美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ニキビ効果

ニキビ跡をきれいに消すためには、何よりニキビができた時に自分で触らず、皮膚科に駆け込むのがもっとも確実といわれています。

もちろん、すでに出来てしまったニキビ跡も、皮膚科で治療することが可能です。


■ニキビ治療は保険適用!

「ニキビができたら皮膚科へ」というテレビCMが一時期流されていましたが、実際はまだまだ自分でケアするもの、という考え方が根強いようです。

しかし自己流の治療法では、思うような効果が得られないこともありますし、場合によっては症状を悪化させてしまう可能性もあります。

美容に意識の高いタレントさんのブログなどを見ていても、ニキビや吹き出物ができた時は、絶対に触らずに皮膚科へ行く人が多いようです。

その積み重ねがあってこそ、きれいな肌を保てるのでしょう。

できれば炎症が悪化したり、ニキビ跡が残るより前に皮膚科に相談するのがおすすめです。

ニキビの治療は保険適用ですが、ニキビ跡になると審美的な意味合いが強くなるために、自由診療となってしまうことがあります。


■ニキビ跡にはレーザー治療も

そもそもニキビは「尋常性ざ瘡」という病名がついた、立派な肌の疾患です。

2008年には、世界中でニキビ治療に用いられている「ディフェリンゲル」という薬が、日本でも認可されました。

ニキビ跡に対しても、ビタミンC剤や外用薬を処方してもらえるほか、自由診療にはなりますが、ケミカルピーリングやレーザー治療などの方法もありますので、ぜひ一度相談してみましょう。

特にレーザー治療は、クレーター化したニキビ跡もなめらかにする効果があり、薬ではなかなか治せない
肌の凹凸に悩む人には最適です。

フラクショナルレーザーという新しい治療法では、ダウンタイムも非常に短いといわれています。

ニキビは肌の病気の一種であることをしっかり認識し、できるだけ早い段階で皮膚科にかかりましょう。

そのほうがより安く、きれいに治すことができます。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

世界的なスキンケア会社である「ユニオンスイス社」が開発した「バイオイル」という商品が、ニキビ跡に効果があると評判です。

もともと傷跡や妊娠線をケアするための商品として親しまれてきましたが、その保湿力の高さから、乾燥しがちなニキビ跡にも最適といわれています。


■独自開発のピュアセリンオイルを使用

バイオイルは、お肌の角質層の奥深くまでスッと浸透する、ロングセラーの保湿オイルです。

すでに完治した傷跡や、妊娠によるストレッチマークを保湿ケアするための商品で、お肌を柔らかくしてきれいにする効果が認められています。

独自の研究開発から誕生した「ピュアセリンオイル」を配合。

オイルなのにベタベタせず、サラッとした使い心地が特徴です。

傷跡ケアのほか、乾燥による小じわやニキビ跡も目立たなくさせる効果があり、ニキビ肌の人にも非常に人気の高い商品なのです。


■ニキビ跡には念入りに塗り込む

バイオイルの使い方は簡単です。

朝晩のスキンケア時、化粧水の後に1~2滴を手に取り、薄く伸ばしてから顔につけます。

小じわやニキビ跡がある場所には、さらにしっかりと重ねづけをして、指の腹で押し込むようになじませるのがポイントです。

美容液や乳液は基本的に必要ありませんが、どうしてもという場合はバイオイルを塗った後に使います。

先に使ってしまうと、バイオイルが浸透しきれずに肌の表面に残ってしまうため気をつけましょう。

もしくはニキビ跡ケアとして、顔の一部にのみ塗るのもOKです。

その後は、普段のスキンケアをおこないましょう。

バイオイルは60mlで1,688円、125mlで3,199円と価格もお手頃なのがうれしいところです。

乾燥して硬くなりがちなニキビ肌は、しっかり保湿をして柔らかくすることが欠かせません。

ぜひ毎日のスキンケアの一環にとり入れてみてください。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア


バイオイル 60ml (1個)
バイオイル



Bioil バイオイル 125ml 正規代理店商品
バイオイル


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ