美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:不妊改善

高齢による不妊症は、現代の先進国における社会問題の1つともいえます。

女性の社会進出によって晩婚化が進む中、気付いた時には自然妊娠がしにくくなっていた、というケースが後を絶ちません。

妊娠を望む女性は、1日も早く受診し、検査や治療を開始しましょう。


■女性の体は変わっていない?

昔から、35歳以上で初産を迎えることを高齢出産と呼び、妊娠中~分娩時におけるリスクが高いグループとして、それ以下の年齢での出産と区別されてきました。

染色体の異常による胎児の「ダウン症」も、母体の年齢が上がるごとに確率が高くなり、40歳では100人に1人の割合で起こるともいわれています。

また卵巣機能が低下することで排卵が起きにくくなるほか、もっとも問題視されているのが卵子の老化です。


どんなに時代が変わろうとも、卵子が老化する時期は今も昔も変わらないとされており、女性の体と社会の流れが一致していないといえるようです。


■35歳を過ぎると卵子が古くなる!?

女性は、胎児のころから既に「卵子のもと」である原始卵胞をもっています。

男性の精子が毎日新たに作り出されるのと異なり、女性の卵子は最初からその芽が体内にあり、それ以上増えることはありません。

男性は基本的に生涯子どもを作ることができるのに対し、女性にはリミットがあるといわれるゆえんです。

35歳を過ぎたあたりから老化は深刻化し、受精卵の中でもうまく細胞分裂するものが少なくなっていきます。


しかし、卵子が老化することを教わる機会はほとんどなく、避妊の必要性ばかりを言われて育ってきたのが、現代の女性たちなのです。

卵子の老化は、今のところ止める術がありません。

卵子の冷凍保存は成功率が上がっており、今後ますます多くの女性がおこなうようになると推測されますが、体にかかる負担を考えても、やはり早いうちに出産するほうが安全でしょう。 


30代半ばで妊娠を希望する女性は、なるべく早めに治療を開始することをおすすめします。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊に悩む女性が考えることの1つに「病院に行く時期」があります。

どれくらいの間、妊娠しなければ受診するべきなのでしょうか?

一般的には、「毎月、排卵日あたりに性交渉をしても、1年以上妊娠しない場合」とされていますが、あくまでも目安です。

年齢によっては、一度早めに診てもらったほうが安心できるでしょう。


■まずは気軽に相談を

30歳を過ぎている場合は、特に焦っていなくてもブライダルチェックのつもりで、一度検診を受けてみることをおすすめします。

特に今まで婦人科系の病気にかかったことのない人の場合、内診を受ける機会もなかったはずです。

子宮の入り口や内部に問題はなさそうか、性感染症にかかっていないか、などなど、さまざまな基本の検査を受けることができますので、まずは軽い気持ちで受診してみるといいでしょう。

どんな時でも、持参したいのが基礎体温表です。

最低でも1周期分、できれば3周期以上記録したものを持って行くと、より正確な判断につながります。

生理中を避ければ、タイミング的にはいつ病院にかかっても問題ありません。

検査も、低温期・高温期それぞれに最適な検査があります。


■評判の良い病院を選ぼう

できれば最初から不妊治療を専門とするクリニックにかかったほうが、後々安心です。

普通の婦人科でも、基本的なチェックは可能ですが、いざ治療を開始するとなると転院する必要が出てきます。


その際、また検査をやり直さなければいけない可能性もあるでしょう。

不妊治療専門のほうが、検査の機械や治療の体制も整っていますし、周りも同じ悩みを抱える患者さんばかりですので、普通の産婦人科より通いやすいメリットがあります。

評判の良いクリニックは、予約をしてもかなりの待ち時間が発生することもありますが、なるべく医師が親切で丁寧なところを選びたいものです。

ただでさえ不妊治療にはつらいことが多いため、口が悪い医師などにあたると、ますます精神的に落ちてしまいます。

相性もありますが、口コミなども参考に、良いクリニックをリサーチしてみましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不妊を改善するためには、生活習慣を見直してみることも欠かせません。

物理的な原因がある場合には、もちろんそれを取り除く治療が必須ですが、同時に「妊娠しやすい体」を作ることもかならず役立ちます。


■酵素と野菜たっぷりの食生活

「食べたものが体を作る」ことは紛れもない事実です。

最近では仕事で忙しい女性が増えたため、つい外食や、出来合いのお惣菜が多くなることもあるでしょう。

しかし、それらは添加物や調味料が多く使われていますし、「生きた栄養」をとりにくい欠点があります。

どんなに忙しくても、野菜たっぷりのお味噌汁だけは自分で作るようにするなどして、なるべくバランスをとりましょう。

妊娠しやすい体づくりには、酵素をたっぷりとることが大切ですので、発酵食品であるお味噌はおすすめです。

納豆やヨーグルト、キムチなども良いでしょう。

また日ごろから食べ過ぎの人は、定期的にファスティング(断食)をしてみるのも1つの方法です。

ただし自己流でやってしまうと、体を壊しかねませんので注意しましょう。

おすすめなのは、酵素ドリンクを使ったファスティングです。

必要な栄養素はしっかりとりながらデトックスができますので、ぜひためしてみてください。


■冷えの改善

不妊と冷え症に密接な関係があることはよく知られています。

現代女性は昔と比べ、冷えやすい環境にあるようです。

たとえば運動不足や、薄着のファッションの流行。

喫煙はもちろんのこと、夏場のクーラーも冷えには深刻な影響を与えます。

女性はとにかく、下半身を温めることをモットーにしたいものです。

夏でも半身浴などでしっかり温まるようにし、冬場は毛糸のパンツなどを履いて冷気からおなかをガードしましょう。

最近では「冷え取り」がブームですので、色々なグッズも売られています。

運動も代謝を上げ、結果的に体温を上げます。

ストレッチや、軽い筋トレでもいいので、毎日定期的に運動習慣をつけることが、結果的に妊娠しやすい体を作ります。


■ストレスの軽減

精神的なストレスが、妊娠の大敵であることも有名な事実です。

仕事などでストレスフルな環境にあると、ホルモンバランスが乱れてしまい、妊娠しにくい体になってしまいます。

上手にストレスを発散し、夜は睡眠をたっぷりとることも不妊の改善には欠かせません。

お気に入りのカフェやサイトなど、自分だけのホッとできる場所を1つ見つけてみましょう。


おすすめ!!
不妊症改善「福辻式」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ