美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:マッサージ

一気に老けた印象を与える、ほうれい線。

しかし、一度できてしまったからといってあきらめることはありません。


正しいケアをすれば、ある程度は消すことができるのです。

そこで、自宅でできる簡単なツボ押しの方法をご紹介します。


顔のお肌はデリケートですので、優しくゆっくりと押していきましょう。



1.巨りょう(こりょう)

小鼻(鼻のもっともふくらんだ部分)の外側と、黒目の下からまっすぐに下ろした線が交わる場所にあります。


5秒間ゆっくりと押して、離しましょう。

笑う時に頬を引き上げる筋肉をきたえることができます。



2.迎香(げいこう)

小鼻のすぐ脇にあるツボです。

鼻水や鼻づまりなど、鼻の諸症状を抑えるほか、お肌にハリを与えるツボともいわれています。

5秒間ゆっくりと押しましょう。



3.地倉(ちそう)

口角の外側(0.5~1センチ)にあるツボです。

口角を上げるように、上向きに5秒間押します。

ほうれい線はもちろん、歯痛や口内炎にも効くといわれています。



4.下関(げかん)

耳穴の内側、少しくぼんだところにあるツボです。

口を開ける時に盛り上がりますので、探しやすいと思います。

ここも5秒間、ゆっくりと押しましょう。

ほうれい線や顔のむくみを改善するほか、耳鳴りにも良いといわれるツボです。



5.散笑(さんしょう)

ほうれい線のちょうど真ん中あたり、鼻と口の中央にあるツボです。

たるみ防止に効き目があるといわれています。

5秒間押してみてください。


いずれのツボも、息を吐きながらゆっくりと押していき、離す時もゆっくり緩めるのがポイントです。


爪を立てず、指の腹を使いましょう。


朝のスキンケア時と、夜のおやすみ前におこなうのがもっとも効果的です。

簡単にできますので、ぜひ場所を覚えてトライしてみてください。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

胸の成長には「ラクトゲン受容体」というものが関わっているといわれます。

一般的に、12歳から18歳ぐらいの間に乳腺の中で生産され、それに成長ホルモンの影響が合わさって、バストは大きくなるのです。

しかし、ラクトゲン受容体を意図的に作るのは不可能とのこと。

でも、あきらめるのはまだ早いのです。

女らしい体つきをうながす女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活用すれば、年齢に関係なく、バストはふくよかになることが分かっています。


■エストロゲンが出ている時期がチャンス!

エストロゲンは卵胞ホルモンといわれ、月経が終わるころから排卵の直前あたりに、もっとも分泌量が増えます。

この時期に、バストアップのためのマッサージやエクササイズをおこなうと、効果はより高まるとされているのです。

マッサージやエクササイズで乳腺が刺激されると、脳の視床下部というところに信号が行き、エストロゲンの分泌がうながされやすくなります。

エストロゲンは30代後半ごろから、徐々に分泌量が減っていきますので、豊かなバストをキープするためにも、卵胞期をチャンスと考えてマッサージしましょう。


■エストロゲンの分泌を増やす方法

エストロゲンの分泌量そのものを上げるのも、もちろん効果的。

ただしサプリメントや薬などは、特殊な事情がないかぎり、ホルモンバランスを崩してしまうリスクもあるため、あまりおすすめできません。

できるだけ食べ物から自然な形で摂取しましょう。

植物性エストロゲンともいわれる、大豆製品がもっとも代表的です。

豆乳や納豆、豆腐などを積極的にとり入れてみてください。

もちろん、全体のバランスが大切なのは言うまでもありません。

大豆イソフラボンは、摂取しすぎると、子宮内膜症や子宮筋腫のリスクを高めることが分かっています。

1日当たり、70~75ミリグラムが上限との報告もあります。


それぞれの大豆食品の、イソフラボン含有量を調べながら、適量にとどめましょう。


思春期のように胸を成長させるのは難しくても、エストロゲンをうまく利用できれば、大人になってからもバストアップは可能といえるでしょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ほうれい線には、頬のたるみも影響しています。

頬の筋肉がたるんでくるのに加えて、それを上のほうで支える側頭部の筋肉、そして下のほうで支える口元の筋肉がすべて加齢により衰えることで、頬の筋肉をますます支えられなくなり、ほうれい線につながるようです。

顔のインナーマッスルをきたえて、ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。


■頬のたるみを防ぐマッサージ

その場ですぐにできる、頬の筋肉のマッサージがあります。

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をぐっと押さえます。

2.その状態で、皮膚ごと左右に大きく動かします。

指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。

3.10回動かしたら、3本の指を指1本分ほど下にずらして、同じようにおこないます。

表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

毎日続けることで、徐々にきたえられていくはずです。


■口を開けて頬をきたえるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法は色々とあります。

口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上のほうに引き上げる、これだけでも頬の筋肉をきたえることができます。

「あ」のまま笑おうとするイメージです。

慣れないうちは、何度かおこなってみただけで頬が疲れるのを感じるでしょう。

また、「お」の形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。

ムンクの叫びのような感じです。

それから、両手で頬を上へ持ち上げ、また10秒ストップ。

たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージでおこなうと良いでしょう。

基本的に、顔のインナーマッスルをきたえるためには、口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与えるのが基本です。

吹奏楽などで、トランペットやチューバ、サックスなどを吹いている人は顔が締まりやすいといわれますが、これも口元の筋肉を使うからだと考えられます。

本を読みながら、パソコンを使いながら、意識的に顔のパーツを動かすようにするだけでも、ほうれい線のできにくい頬になるはずです。


おすすめ!!
簡単アンチエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「貧乳に悩んでいるけれど、手術はちょっと…」

そんな女性は、自宅でできるバストアップ法をためしてみましょう。

ここではマッサージとサプリメントによるバストアップ法をご紹介します。


■簡単マッサージで血行促進!

バストを成長させるためには、胸の血行を良くすることが欠かせません。

血流やリンパの流れが良くなれば、それだけ乳腺も発達し、
バストに本来の脂肪がつきやすくなります。

1.右の手を右のバストの真下に、押さえるような感じであてます。
  親指だけがふくらみの上にある状態です。

2.親指に力を入れて、体の中心に向かって斜め上へとさすり上げます。
  親指がバストの真上にきたら3秒間キープしましょう。

これを両側10回ずつおこないます。

バストを定期的にさすることは、血液とリンパの流れを
良くするだけではなく乳がんのチェックにも役立つというおまけつきです。

小さなしこりも発見しやすくなりますので、
ぜひ入浴時に体を洗うついでにおこなってみましょう。


■サプリメントでバストアップ!

バストアップを目指すなら、口から入るものにも気をつかいましょう。

もっともバストアップ効果があるとされているのは、大豆製品です。

大豆イソフラボンがエストロゲンと同じはたらきをしますので、
女性らしい体つきになります。

またサプリメントとしては、プエラリアが人気を集めています。
タイ北部やミャンマーなどに自生する希少な植物で、
バストアップのほか、更年期障害の緩和にも役立てられています。

大豆イソフラボンと同じく、エストロゲンの作用をもつ植物です。

最近はさまざまなサプリメントが出ていますので、
タイやミャンマー産の、品質のしっかりしたものを選ぶことが大切です。

また過剰摂取すると女性ホルモンのバランスが崩れる危険性が
指摘されているため、説明書きにしたがって服用するようにしましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ