美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:乾癬治療法

乾癬に効果がある栄養素として、ビオチン(ビタミンH)があります。

腸内にいる細菌などによって作られ、通常は欠乏することはほとんどありませんが、何らかの原因で足りなくなると免疫機能に異常が生じ、皮膚や骨が正常に作られなくなる可能性があります。

乾癬患者さんの血液を調べると、このビオチンの濃度が低いことが多く、外から摂取することで効果があると考えられています。


■ビオチン療法とは?

ビオチンが不足すると、皮膚や骨を作るために欠かせないコラーゲンや、皮膚のバリア機能にかかわるセラミドなどがうまく作られなくなってしまいます。

血液検査においてビオチン欠乏のみられる患者さんは、積極的に摂取することで症状の進行を抑えられる可能性があります。

ビオチンはビタミンの一種ですので、普通にサプリメントとしても売られています。

薬局やネットなどで手に入れて、治療の補助に役立てましょう。

サプリよりも効率的に体内に吸収するなら、食材からもぜひ摂取を。

ビオチンは牛・鶏・豚のレバーや、魚介類、豆類、卵黄などに多く含まれます。

またビオチンの散剤(粉薬)もありますし、注射をおこなっている病院もあります。

料金も安価ですので、一度相談してみましょう。


■ビオチン療法の注意点

ビオチンは腸内でつねに生成されるビタミンのため、副作用のない点がメリットです。

過剰摂取による健康被害も、今のところ報告されていないようですが、動物実験では胎児に集中してしまい、催奇性につながったと報告されているため妊娠中などは適度な摂取が必要かもしれません。

またビオチン療法は即効性があるものではなく、ある程度長い期間続けることが基本ですので、長期的な摂取を心がけたいところです。

ちなみにビオチンは、過度の飲酒や喫煙によって壊されやすいことが分かっています。

健康のためにも、ぜひ気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

乾癬治療では、外用薬・内用薬・光線療法の3つが基本となっています。

それぞれに効果と副作用があるため、上手に組み合わせておこなうことが大切です。


組み合わせる方法としては、複数の治療法を同時におこなう「コンビネーション療法」と、期間ごとに切り替えていく「ローテーション療法」の2つに大別されます。



■コンビネーション療法

2つ以上の治療法を同時におこなうことで、単独よりも効果が期待できます。

また、薬の使用量や光線の照射量を少なくすることができますので、副作用を抑えられるメリットもあります。


たとえば2つ以上の外用薬をいっしょに使う、外用薬と内服薬を組み合わせる、薬と光線療法を組み合わせる、などが考えられます。



■ローテーション療法

乾癬治療に用いる薬や光線療法は、効果が強ければ強いほど副作用も強くあらわれるのが一般的です。


そこで一定期間ごとに治療法を切り替えながらおこなうのがローテーション療法になります。


たとえば光線治療の「PUVA療法」をおこなった後、レチノイドを服用し、次にシクロスポリンを服用するといった
治療の流れが考えられます。


PUVA療法とシクロスポリンの副作用は似ているため、連続して使わないよう順番が考慮されています。


またローテーション療法の一環に、「シークエンシャル療法」というものがあります。


これは効果の強いものを治療の初期に集中的に用いて、症状が改善されるごとに徐々に副作用の少ないものへ移行していく方法です。


たとえば外用薬の場合、ステロイドは初期に導入し、やがてビタミンD3へと少しずつ切り替える、という方法がよくみられます。


最終的にはビタミンD3のみにして、症状が強い時だけステロイドを使うのが目標です。


シークエンシャル療法のメリットは、症状に合わせて治療法を変えることで長期間にわたって症状の軽い状態を
維持できることにあります。


医師と相談の上、患者さんにとってつらくない治療法の組み合わせを選択しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在では汎発性膿疱性乾癬の治療ガイドラインがあり、
患者さんの症状に合わせた治療法が確立されています。

ほとんどが入院治療となり、安静にして
解熱剤で熱を下げながら、
点滴によって体内の水分バランスを保ちます。

また皮膚のバリア機能を回復するため、軟膏を使用します。

内服薬としては、エトレチナート(商品名チガソン)という
ビタミンA誘導体が広く用いられています。

ほとんどの患者さんがこの薬で症状が良くなるといわれます。

さらに症状に応じて、メトトレキサートや
シクロスポリンといった免疫抑制剤や、
紫外線療法が選択されることもあります。

これらでも改善が十分でなければ、
ステロイド剤が使用されます。

治療後は正常な皮膚に戻る場合と、
膿疱が繰り返し出現する場合、
もしくはそのまま尋常性乾癬へと変化する場合などさまざまです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ