美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:乾癬治療

あらゆる皮膚疾患に、温泉が良いことはよく知られています。

尋常性乾癬にも一定の効果が認められていますので、ぜひ活用したいものです。

ただし1~2回温泉に浸かっただけでは、ほとんど改善が期待できませんのでできれば湯治施設のある温泉で、1週間以上ゆっくりと過ごすことが望ましいとされています。

近くに温泉のある人は、ぜひ定期的に通うようにしましょう。


■乾癬にいい温泉とは?

温泉にもさまざまな種類がありますが、尋常性乾癬に良いとされる泉質としては、毛細血管を拡張し、血流を良くする「硫黄泉」が挙げられます。

北海道の登別温泉や、群馬の草津温泉がよく知られています。

また皮膚をなめらかにし、清浄にする効果のあるとされる「重曹泉」も人気です。

「ナトリウム炭酸水素塩泉」ともいわれ、群馬の伊香保温泉が代表的です。

その他、皮膚の角質を引き締める「ミョウバン泉」も乾癬に良いとされます。

山形県の蔵王温泉などがミョウバン泉です。

また殺菌効果のある「ナトリウム塩化泉」も乾癬治療において人気です。

北海道の豊富温泉が有名で、全国から湯治客が訪れています。


■入浴による効果とは?

泉質にかかわらず、温泉に浸かることは乾癬の改善につながります。

その理由としては、以下のようなものが挙げられます。
 

・血行が良くなる

乾癬は血流の悪化も一因となっていることがあります。

温泉によって血のめぐりを良くすることで、症状の改善が期待されます。


・自律神経の正常化

自律神経の乱れも、乾癬の原因としてよく指摘されているものです。

38度前後の温泉にゆったり浸かることで、自律神経を正常にもどす効果があります。


■入浴の仕方

乾癬治療を目的として入浴するなら、ぜひ複数回はお湯に浸かりましょう。

1回あたりの入浴時間は約15分にし、小分けに何度も入るのが効果的です。

お湯の温度としては、40度くらいある温泉が多いのですが乾癬治療には38度ほどが理想的といわれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在、乾癬治療に広く用いられている内服薬に「ネオーラル」があります。

シクロスポリンを主成分とした、免疫抑制薬の1種です。


もともと臓器移植などで拒絶反応を抑えるために使われていましたが、やがてアトピー性皮膚炎や乾癬の治療薬としても認可されるようになりました。



■ネオーラルの作用

ネオーラルは白血球にはたらき、炎症を引き起こす物質の産生を抑えて免疫機能を調節する効果があります。


移植された臓器に体が拒絶反応をしめすことを「免疫反応」といいますが、ネオーラルはその免疫機能を抑制するために使われていました。


乾癬やアトピー性皮膚炎においても、何らかの刺激が加わることで体が過剰反応し、炎症にかかわるサイトカインが放出されることからネオーラルの効果が認められ、治療に用いられるようになりました。


おもに全身性の重篤な乾癬患者さんや、かゆみの強い人、他の薬で副作用が起きた人などに処方されています。


症状に合わせて、1日1~2回服用するのが一般的です。

即効性があることと、塗り薬と比べて手軽なのがメリットです。


頭皮や背中など、塗り薬を使いにくい部位の症状にも最適といえるでしょう。



■ネオーラルの副作用

副作用としては、おもに血圧の上昇や腎臓の障害などが代表的です。

特に腎臓が悪くなる副作用が有名ですが、乾癬治療においてはわずかな量でも十分な効果が得られることが多いため、比較的安全に使えるとされています。


しかし体の変化がないかをみるためにも、定期的に血液検査を受けることが望ましいでしょう。


ただしネオーラルは薬価が高く、継続的に使用するにはややお金がかかるというデメリットがあります。

少しでも費用を抑えるために、ジェネリック医薬品を使う患者さんもいるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ