美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:ニキビ跡

鼻はただでさえニキビができやすい上に、ニキビ跡ができると目立ってしまうため早急に手を打ちたいものです。

正しいケアをして「ニキビができにくい鼻」を作りましょう。


■鼻にニキビができやすい理由

鼻は、その皮膚環境からニキビができやすいといわれています。

あぶら取り紙で真っ先に鼻を押さえる人が多いことからも分かるように、鼻はニキビの原因となる皮脂が多く分泌される場所です。

しかし毛穴が比較的大きいので、皮脂が詰まりにくいはずなのですが、顔の中でも飛び出した形状となっているため、つい手が触れて雑菌がつきやすい上、紫外線の影響も受けやすいというデメリットがあります。

さらにニキビができると目立つ場所なだけに、ついついファンデーションやコンシーラーで隠してしまい、皮脂と混ざって毛穴に詰まりがちです。

つまりニキビの菌が繁殖するのに好都合な環境となっているのです。

また紫外線は活性酸素を含んでいるため、ニキビを酸化させる作用もあります。

そうなると鼻の黒ずみにつながり、いわゆる「イチゴ鼻」になってしまいます。

鼻にニキビ跡を作らないためには、過剰な皮脂分泌を抑えることと、UV対策をしっかりおこなうことが大切といえそうです。


■皮脂は取ってはいけない!?

鼻のテカリが気になって、ついあぶらとり紙で吸い取ってしまう人は多いのですが、これはむしろ逆効果です。

皮膚が、水分が足りないと判断して分泌するのが皮脂ですので、取り去るのではなく、補ってあげることが正しいケアになります。

そのため、鼻の保湿に力を入れましょう。

鼻ニキビができやすい人は特に、保湿効果の高い化粧品でしっかりケアをすることが大切です。

「鼻は十分うるおってるから、水分はいらない」と思ってはいけません。

また、鼻は汗で日焼け止めが流れやすいため、こまめに紫外線対策をしましょう。

活性酸素によるニキビの酸化を防ぐためには、ビタミンCを意識して摂取するのがおすすめです。

食材やサプリからとるほか、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使い続けると紫外線に強い肌に変化していきます。

もちろんそれらに加えて、十分な睡眠時間をとり、糖分・油分をとりすぎないことも同じくらい重要です。

生活習慣と皮脂分泌には大きな関わりがありますので、気をつけましょう。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ニキビ跡ケアに使えるクリームを探している人も多いと思います。

市販のシミ消しクリームや、化粧品のクリーム、クリニックで処方してもらうクリームなどさまざまですが、ニキビ跡を確実に良くするためにはやはり目的に特化したもののほうが効果は高いでしょう。


■市販のシミ消しクリームの効果は?

最近、傷跡やシミを消すための市販薬が、ニキビ跡にも良いのではないかとウワサになっています。

たとえば小林製薬から出ている「ケシミンクリーム」や「アットノン」などです。

ケシミンクリームには、美白効果のあるビタミンC誘導体が配合されているため多少なりともニキビ跡が薄くなったという声はあるようです。

アットノンは、既に治った傷跡を目立たなくさせる効果があるのですが、基本的に顔への使用が禁止されています。

特に刺激が強すぎるというわけではないのですが、顔におけるチェックがおこなわれていないのが原因のようです。

人によっては、かぶれや赤みを引き起こす可能性もありますので気をつけましょう。

これらのクリームは、まったく効果がないというわけではないものの、やはりニキビ跡という特殊な症状に合わせた商品ではないため、十分な効果があるかといえば疑問が残ります。


■ハイドロキノン配合のクリーム

ニキビ跡を消すには、相応のクリームを選んだほうが無難です。

たとえばニキビ肌に評判の高い「ビーグレン」には、「ホワイトクリームex」という美白クリームがあります。

このクリームは、美白における世界のスタンダード成分ともいえる「ハイドロキノン」を1.9パーセント配合。

それをビーグレン独自のテクノロジーで、しっかりお肌に浸透させます。

ハイドロキノンは、あまり濃度が高すぎると副作用も強いことから、日本では5パーセント以上は危険とみなされています。

ビーグレンのクリームは、低い濃度でもしっかりお肌にはたらきかけることができ、高い評価を得ています。

ハイドロキノンは、メラニン生成に関わる「チロシナーゼ」という酵素のはたらきをブロックする作用があり、皮膚病の治療薬としても用いられています。

ニキビ跡の色素沈着などに高い効果が期待できますので、どうせ使うなら、こういったクリームを選ぶことをおすすめします。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年に日本でも認可が下り、保険適用となったニキビ治療薬が「ディフェリンゲル」です。

赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビなど、ほぼすべてのニキビに効果があり、皮膚科で多く処方されています。

ニキビ跡を残さないためにも、ニキビができた時には絶対に触らずにぜひ皮膚科へ駆け込んで処方を受けましょう。


■ディフェリンゲルの作用

ディフェリンゲルは、目には見えない小さな毛穴の詰まりや、初期段階のニキビに作用し、進行を防ぐ作用があります。

炎症の強い赤ニキビでも、早くにディフェリンゲルで治療をおこなえば進行を防ぐことが可能です。

そもそもニキビは、「微小面ぽう」と呼ばれる微細な毛穴の詰まりから始まります。

そこにニキビができると、初期段階の「面ぽう」となり、徐々に進行していくことになります。

ディフェリンゲルは、この2種類の面ぽうに作用する薬です。

使う時期が早ければ早いほど効果がありますので、早期の治療が大切になります。

使い方としては、おもに1日1回、就寝前の洗顔後に、適量を患部に塗布します。塗った後はすみやかに手を洗いましょう。


■ニキビ跡には効果があるのか?

ディフェリンゲルはニキビ治療薬ですが、ニキビ跡にも一定の効果があるといわれています。

有効成分である「アダパレン」は、ビタミンA誘導体と同じような性質をもつためお肌のターンオーバーをうながし、肌を柔らかくする作用があります。

そのため、ニキビ跡を薄くすることも多少できると考えられます。

しかし、あくまで進行中のニキビの改善、もしくはこれからできるニキビを予防するための薬ですので、ニキビ跡が残る前に使用するのが基本です。

ニキビ跡をきちんと消したい場合は、皮膚科で専門の治療について相談してみましょう。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自宅でできるニキビ跡の治し方としては、
正しいスキンケアや、食事によるインナーケアが中心となります。

ここでは、基本的なニキビ跡のケア方法についてご紹介します。


■ニキビ跡に効くスキンケアとは?

まずは正しい洗顔から始めます。

洗顔料をつける前に、予洗いとして
顔をぬるま湯で濡らしておくのがおすすめです。

こうすることで、余分な皮脂汚れやホコリなどを浮かせることができ、
その後の洗顔の効果が高まります。

洗顔料は、スクラブ剤や界面活性剤の入ったものは
刺激が強いため避けましょう。

できるだけ天然成分を使った、
マイルドな商品を選びたいところです。

そしてよく泡立て、泡で肌を包み込むように
優しくマッサージしながら洗います。

特にニキビのできやすいTゾーンや
こめかみなどをしっかり洗いましょう。

十分にすすぎ、タオルで押さえるようにして水分を吸収させます。

その後、乾燥が始まる前に保湿効果の高い化粧品でケアをおこないます。

コラーゲンやヒアルロン酸、また美白効果のある
ビタミンC誘導体を配合した化粧水がおすすめです。

ニキビ跡のあるお肌には、パッティングして叩き込むのではなく、
優しく指の腹で入れ込むようにしてつけていきましょう。

しっかり化粧水をお肌に閉じ込めたら、
浸透力の高い美容液をじっくりお肌に入れていきます。

その後、乳液やクリームでフタをして完成です。


■お肌のターンオーバーをうながす食事を

ニキビ肌の人は、脂質や糖質のとりすぎに
十分気をつけることが必要です。

皮脂を過剰に分泌させ、毛穴を詰まらせるため
ニキビができやすくなってしまいます。

アーモンドやピーナッツなどの食べ過ぎにも気をつけましょう。

また、すでにニキビができている時は辛い食べ物も良くありません。

ニキビ跡に良い食材としては、新陳代謝をうながす作用のある
ビタミンA・B・C、そしてコラーゲンが最適です。

ビタミンAは、ウナギやレバー、かぼちゃ、
ニンジンなどに多く含まれます。

ビタミンBは、マグロやカツオ、納豆など、
ビタミンCは緑黄色野菜やかんきつ類が代表的です。

特にビタミンCはビタミンAと同時摂取することで吸収が良くなります。

コラーゲンは、牛スジや鶏肉、ウナギやカレイなどに含まれます。

また鍋物やスープに溶かせる「コラーゲン玉」も
売られていますので、ぜひ定期的に活用したいものです。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鼻はただでさえニキビができやすい上に、
ニキビ跡ができると目立ってしまうため早急に手を打ちたいものです。

正しいケアをして「ニキビができにくい鼻」を作りましょう。



■鼻にニキビができやすい理由

鼻は、その皮膚環境からニキビができやすいといわれています。
あぶら取り紙で真っ先に鼻を押さえる人が多いことからも分かるように、
鼻はニキビの原因となる皮脂が多く分泌される場所です。

しかし毛穴が比較的大きいので、皮脂が詰まりにくいはずなのですが、
顔の中でも飛び出した形状となっているため、つい手が触れて雑菌がつきやすい上、
紫外線の影響も受けやすいというデメリットがあります。

さらにニキビができると目立つ場所なだけに、ついついファンデーションや
コンシーラーで隠してしまい、皮脂と混ざって毛穴に詰まりがちです。

つまりニキビの菌が繁殖するのに好都合な環境となっているのです。

また紫外線は活性酸素を含んでいるため、ニキビを酸化させる作用もあります。

そうなると鼻の黒ずみにつながり、いわゆる「イチゴ鼻」になってしまいます。

鼻にニキビ跡を作らないためには、過剰な皮脂分泌を抑えることと、
UV対策をしっかりおこなうことが大切といえそうです。



■皮脂は取ってはいけない!?

鼻のテカリが気になって、ついあぶらとり紙で吸い取ってしまう人は
多いのですが、これはむしろ逆効果です。

皮膚が、水分が足りないと判断して分泌するのが皮脂ですので、
取り去るのではなく、補ってあげることが正しいケアになります。

そのため、鼻の保湿に力を入れましょう。

鼻ニキビができやすい人は特に、保湿効果の高い化粧品でしっかり
ケアをすることが大切です。

「鼻は十分うるおってるから、水分はいらない」と思ってはいけません。

また、鼻は汗で日焼け止めが流れやすいため、
こまめに紫外線対策をしましょう。

活性酸素によるニキビの酸化を防ぐためには、
ビタミンCを意識して摂取するのがおすすめです。

食材やサプリからとるほか、
ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使い続けると
紫外線に強い肌に変化していきます。

もちろんそれらに加えて、十分な睡眠時間をとり、
糖分・油分をとりすぎないことも同じくらい重要です。

生活習慣と皮脂分泌には大きな関わりがありますので、気をつけましょう。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ