日本女性の多くがあこがれる、パッチリとした二重まぶた。

一体どのような構造で二重になっているのかご存知ですか?


まずは二重の仕組みと種類を知り、
一重まぶたとの違いを研究してみましょう。



■二重まぶたの構造

まぶたの裏側には、「瞼板(けんばん)」と呼ばれる
細長い芯のような組織があります。

私たちが目を開ける時にかならず引き上げられる部分です。


この瞼板がまぶたの皮膚と癒着していると、
目を開けた時に瞼板と共に
まぶたの皮膚も引っ張られ、二重ラインができます。


つまり瞼板と皮膚が一体となっているのが重要なポイントです。


逆にいえば、一重では瞼板とまぶたの皮膚が癒着していないため、
目を開けた時に瞼板だけが引き上げられ、二重ラインができないのです。


アイプチなどで二重ラインを作っても、すぐに戻ってしまうのは
皮膚同士をくっつけているだけで、瞼板とは連動していないからです。


瞼板と皮膚とを一体化させるためには、
やはり手術がもっとも確実といえます。


メスを使わずに医療用の糸で、瞼板と皮膚を結ぶのが
「埋没法」、まぶたの余分な脂肪を除去した上で、
瞼板と皮膚を縫合するのが「切開法」です。



■二重まぶたの種類

二重まぶたは、その形状によって大きく3つのタイプに分かれます。


1つは「末広型」です。


目頭の二重ラインの幅は狭く、目じりにいくほど広くなっていきます。
どちらかというとややたれ目っぽく、色気のある目もとというイメージです。


東洋人にしかない「蒙古ひだ」(目頭を覆う、上まぶたの皮膚)があることで
末広型になりやすく、日本人に多くみられる二重といえます。


2つめが「平行型」です。


こちらは目頭から目じりまで、一貫した幅で
二重ラインができているタイプで、
パッチリと大きく、可愛らしい目もとになります。


手術でも人気の二重で、末広型から平行型に変える人も多いようです。


おすすめ!!
手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法

ローヤルアイム リピ【 レビュー数 1500件以上!】劇的二重に大変身!アイプチ・メザイクより二重が持続★【二重まぶた形成化粧品】【ローヤルアイムリピ】ローヤルアイム
ローヤルアイム リピ【 レビュー数 1500件以上!】劇的二重に大変身!アイプチ・メザイクより二重が持続★【二重まぶた形成化粧品】【ローヤルアイムリピ】ローヤルアイム