美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ツボ押し

一気に老けた印象を与える、ほうれい線。

しかし、一度できてしまったからといってあきらめることはありません。


正しいケアをすれば、ある程度は消すことができるのです。

そこで、自宅でできる簡単なツボ押しの方法をご紹介します。


顔のお肌はデリケートですので、優しくゆっくりと押していきましょう。



1.巨りょう(こりょう)

小鼻(鼻のもっともふくらんだ部分)の外側と、黒目の下からまっすぐに下ろした線が交わる場所にあります。


5秒間ゆっくりと押して、離しましょう。

笑う時に頬を引き上げる筋肉をきたえることができます。



2.迎香(げいこう)

小鼻のすぐ脇にあるツボです。

鼻水や鼻づまりなど、鼻の諸症状を抑えるほか、お肌にハリを与えるツボともいわれています。

5秒間ゆっくりと押しましょう。



3.地倉(ちそう)

口角の外側(0.5~1センチ)にあるツボです。

口角を上げるように、上向きに5秒間押します。

ほうれい線はもちろん、歯痛や口内炎にも効くといわれています。



4.下関(げかん)

耳穴の内側、少しくぼんだところにあるツボです。

口を開ける時に盛り上がりますので、探しやすいと思います。

ここも5秒間、ゆっくりと押しましょう。

ほうれい線や顔のむくみを改善するほか、耳鳴りにも良いといわれるツボです。



5.散笑(さんしょう)

ほうれい線のちょうど真ん中あたり、鼻と口の中央にあるツボです。

たるみ防止に効き目があるといわれています。

5秒間押してみてください。


いずれのツボも、息を吐きながらゆっくりと押していき、離す時もゆっくり緩めるのがポイントです。


爪を立てず、指の腹を使いましょう。


朝のスキンケア時と、夜のおやすみ前におこなうのがもっとも効果的です。

簡単にできますので、ぜひ場所を覚えてトライしてみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

難聴を改善するためには、手術や補聴器、人工内耳などの方法がありますが、東洋医学的に「ツボ」を刺激するという方法もおこなわれています。

特に原因が不明の突発性難聴において、効果があらわれる人も多いようです。


■難聴に効くツボとは?

突発性難聴では、おもにステロイド剤による治療が一般的です。

一定の効果が上がっているのですが、副作用も強いことから長期的に使用することに不安を覚える患者さんも多いものです。

特に妊娠中などは、他の治療法を検討する必要があります。

そこで、自宅で気軽にできる方法としてツボ押しがおこなわれています。

耳周辺の血行を良くし、難聴の改善をはかるもので、人体に安全な方法として人気を集めているようです。

代表的なツボに「耳門(じもん)」と「百会(ひゃくえ)」があります。

口を大きく開けた時、耳の穴のすぐ横に凹む箇所が耳門です。

百会は頭のてっぺんにあるツボで、難聴のほか多くの症状を軽快するといわれています。

また後頭部にも、後ろ髪の生え際の上に、左右2点の「天柱(てんちゅう)というツボがあります。

おもに精神的ストレスからくる難聴に効果があるとされています。


■爪もみ療法

手のツボ押しも、難聴やめまい、耳鳴りに効くといわれます。

その1つが最近、健康法として人気の「爪もみ」です。

指先には神経線維が集まっているため、爪の両側をもむことで聴神経にも良い刺激を与えると考えられています。

耳鳴りや難聴には中指、めまいには自律神経を整える小指が良いようです。

ただし薬指だけは交感神経につながるため、小指で自律神経を整えた後ではその効果を消し去ってしまうことから、刺激しないほうが良いとされています。

その他、手首にある「外関(がいかん)」というツボも、副腎に作用することから、難聴や耳鳴りに効果的といわれます。

手首の中央から指3本分、ヒジ側に進んだところにあるツボです。

就寝前などリラックスした時に、自分で押してみると良いでしょう。

東洋医学や漢方を扱っているクリニックや鍼灸院などでも、ツボ押しの指導を受けられることがあります。


おすすめ!!
難聴改善プログラム「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ