美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ダイエット

普段の食事を何から食べるかによって、実はダイエットにつながることをご存知ですか?

基本は「野菜から先に食べる」です。

多くのタレントさんも実践していることで有名なこの「食べる順番ダイエット」、とても簡単ですのでぜひとり入れてみましょう。


■食べる順番が関係ある理由

最近の研究により、食事中の血糖値の上昇と肥満には大きな関わりがあることが分かってきました。

血糖値といえば糖尿病というイメージがありますが、健康体の人でも食事をすることで多かれ少なかれ血糖は上がります。

血糖値が急激に上昇すると、体脂肪を合成するホルモンが活発に分泌され、結果的に体脂肪を増やすことにつながってしまいます。

血糖値をゆるやかに上げるためには、先に糖分の少ない野菜から箸をつけ、最後に炭水化物を食べるのがもっとも効果的です。

食事内容ももちろん大切ですが、同時にこの順番を守ることで、太りにくい体を作ることができるのです。


■食べ方の例

まずは「いただきます」をしたら、前半は野菜を食べることに集中しましょう。

これまで「三角食べ」が正しいと習ってきましたが、ダイエットのためには先に野菜をやっつけてしまうことが重要です。

その後、お肉やお魚などのタンパク質に移ります。

それからご飯やパン、麺類などの炭水化物を食べましょう。

この方法を徹底しようと思ったら、自然と野菜が食卓に上るようになります。

また主菜もきちんと用意することになりますので、メニューとしてもバランスのとれたものになるはずです。

たとえば定食の場合、まずはサラダや付け合わせの野菜から箸をつけます。

お味噌汁のある場合、汁だけを飲むのもOKです。

次に味噌汁の具、お肉もしくはお魚、最後にご飯という流れになります。

カレーライスの場合も、サラダを用意することが大切です。

まずはサラダを食べてから、カレーに移りましょう。

焼肉の場合、サンチュや焼き野菜から食べ始め、その次にお肉、ご飯です。

たったこれだけの工夫ですので、誰でも簡単にできると思います。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

女性なら月に1度は来る生理。

生理中って、何だか気分がすぐれないし、お肌の調子も今ひとつだったりと、人によって違いがありますが、不快な症状が多いです。

生理前や生理中は甘い物が無性に食べたくなるという人も多いはず。

では、生理中のダイエットはどのようにしたら良いのでしょうか?

女性の体は、生理前の1週間から生理中にかけて、ホルモンのバランスが大変不安定になります。

それは、プロゲステロンという黄体ホルモンが通常よりも多く分泌される為です。

このプロゲステロンは脂肪を蓄積しやすくしたり、水分を溜め込みやすくしたりする働きがあるため、ダイエットには悪影響を及ぼします。

生理中、むくみが起こりやすくなったり、イライラや肌荒れなどを起こすのも、このプロゲステロンの影響なのです。

食欲も増す場合も多いので、体重が減らないどころか、逆に1~2kgぐらい増えてしまったなんてこともあるのです。

なので、普段よりも代謝機能が落ちているこの時期にダイエットを行うことは、あまり向いていないと言えます。

ただでさえ生理中はイライラするのに、体重が思うように減らないことで余計にイライラしてストレスを溜めてしまうなんてことは嫌です。

では、ダイエット中の生理期間はどのように過ごせば良いのでしょうか?

この時期は痩せることに焦るのではなく、自分の体調と相談しながら軽く体を動かす程度のエクササイズをしたり、気分転換を兼ねてウォーキングをしたりというように、なるべくストレスを溜めないということを大事にして過ごしましょう。

そして生理が終わり。。。

そこからがダイエットのチャンスです!

なぜかと言うと、生理が終わってから2週間のうちは、エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、心も体も快調で、痩せやすい時期に入るからです。

この時期に、運動、特に有酸素運動をすれば、内臓脂肪を効率良く使うことができるので、積極的に体を動かしましょう。

食欲も生理前と比べると落ち着いてくるので、間食を避けたり、バランスのとれた食事を心がけます。

生理後にきちんとしたダイエットを始めることで、結果が現れやすくなります。

このような事を少しでも知って、憂欝な生理ともうまく付き合って行ければ、結果としてダイエットを成功に導くことができるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

世の中には様々なダイエット方法があります。

でも、何かをきっかけに爆発的に人気が出たもののいつの間にか忘れられてしまった…

なんていうものも少なくありません。

そんな中、今だに根強い人気があるのがヨガです。

ホットヨガ、パワーヨガ、最近では、フェイスヨガなど様々な種類のヨガがありますが、なぜヨガがダイエットに良いのでしょうか?

まず、ヨガをすることによって体は血行が良くなり温まります。

そして、酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれて、体の緊張感、コリなどが徐々にほぐれていきます。

リンパの流れも良くなるので、老廃物の排出がスムーズになっていきます。

また、神経系に作用したり、ホルモンの分泌を促したり、免疫力を上げたり、人間が本来持っている自然治癒力を高めたりと、ヨガを続けるうちに、体に様々な良い変化が起こってきます。

ヨガはストレッチと似たようなものだと考えられがちですが、ストレッチとは決定的に異なる点があります。

それは、ヨガのポイントが呼吸にあるということ。

ゆったりとした複式呼吸で副交感神経を優位にし、気持ち良さを味わいながら、呼吸に合わせてカラダがほぐれてくると、不思議な事に心も穏やかに柔軟に変化してきます。

ヨガは体だけでなく、精神面にもとても良い影響を与えるのですね。

ゆったりとした気持ちで1日5分でも続けていくことが、ヨガダイエットによって痩せる近道です。

全く衰えることのないヨガ人気の理由は、ダイエット法としてのヨガの効果が確かなものであること、そして体や心の不調をケアしながら健康的に痩せることができるということになるでしょう。

無理をせず、ゆっくりマイペースにヨガでダイエットしてみませんか?


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

寒い季節は、体が温まる食べ物が恋しくなります。

そこで、この冬にピッタリの美容ドリンク「生姜ココア」をご紹介します。

生姜とココアの組み合わせには、体全体を効率良く温めて、基礎代謝を上げる効果と血液をサラサラにする、という二つの効果があります。

生姜の効果は、皆さんご存知の通り、体を温める作用です。

生姜に含まれる成分、ジンゲロール、ショウガオールが血行を良くし体を温め新陳代謝を活発にします。

生姜の温熱作用には即効性、持続性があり、中でも体の上半身に効果が現れます。

逆にココアは、足首やつま先などの下半身を温める効果があります。

ココアに含まれる、カカオポリフェノールが血流を促進して、冷えを軽減すると考えられています。

更に、カフェインの仲間であるギャバという成分には、ストレスを和らげ、リラックスさせる効果があります。

ココアを飲むと、ホッとするというのは、この成分の働きによるものです。

そんな美容に効果抜群の、生姜ココアの作り方を紹介します。


【生姜ココア】

材料( マグカップ1杯分 )

★黒糖(上白糖等でも可)  小さじ山盛り1~2杯
★純ココア         小さじ山盛り2杯
★すりおろし生姜(皮ごと) 小さじ1杯
牛乳or豆乳(お湯でも可) 150ml程度
シナモン(お好みで)


作り方

①マグカップに★をすべて入れ、牛乳(豆乳)のうち50ml程を注ぎ、 レンジ600Wで30秒チンして、よく混ぜます。

②①に残りの牛乳(豆乳)を注ぎ、レンジ600Wで1分30秒チンします。

よく混ぜて、出来上がりです。

※お好みで、シナモンをトッピングしても良い。

この生姜ココアの飲み方は、1日に1~2杯を温かいうちに、朝と夜に飲むのが効果的です。

特に朝がオススメです!

なぜなら、朝の体温が1℃上がると、1日の基礎代謝が14%も上がると言われていて、太りにくい体になれます。

よく、冷えは万病のもとと言います。

体を温め、リラックスさせてくれる生姜ココア。

どちらも手軽に手に入る食材です。

この冬の健康ドリンクとして、試してみてはいかがでしょうか?


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

白いご飯、ラーメン、ポテト、パスタは美味しいです。

これらはすべて炭水化物でできています。

この炭水化物を摂る量を減らすダイエットが「炭水化物ダイエット」です。

炭水化物ダイエットは効果が高いと女性達からとても評判です。

しかし…
炭水化物は体のエネルギーとなる栄養素です。

その炭水化物を減らして健康には影響がないのでしょうか?

今回は炭水化物ダイエットについてご紹介します。

炭水化物ダイエットは炭水化物を抜くダイエットなので健康面が気になります。

炭水化物を摂らないと、

・集中力低下

・やる気がなくなる

・肝臓が悪くなる

というような体の異常があらわれるようになってしまいます。

なので、完全に炭水化物を抜くことは危険です。

しかし、炭水化物ダイエットはすべての炭水化物を抜くのではなく、高炭水化物を抜き低炭水化物を摂るようにするダイエット法なので健康を損なうことはありません。

炭水化物ダイエットで摂取していい炭水化物は20gです。

この量を超えないように2週間食事を制限します。

こうすることで体の脂肪がどんどん分解されていき、痩せやすい体質へと変化していきます。

低炭水化物とタンパク質、脂質が摂れるようにレシピなどを工夫してみてください。

食事制限をするとどうしても、貧血を起こしたり栄養失調になる可能性が高いですが炭水化物ダイエットなら体調を崩すことなく、スラっとした体を手に入れることができます。


おすすめ!!
低炭水化物ダイエット







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットすると、どうしてもバストも一緒に痩せてしまう人が多いと思います。

しかしバストアップの意識を高めることで、胸のサイズは保つことが可能です。

一般的に、バストよりもお腹のお肉のほうが先に落ちますので、短期的なダイエットを定期的に繰り返すのもコツです。


■バストにいい食べ物をとろう!

ダイエットで胸を小さくすることを防ぐためには、過度な食事制限を避けることです。

体に必要な栄養素が不足すると、胸のサイズダウンにつながります。

ダイエットに良く、しかもバストアップに効果がある食べ物といえば、何といっても大豆製品です。

大豆イソフラボンは「植物性エストロゲン」ともいわれるほど、女性ホルモンと似たはたらきをもつことで知られています。

エストロゲンは女性らしい丸みのある体つきを作るホルモンですので、ぜひ納豆や豆腐、豆乳や枝豆などをメニューにとり入れましょう。

大豆イソフラボンほどではありませんが、植物性エストロゲンを含む食材としてはトウモロコシや小麦などの穀類、ジャガイモ、にんじん、ほうれん草といった野菜もあります。

さらに、エストロゲンの手助けをするポロンという成分も大切です。

リンゴ、ぶどう、桃、梨などの果物や、生のキャベツなどに含まれています。

特にダイエット中は、生キャベツのサラダ(コールスローなど)を積極的にとるとウエイトダウン&バストアップに最適といえるでしょう。


■バストアップしながらダイエットしながらダイエット

食べ物に気をつけつつ、バストアップのエクササイズもおこないましょう。

胸の筋力をきたえることで、ダイエット中でも胸をキープすることができます。

もっとも基本となるポーズは「合掌」です。

両手をバストの正面からなるべく離した位置で、しっかり合わせ、両手を押し付けるように力を入れます。

10秒押して5秒休む、を10~20回続けましょう。

またダンベル体操もバストアップに効果的です。

500ミリリットルのペットボトルに水を入れたものを2つ用意し、仰向けに膝を立てたまま寝ます。

両手を真横に置いてペットボトルを持ち上げ、息を吸いながらバストの真上まで持っていったら、息を吐きながら戻しましょう。

これを15回繰り返してください。

努力次第でバストアップとダイエットは同時進行できます。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

寒い季節は、お風呂に入って体の芯まで
温まりたくなります。

そんな時は「温浴ダイエット」はいかかでしょうか。

普段何気なく入っているお風呂ですが、
少しの意識でダイエット効果が得られるとしたら
何だか得した気分になれます。

入浴がダイエットに有効な理由は、
汗と一緒に毒素が排出されることで、
デトックスしやすい体質になるからです。

また、体の芯から温まって汗をかく入浴は、
体全体の代謝が良くなり、
基礎代謝量をアップさせる効果も期待できます。

お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に
脂肪を効率良く燃やせる体=痩せやすい体質
に繋がるというわけです。

では、温浴ダイエットの方法&効果をご紹介します。


【ぬるめのお湯に長くつかってカロリー消費】

温浴ダイエット最大のポイントは、
無理をせずじっくりとぬるめのお湯に長く浸かることです。

39~40℃のお湯に、みぞおちまで
湯船につかり20分程度半身浴します。

38度であれば30分入ってみてください。

これからの寒い冬場は体が冷えないように
肩にタオルをかけましょう。

また、発汗作用の高いソルト系入浴剤を入れるのも効果的です。

個人差はありますが、
だいたい70~100kcal消費することができます。

これは25分間ウォーキングしたのと同じ値になります。


【空腹を抑えることで摂取エネルギーが減る】

温浴をすることによって、
カロリーを消費するだけでなく、食欲を抑える効果もあります。

お湯に浸かることで、皮膚の血管が拡張し、
胃腸の血管が縮小していきます。

この働きによって胃の動きが止まり、
食欲が減少するのです。

食前に入れば食べ過ぎることもなくなると思います。


【水を飲む】

入浴の前後に水を飲んで下さい。(各コップ一杯程度)
水分が不足すると尿が濃縮され、腎臓を悪くする可能性もあります。

入浴後の飲み物は常温にすることがポイント。

湯上り直後に冷たいものや熱いものを飲むと
胃に刺激を与えてしまうので注意してください。

毎日入るお風呂タイムを有効に使いましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

子供の頃、フラフープで遊んだ記憶ありますか?

ウエストあたりで、プラスチックの輪を
ぐるぐる回すおもちゃです。

実はそのフラフープ、
ウエストの引き締めにとても効果が
高いことはご存知ですか?

アメリカのフィットネスクラブではすでに
必須のアイテムですが、日本では少し前に
各メディアが報道し、一躍フラフープ人気が高まりました。

フラフープは腰まわりの筋肉を集中的に使う運動ですが、
これが体の「コア」を鍛えることになるのです。

コアとは、骨盤周りのインナーマッスルのことで、
内腹斜筋や腹横筋、骨盤底筋群などを指します。

このコアが活性化されると、
腹圧が高まり、ウエストラインが細く引き締まってきます。

また、体の中心軸がしっかりしてくるので、
下垂ぎみの内臓も定位置に安定させることができ、
メタボ解消にも繋がります。


フラフープを回す時のコツは、

・体を力ませない。リラックスさせて背筋を伸ばす。

・お腹周りに、フラフープがくっついて回るのをイメージしながら、
  回す方向に少し勢いをつけて回す。

  この時、膝を少し曲げるとバランスが取りやすい。

・リズムよくお腹周りを意識しながら回す。

フラフープにも色々な種類がありますが、
凹凸があるものはお腹周りの脂肪のマッサージ効果が
高くなるのでお勧めです。

自宅でテレビを見ながら、
音楽を聴きながら、
まずは10分くらいずつ続けていきましょう。

そのうちに
ぽっこりお腹が引き締まってくるのを実感できるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ぽっこり下腹解消したい。

キュッ!とくびれたウエストって美しいです。

女性らしさの象徴のようで憧れます。

「そんな風に私もなりたい!」

と思う気持ちとは裏腹に年々ぽっこりしてくるお腹。

ご飯を食べて数時間経つのに、
いつまでも下腹がぽっこりしている・・・

そんなぽっこり下腹の原因は何なのでしょうか?

大事な臓器が集まる下腹部は、外の温度変化や
刺激を防ぐために、しっかりと皮下脂肪がついている部分です。

しかも、この重い内臓を支えているのは腹筋。

腹筋が弱くなると、内臓を支えていられなくなり、
ぽっこりとお腹が出てしまうという訳です。

なので、ぽっこりお腹を解消するには、

〈脂肪を燃焼せることと、腹筋を鍛えること〉

が必要不可欠なのです。

腹筋トレーニングはもちろん、
ウォーキングやヨガなどの有酸素運動や、
"鼻から息を吸ってお腹を膨らまし、
口から息を吐いてお腹をへこませる"
腹式呼吸をやってみるのも効果的です。

「腹筋トレーニングはキツイから苦手」

という方も多いと思いますが、
毎日無理なく続けられる程度の運動量でも
腹筋を鍛えることはできるんです。

手軽に出来る腹筋トレーニングをご紹介します。


①仰向けに寝てひざを立て、
 両手はお腹の上にのせておく。

②息を吐きながらゆっくりとおへそをのぞきこむ。

  おへそが見えたらその位置で3秒ほどキープ。

③腹筋がプルプルと震えるのを感じてください。

  その後、ゆっくり上半身を戻します。

毎日無理なく続けて、引き締まったウエスト手に入れましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ダイエットと脚やせスラリと伸びた脚。

憧れます。

足首がキュッとして、

ふくらはぎ、太ももは適度に引き締まっている。

そんな美脚になりたいと思いませんか?

でもいくらダイエットをしても、
なぜか脚だけは細くならない・・・

と、感じた事ありませんか?

実は「ダイエット」と「脚やせ」
というのは、根本的に全く違うものなのです。


ダイエットとは、

○有酸素運動で脂肪を燃焼させる

○筋トレによって筋肉量を増やし、
 基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させやすい体にする

○食事制限
と、ザックリですがこのようなことです。


一方、脚やせに必要なことは、

○体を冷やさないこと

○老廃物を毎日出すこと

この2点です。

脚が太る最大の原因は「むくみ」です。

むくみというのは、老廃物が溜まって
脂肪がどんどんついて太くなる、という悪循環です。

脚がむくむ原因は「疲れ」と「冷え」にあります。

脚が疲れる、冷えることが原因で、
老廃物が溜まりむくみになってしまうのです。

むくみをとるのにはリンパマッサージが効果的です。

自宅でも簡単に出来るので、
手軽に取り入れることが出来ます。

簡単リンパマッサージを紹介します。

1. 足裏を押す 
  両手で足裏を包み込むようにして、
  親指を使って足裏全体をまんべんなく押します。

2. 足の甲を押す
  足裏と同様に甲側も押してください。

  足の甲には大切なツボが沢山あるので丁寧に。

3. 足指を揉む
  足指を1本ずつ、手でつまみながら揉みます。

4. ふくらはぎをさする
  足首からひざ裏のリンパ節まで、
  左右の手を交互に使いさすり上げる。

5. 太ももをさする
  太ももの内側を、ひざから足の付け根に
  向かって左右の手で交互にさする。

  太ももの外側も同様に。
  リンパマッサージでスラリ美脚も夢じゃないです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ