美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:内痔核

痔核とは、一般的に「イボ痔」と呼ばれるものです。

過度ないきみや血流の悪さなどから肛門の一部が腫れ、イボ状になったもので、発生部位によって内痔核と外痔核に分かれます。

内痔核の場合、大きくなると肛門の外に脱出する「脱肛」を起こすこともあります。


■内痔核とは?

肛門の出口より2センチほど奥にあるギザギザのラインを「歯状線」といいます。

肛門上皮と直腸粘膜の境界であり、このラインより奥にできたものが内痔核です。

奥のほうにあるため、基本的に痛みは少ないのですが、排便時などに出血がみられやすく、場合によってはしたたり落ちてくるほどの量になることもあります。

最初は小さなイボから始まりますが、放置するとどんどん大きくなり、痔核が肛門の外に出てくる「脱肛」が起こるようになります。

軽度の場合は痔核を指で肛門内に戻すことができますし、塗り薬などでも治療できる可能性がありますが、対処しないままでいるとそのうち戻らなくなり、つねに脱肛した状態になることもあります。

そうなると排便時でなくても激しい痛みを感じ、つねに出血がみられる「嵌頓(かんとん)痔核」という状態につながりますので、出血が止まらない場合は緊急手術がおこなわれます。


■外痔核とは?

一方、歯状線より手前に発生する外痔核は、内痔核ほど問題になることはありません。

肛門付近を触っただけで確認できるほど表面にありますので、治療もしやすいのです。

特に多いのが、急に腫れる「血栓性外痔核」です。

立ちっぱなしや座りっぱなし、便秘や下痢、冷えや飲酒などによって肛門付近の血流が急激に悪くなったことで、血栓となってしまったものです。

お尻が痛むので触ってみたら、しこりがあった、というパターンになります。

これは意外とよくある症状で、ゆっくり休息や入浴の時間をとり、塗り薬や痛み止めを使えば次第に治癒していくことがほとんどです。

それでも良くならない場合は、局所麻酔をして血栓の血を抜くこともあります。

つまり治療が大がかりになるのは圧倒的に内痔核のほうです。

中でも怖いのは、日常的に出血を見ていると大腸がんなどのサインに気づくことが遅れる可能性もあるということです。

一般的に痔核による出血は真っ赤で水っぽい鮮血が多いのに対し、大腸がんやポリープによる場合は黒っぽくべったりした血液が多いですので、いつもと様子が違うことがあれば、すみやかに受診するようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いぼ痔とは、その名の通り肛門にいぼのような腫れができる疾患です。

肛門から約センチ奥にある「歯状線」より奥にできたものを内痔核、外側にできたものを外痔核と呼びます。

一般的に内痔核のほうが多く、経過に注意する必要があります。


■内痔核とは?

内痔核は、排便時のいきみなどによって肛門に負荷がかかり、血液循環が悪くなって腫れあがった状態です。

奥のほうにできることから痛みを感じることは少なく、おもに出血によって気づきます。

場合によっては大量の出血がみられることもあります。

早期に治療できれば保存療法が可能ですが、症状が進行するといぼが肛門の外に出てきて(脱肛)、激しい痛みを感じ、出血が止まらなくなる「陥頓(かんとん)痔核」になるおそれもあります。

そこまで達すると、手術でいぼを除去することがほとんどです。

手術には、メスを使う方法と注射などでいぼを小さくする方法があり、症状に合わせて選択します。

特に多くおこなわれているのは、「結紮(けっさつ)切除術」という手術です。

糸で痔核を縛った上で切除する方法で、現在ではもっとも治療成績が良いとされています。

注射では、いぼを硬化して萎縮させる「ジオン注射」などが主流です。


■外痔核とは?

外痔核も排便時のいきみなどによってできるものですが、肛門の外側にあるため、痛みを感じる点が内痔核と異なります。

特に急性の血栓ができることが多く、激しく痛むことも少なくありません。

治療法としては外用薬を用いることが一般的ですが、いぼがかなり大きくなった時や内痔核も併発している場合は、手術になることもあります。


■いぼ痔かな?と思ったら

どんな病気でもそうですが、いぼ痔も早期の治療開始が重要です。

内痔核、外痔核ともにいぼが小さいうちに治療できれば、薬だけで完治できることもあります。

生活上の注意点としては、排便時にいきまないよう便通を良くしておくこと、入浴などでお尻まわりをつねに清潔に保つことが大切です。

また食べ物では、香辛料の多い刺激物やアルコールは避けるようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

痔には激しい痛みをともなうものと、ほとんど痛みのないものがあります。

一般的に内痔核は痛みが少なく、外痔核や切れ痔では痛みを感じやすくなります。


■痛みがないのに出血が…

いぼ痔の中でも、肛門から2センチほど奥にある「歯状線」より奥にできたものを、内痔核と呼びます。

それより手前ですと、「明らかにそこに何かある」感覚がありますし、痛みを感じる神経も通っているのですが、内痔核のある直腸周辺には知覚がありません。

そのため、自覚症状がないのに出血をみて驚くことがあります。

中には気づかないままどんどん痔核が大きくなっていくこともあるため、少しでも血がみられたら痔や大腸がんなどを疑ってみましょう。

しかし、そんな痔核も成長しすぎて、肛門から顔を出す「脱肛」を起こした時には激しい痛みを感じます。

いわば粘膜がそのまま露出している状態ですので、空気に触れたり下着と摩擦を起こしたりすることで、かなり強い痛みを感じるのが通常です。

指で押し戻せるうちはまだいいのですが、さらに進行すると戻らなくなる「陥頓(かんとん)痔核」になってしまい、手術になることもあります。


■外痔核や切れ痔では痛みを感じやすい

一方、肛門付近にできる外痔核は、粘膜ではなく皮膚にできるものです。

皮膚には痛覚があるため、痛みを感じやすくなります。

ゆっくり成長する場合は痛みがないこともありますが、急に腫れるとたいてい鋭い痛みをともなうでしょう。

お尻が痛いと思って触れてみると、いぼ状の腫れがあり、驚くことがあります。

しかしよくある外痔核の症状ですので、あわてず外用薬で対処しましょう。

同じく、肛門付近の皮膚が傷つく裂肛(切れ痔)も、痛みをともないます。

特に排便時に傷が開くことによって、かなり痛い思いをすることがあるでしょう。

傷が浅いうちは、すぐに治ってしまうことも多いのですが、便秘や下痢で何回もトイレに座ることが多くなると、傷の治癒するヒマがなく、「慢性裂肛」という状態になってしまいます。

ここまで治りが悪くなったら、たかが切れ痔と考えず一度受診しましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ