にするお茶は、ほとんどが同じ茶葉から作られています。

ツバキ科の常緑樹である「カメリア・シネンシス」という葉で、紅茶になるか緑茶になるか、はたまたウーロン茶になるかは発酵の仕方や製造法によって決まるのです。

もっとも発酵が少ないのが、色からも分かるように緑茶です。

最初に加熱してしまうことで、酸化酵素の活性をストップさせています。

次がウーロン茶で、「半発酵茶」とも呼ばれます。

葉をつんだ後にしばらく置いて自然発酵させて作られています。

次が紅茶で、「発酵茶」に分類されます。

湿度の高い場所で発酵して作られます。

そしてもっとも発酵の進んだものが、プーアル茶などの黒茶と呼ばれるものです。

緑茶と同じように加熱によって酸化酵素のはたらきをストップさせた後で、麹菌などによってじっくり自然発酵させて作られ、「後発酵茶」と呼ばれています。

一般的に、発酵すればするほど茶葉は色濃くなります。


■ダイエットに適したお茶

発酵させたお茶ほど、脂肪分解作用が高いことからダイエットに最適です。

中でもプーアル茶はもっともダイエット向きといわれ、ウーロン茶ほど胃に刺激を与えないことからも、ごくごく飲めるのがメリットといえます。

また発酵茶である紅茶もおすすめです。

特にショウガを入れた「しょうが紅茶」はダイエットに非常に向いています。

紅茶の抗酸化作用や、脂肪吸収を抑える効果に加え、ショウガの辛み成分であるジンゲロールには発汗作用や利尿作用があることから、ダイエットに最高の組み合わせといえるでしょう。

お好みで黒砂糖やハチミツを加えると、さらに飲みやすくなります。

もちろんウーロン茶も発酵されていますので、ポリフェノールが豊富に含まれ脂肪分解作用があり、ダイエットに向いています。

プーアル茶やウーロン茶は、脂っこい中華料理にまさにぴったりのお茶です。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ