美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:レシピ

「食べれば食べるほど痩せられる」

そんなダイエッターには夢のようなダイエット法が、
毒出し脂肪燃焼スープダイエットです。

毒出し脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る
6種類の野菜で作ったスープで、これらの野菜を、
鰹節・鶏ガラ・昆布の3種の出汁で煮て、
最後に天然塩とショウガを入れて味付けしたものです。

このスープを毎日続けて飲む事によって、
いつの間にか体は痩せやすい体質に
生まれ変わることができます。

なぜなら、
食物繊維がたっくさん詰まったこのスープには、
〈体に溜まった毒素を出し、腸をキレイにしてくれる〉
作用があるからです。

腸がキレイになれば、血液もキレイになり、
全身の細胞が活性化され、脂肪が燃焼されやすくなります。

しかも、食べれば食べるほど
体内の環境を整え、代謝をアップしてくれるので
いつの間にか体を痩せ体質へ導いてくれるワケです。

油も砂糖も使わないので、とってもヘルシーでは、
毒出し脂肪燃焼スープのレシピを紹介します。


【簡単!毒出し脂肪燃焼スープの作り方】

材料(1人分/2杯分)
タマネギ 1個
セロリ  1/3個
キャベツ 1/4個
ニンジン 1/3本
ピーマン 半分
トマト  1個 又は ホール缶1/3個

〈出汁〉
鰹節ひと握り 3g
鶏ガラスープの素 少々
昆布 2g
水  1L

〈味付け〉
生姜 1/2片
天然塩 少々


★作り方

野菜を食べやすい大きさに切り、
出汁と一緒に鍋に入れて20分煮込みます。

仕上げに塩で味を整え、
火から下ろした後にショウガをすり下ろして完成です。
この毒出し脂肪燃焼スープ、
たった1杯でもお腹いっぱい、体はポカポカになります。

しっかり出汁をとるので、味わい深く食べごたえ充分です。

食べ方は基本的に夕食を摂る前に1杯食べます。

低カロリーなのに満足感が高いので、
夕食は普段よりぐっと量が減ります。

夕食で摂るのが難しい日は朝食・昼食でもOKです。

一番大事なのは、毎日続けることです。

また、
ポン酢や柚子胡椒などで味付けをアレンジしたりして、
飽きない工夫をすると良いかも知れません。

食べれば食べるほど痩せる。

そんな魔法のスープでみるみるダイエットしましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「置き換えダイエットでをやってみたい」

と考えている人もいると思います。

それならスープに置き換えてみてはどうでしょうか?

スープなら洋風、和風、中華とバリエーション
がとっても豊富ですからストレスを感じることなく
続けていくことができると思います。

今回は豊富にあるダイエットスープの中から、
低カロリーでおいしく食べれるおからスープ
のレシピをご紹介します。


●おいしいおからスープのレシピ

おからは低カロリーなだけでなく栄養もたっぷり。

そんなおからが入ったスープでダイエットを
すればより一層キレイになることができます。

それでは作り方です。

1:おからを炒ります。

2:だし汁を入れます。

3:塩を入れて、煮立つまで待ちます。

4:待っている間に片栗粉を水で溶いておきましょう。

5:煮立ったら水で溶いた片栗粉を加えます。

これで出来上がりです。

もの足りなければ野菜や豆腐をプラスしてもOKです。

ただし、その場合はカロリーに気をつけましょう。

お肉のような高カロリーの食材を加えてはいけません。

「おからを炒るのが面倒…」

と感じる方もいるかもしれませんが、
おからは炒らないとダマになってしまうことが多いです。

そうすると喉越しの悪いスープになってしまいます。

おいしいスープを作るためにも、
おからは必ず炒るようにしてください。

3で入れた塩を味噌などに変えることで味がガラっと
代わるので飽きることなく飲むことができると思います。

簡単にできて、しかもおいしい。

料理が苦手な人でもできますから、
一度試してみてはいかがでしょうか?


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

効果的なダイエットのためには、
筋肉を作るタンパク質が欠かせません。

大豆製品や肉・魚類にも優秀なタンパク質は多くありますが、
究極の「低カロリー・高タンパク」といえば、プロティンの健康食品です。

ボディビルダーやアスリートが飲むもの、というイメージがありますが、
女性のダイエットにも最適ですので、ぜひ活用してみましょう。


■プロティンとは?

プロティンとは、タンパク質そのものを指します。

さまざまな食品に含まれ、炭水化物と脂質とならぶ
「3大栄養素」の1つです。

成人の場合、男性では1日に60グラム、
女性では50グラムの摂取が推奨されています。

このプロティンを含んだ健康食品や
サプリメントも多く販売されていますが、
その多くが粉末状で、水や牛乳で溶いて飲むタイプになります。

アスリートの筋力増強では、通常の2倍ほどの量(女性なら100グラム)を
摂取するのが一般的です。

ダイエットを目的とした場合は、
1食に必要なタンパク質を補うことを目的に、
3食のうち1回をプロティンに置き換える方法となります。

そのために1食分ずつ小分け包装されている商品もあります。

1食あたり、およそ200kcal未満となっていますので、
通常の食事よりもカロリーを抑えることが可能です。

さらに良質なタンパク質をしっかりとることができ、
筋肉量のアップにつながります。


■プロティンダイエットを続けるコツ

たとえば朝食をあまりとらなくても平気という人は、
朝食をプロティンに置き換えるのがもっとも負担なく続けられるでしょう。

仕事が忙しく、ランチをなかなかとれない人も、
代わりにプロティンを飲めば効率的に栄養素を摂取することができます。

最近では女性のダイエット用として、
さまざまな味のついたプロティンドリンクが
発売されていますので、おいしく飲むことができるようになりました。

またタンパク質に加え、ビタミンやミネラルも
配合しているものが多いようです。

ただしムリをしてしまうと続かないどころか、
やめた後にドカ食いに走ってしまう危険性があります。

せいぜい1日1食の置き換えにとどめ、
期間を決めておこなうのも大切なことです。

カロリーオーバー気味だった人なら、
これだけの方法で1ヶ月に2~3キロは落とせることもあるでしょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ