美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:ボディスタ

ダイエットに成功できる人と失敗する人の違いとは、何なのでしょうか?

痩せやすいかどうか、といった体質的な問題は
ほとんど関係ないといわれています。

大切なのは、むしろメンタルな部分といえそうです。

逆にいえば、心の持ち方を変えることで
ダイエット成功の確率は上がるでしょう。


■目標をもつことの大切さ

「痩せたい」と思いつつもなかなかダイエットが続かない人たちがいます。

この「続かない」という点が、実はダイエットのカギをにぎっている部分です。

ダイエットのみならず、どんな挑戦においても成功するために必要なのは
「絶対、何としてでもやり遂げなければいけない」と思えることです。

「成功できればいいけれど、失敗してもまぁいいか」という
中途半端な気持ちではいずれ挫折してしまうのは仕方ないといえます。

実際、芸能人やモデルさんが良いスタイルを保っていられるのは、
彼女たちが「太ってはいけない仕事」だからです。

太ったら仕事がなくなると思えば、おそらく多くの人は努力できます。

産後の女性芸能人がきちんと体型を戻して復帰してくるのも、
一般女性より「痩せなければ仕事ができない」からではないでしょうか?

そんなふうに明確な目標があったり、
ある意味切羽詰まった状況にいれば
自然とダイエットは継続できる、ということになります。

しかし一般の人がそこまで自分を追い込むのは、わりと容易ではありません。

べつに痩せなくても生活の危機に直面しないからです。

なるべく目標をもつためにも、痩せたら着たい服を先に買っておいて、
つねに目に触れるところに吊るしておく、というのは1つのアイディアでしょう。

目標を見失わないよう、理想とするタレントさんの写真を飾っておくとか、
痩せたら挑戦してみたいことを書き、いつも見る
習慣をつけるのも役立つはずです。


■まずは期間を決めてがんばってみる

目標を掲げたら、とりあえず1ヶ月と期間を決めて続けてみましょう。

「○キロ痩せるまで」という体重の数値にこだわりすぎてしまうと、
なかなか見えないゴールに挫折し、途中でやめてしまうリスクが高まります。

1ヶ月間なら、何とか最後までやり遂げられる人は多いはずです。

その時点で落ちた体重を確認すれば、もう少しがんばろうと思えるかもしれません。

あまり最初から長期的な努力を自分に課さないほうが、ストレスなく続けられます。

おためしのつもりで、まずは期間限定でがんばってみましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お腹まわりのダイエットは、男女問わず切実な悩みです。

特に女性では、胃腸のほか子宮や卵巣などの
大切な臓器が詰まっている部分であるにもかかわらず、
骨がないために臓器を守るものがありません。

そのため、体は脂肪によって防御しようとするのです。

逆にいえば、ある程度のお腹の脂肪は体の
自然な自己防御といえるのですが、
明らかにポッコリしすぎているのは問題です。

効率的にお腹をダイエットするためのコツをご紹介します。


■ダイエット法は原因によっても異なる

お腹のダイエットをするには、
まず脂肪のついた理由を分析することから始めます。

単純に皮下脂肪がつきすぎている場合は、
有酸素運動をおこなって脂肪を燃焼させるのが効果的でしょう。

ウォーキングやエアロビクス、水泳などがおすすめです。

特に下腹がポッコリしている場合は、実は便秘による場合もあります。

頑固な便秘に苦しんでいる人は、
食物繊維のほか、酵素をたっぷり摂取しましょう。

一時期ブームとなった「朝バナナダイエット」は、
お通じを良くする効果がありますので、おすすめです。

また骨盤がゆるんでいることでも、
お腹まわりに脂肪が乗りやすくなります。

骨盤を引き締めるストレッチや、
整体・エステなどで矯正を受けるのも1つの方法です。


■冷えはお腹ダイエットの大敵

女性は冷えやすいといわれますが、
下腹部は特に冷えが起こりやすい部位です。

自分は冷えていないと思う方でも、
おへそから下に手をあててみるとひんやりすることはよくあるものです。

冷えているということは、血流が悪くなっている証拠ですから、
脂肪も燃焼しにくくなるどころか、セルライトがつきやすくなり
ますます痩せにくくなっていきます。

最近は冬でも、お腹や脚を冷やすようなファッションをしている女性が多いのですが、
女性は特に子宮まわりはしっかり温めましょう。

冷えは脂肪がつきやすいだけではなく、
不妊症の一因にもなりかねません。

夏もシャワーだけで済まさず、半身浴などでしっかり下半身を温めましょう。

体を締めつけすぎる下着も、血行を悪くすることから冷えの原因になります。

また余分な水分がたまっていることで、むくみから下腹部がふくらんでいる
人もいますので、リンパマッサージで老廃物を流すのも効果的です。

自分でもできますが、お腹まわりのリンパは複雑ですので、
専門のリンパドレナージュなどを利用するのがおすすめです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットしたいけれど、面倒なのは続かない…

そんなものぐさタイプな人には、日常の中で
簡単にできるダイエットが一番です。

「ついで」「ながら」にできるダイエット法をご紹介します。


■通勤途中やオフィスでできるエクササイズ!

特に夏になると、二の腕のたるみが気になってきます。

通勤・退勤時の電車待ち時間などを利用して、
バッグを使ったエクササイズをおこなってみましょう。効果は抜群です。

1.バッグを持ってまっすぐに立ち、持ったほうの腕を少しずつ後ろに上げます。

2.限界まで伸ばしたら、肩が動かないように固定してヒジから先を内側に曲げます。

3.曲げる、伸ばすを10回つづけましょう。左右いずれもおこないます。

バッグが重ければ重いほど、良い刺激を二の腕に与えることができます。

オフィスのデスクでこっそりできる太ももエクササイズもあります。

1.椅子の背もたれから背中を離して、お尻をやや浮かせるように座ります。

     両膝はこぶし大くらい空けておきましょう。

2.左右の膝と太ももがぴったり吸い付くように近づけていきます。

  特に内ももを意識しましょう。

3.そのままの状態で10秒キープし、5~6回繰り返します。

  背中がだんだん丸まらないよう気をつけてください。


■深呼吸ダイエット

さらに簡単なのが、正しい呼吸をすることです。

私たちが普段意識せずにおこなっている呼吸は、
実はダイエットと密接な関係があります。

正しい呼吸法を身につけると、脂肪が燃焼しやすくなり、
気づいたら何もしなくても痩せやすい体になるといわれています。

鼻から吸って鼻から吐きだします。

まず吸った時に、下腹部が8割ほど
ふくらんだところで一度息を止めましょう。

その後、また鼻から吸って限界までふくらませます。

次に、鼻からゆっくり糸を出すようなイメージで少しずつ息を吐きだします。

完全に吐きだしたと思っても、
実はまだ肺に空気が残っていることがありますので
さらに最後まで出し切ってください。

1呼吸につき12秒間はかけるのがルールです。

下腹部をしっかりふくらませ、しっかりへこませる、
つまり腹式呼吸が大切になります。

痩せにくい人は大体、胸だけで浅い呼吸をしていることが多いため、
正しい呼吸法をマスターして脂肪を燃えやすくしましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

普段の食事を何から食べるかによって、
実はダイエットにつながることをご存知ですか?

基本は「野菜から先に食べる」です。

多くのタレントさんも実践していることで有名なこの「食べる順番ダイエット」、
とても簡単ですのでぜひとり入れてみましょう。


■食べる順番が関係ある理由

最近の研究により、食事中の血糖値の上昇と肥満には
大きな関わりがあることが分かってきました。

血糖値といえば糖尿病というイメージがありますが、
健康体の人でも食事をすることで多かれ少なかれ血糖は上がります。

血糖値が急激に上昇すると、体脂肪を合成するホルモンが活発に分泌され、
結果的に体脂肪を増やすことにつながってしまいます。

血糖値をゆるやかに上げるためには、先に糖分の少ない野菜から箸をつけ、
最後に炭水化物を食べるのがもっとも効果的です。

食事内容ももちろん大切ですが、同時にこの順番を守ることで、
太りにくい体を作ることができるのです。


■食べ方の例

まずは「いただきます」をしたら、
前半は野菜を食べることに集中しましょう。

これまで「三角食べ」が正しいと習ってきましたが、
ダイエットのためには先に野菜をやっつけてしまうことが重要です。

その後、お肉やお魚などのタンパク質に移ります。

それからご飯やパン、麺類などの炭水化物を食べましょう。

この方法を徹底しようと思ったら、自然と野菜が食卓に上るようになります。

また主菜もきちんと用意することになりますので、メニューとしても
バランスのとれたものになるはずです。

たとえば定食の場合、まずはサラダや付け合わせの野菜から箸をつけます。

お味噌汁のある場合、汁だけを飲むのもOKです。

次に味噌汁の具、お肉もしくはお魚、最後にご飯という流れになります。

カレーライスの場合も、サラダを用意することが大切です。

まずはサラダを食べてから、カレーに移りましょう。

焼肉の場合、サンチュや焼き野菜から食べ始め、その次にお肉、ご飯です。

たったこれだけの工夫ですので、誰でも簡単にできると思います。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

banner3_59549[1]


もしかしてあなたは、ダイエットとは辛くて苦しいものだと、思い込んでしまっていませんか?

痩せるためには、摂取カロリーを減らして、消費カロリーを上げるというのが、
世間ではダイエットの基本と言われていますから、
『痩せるためには食べるものを我慢して、一生懸命運動しないといけない』
と思っているのではないでしょうか?

そしておそらく、あなたも今までそのようなダイエットを繰り返し行ってきたと思います。

でも、そのダイエットで痩せることは出来ましたか?

理想としているボディラインを手に入れることが出来ましたか?

おそらく、答えは『NO』 だと思います。


普段通り食べたら、すぐにリバウンドしてしまうダイエット方法では、
理想のボディを手に入れ、キープするのは、とても難しい事なのですから当然ですよね。


でも実は、スリムで綺麗なボディラインをキープする事はとっても簡単なことなのです。

痩せるための根本の「コツ」さえ知ってしまえば、
辛いダイエットとリバウンドを繰り返す事無く、女性らしい、美しいボディラインを手に入れ、
美ボディを最低限の労力でキープし続ける事が現実的に可能です。

辛いことは一切せずに『心地よく』綺麗に痩せたい!

あなたも無理な努力をしないで、理想のプロポーションを手に入れたいと思いませんか?

本気でボディラインを変えたい!と望むのであれば、今から5分だけこの手紙を読み進めて下さい。

自宅で、簡単に、そして綺麗に痩せる秘密をお教えします。


ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ