美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:バスト

貧乳と呼ばれ、悩んでしまうのがAカップのバスト。

どうしても気になる場合は豊胸手術も1つの手ですが、
日常の工夫次第でグラマラスに見せることもできます。

そのためにも下着や姿勢、お洋服などを今一度見直してみましょう。


■下着の選び方とつけ方

最近ではバストを大きく見せてくれるブラジャーが
色々と発売されています。

Aカップに悩む女性は、それを活用しない手はないでしょう。

カップに厚いパッドが入っているものが多く、
自然な丸みを演出してくれます。

肩のあいたドレスなどに重宝される
ヌーブラもおすすめです。

それをブラジャーの中に仕込んでしまえば、
ナチュラルにグラマラス効果が出るでしょう。

その際は、1カップ上のサイズの下着を選んでください。

また、下着の選び方やつけ方だけでも胸の大きさは変わります。

まず脇からしっかりバストを持ち上げられるものを選びましょう。

サイドがしっかりしているものが最適です。

下着は、前かがみになってつけるのが基本です。

両脇からお肉をカップに集めるのはもちろん、
背中からもかき集めましょう。

しっかりカップにおさめたら、肩ひもを調節してチェックします。
脂肪は流動性ですので、この習慣を続けているだけでバストサイズが
アップすることも、まったく珍しいことではありません。


■姿勢やお洋服でもバストは変わります。

バストをふくよかに見せるためには、姿勢も大切なポイントです。

猫背になってしまうと胸が引っ込んでしまう上、おなかもポッコリします。

背筋を伸ばして、肩甲骨を寄せるように胸を張ることが大切です。

バストを支える筋肉をきたえることもできますし、ボリュームも出ます。

またお洋服も、小さめバストを隠そうと、ふんわりした服を着るのは逆効果です。

実は体にフィットした服のほうが胸は確実に大きく見えます。

上で説明したような下着のつけ方を実践したら、
ニットなどのピタッとした素材をぜひ身につけましょう。

さらにハイウエストのスカートを着用すると、
ウエストが締まったように見え、
相対的にバストが大きく見える効果があります。

Aカップは隠すより生かせ!といえるでしょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「妊娠するとバストって垂れるでしょ?」と
心配する女性は多いかもしれません。

しかし、もともとバストは
赤ちゃんのために授乳するための器官です。

妊娠・出産を迎えてこそ、
本来の役割を大いに発揮できるといえるでしょう。

また正しいケアさえおこなっていれば、
心配するほど大きな変化はないものです。

今では女性タレントたちも、きっちり赤ちゃんに授乳しています。

安心してミルクをあげましょう。


■妊娠中に起こるバストの変化は?

まず大きな変化としては、乳首の黒ずみがあります。

出産が近づくごとに色が濃くなっていきますが、
これには面白い理由があります。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目がハッキリ見えていないため、
大切な食べ物である母乳にありつくには、
乳首が目立っていなければいけないのです。

つまり赤ちゃんが見分けられるように、
あえて乳首は色濃くなっていきます。

これは授乳を終えた後、徐々に戻っていきますので心配はいりません。

どうしても戻りが悪いと感じる人は、授乳期間が終わった後に
ハイドロキノン入りのクリームを使ってみましょう。

そしてもう1つが、バストサイズが大きくなることです。

授乳に向け乳腺が大きく発達していき、
最終的には1~2カップはアップします。

授乳中はさらに母乳で胸が張って、
自分でも驚くほどグラマーになることも。

もちろん一時的なものですので、授乳期間が終わったらもとに戻ります。

その際、最初は反動で以前より小さ目になることもよくあることです。

心配しすぎず、大胸筋をきたえながらのんびり過ごしましょう。


■美しいバストを保つためには

妊娠・授乳によって心配なのが、バストの垂れ。

しかし胸の皮膚は伸縮性がありますし、
母乳をあげたからといって総崩れを起こすわけではありません。

まず大切なのは、下着をきちんとつけることです。

妊娠中・授乳中と、バストは段階を踏んで大きくなっていきますので、
その時々に合ったブラジャーでしっかり支えることが大切になります。

特に授乳中は、頻繁に胸を出さなくてはいけないため、
楽なブラばかりつけてしまいますが、授乳用のものでも
なるべくサポートしてくれるものを選びたいところです。

また母乳を作りすぎないことも、
皮膚を垂れさせないポイントという説があります。

最初は張って苦しいかもしれませんが、
赤ちゃんの飲むリズムに合わせましょう。

無理に絞ってしまうと、皮膚にかかる負担が増えてしまいます。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自分の正しいバストサイズを知ることは、
最適な下着選びの基本になります。

下着を新調するたびに、現在のサイズを測ることが大切です。

できれば人に測ってもらったほうが正確ですが、
自分でもコツを覚えればマスターすることができます。


■下着をつけたまま計測するのが良い

バストサイズを正確に測定するためには、
人によっては下着をつけたままのほうが良いといわれます。

これは加齢によって、バストが垂れたり、
横に流れてしまう人が多いからです。

若くハリのあるうちは裸のまま測ってもいいのですが、
自信がなくなってきた人は、
1番つけ心地のいいブラジャーをつけた状態で測りましょう。

鏡の前に立ち、姿勢をまっすぐにしてメジャーを持ちます。

背中から前にまわし、アンダーサイズの場合は
胸のふくらみのすぐ下にメジャーを置きます。

この際、鏡で水平になっているかどうかをかならず確認しましょう。

サイドや背中で斜めになっていると、数センチの誤差が生じてしまいます。

メジャーの重なったところに指を1本入れて、深く呼吸をします。

自然な状態だと感じたら、指で押さえて数字を見ましょう。

トップバストの時は、乳首の上を通るようにしてメジャーを水平にまわします。

まわしたら一度深呼吸をすることが、正確に測るコツです。


■下着は購入前に試着を

アンダーとトップの数字が分かったら、カップサイズが導き出されます。

しかし5センチ刻みですので、
人によってはどちらを選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

実際は商品によっても微妙に異なりますので、
購入前には試着をすることが大切です。

お洋服ならかならず試着をする女性も、
下着はカップとアンダーの数字だけで
パッと買ってしまう人も多いものです。

しかし美しいバストを保つためにも、
違和感のない下着をつけることが重要ですので、
ぜひ試着室を活用するようにしましょう。

本当に自分にぴったり合ったブラジャーをつけた時には、
どこにも違和感がありません。

少しでも「このへんがちょっと…」と感じる時は、
つけ方を見直すと同時にサイズを変えてためしてみましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ