美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:妊娠中

痔の患者さんの中には、女性も多くいます。

特に女性の場合、妊娠中に患うケースが非常に多くみられるのが特徴です。

妊娠中は子宮がふくらむため、腸の周囲の血管が圧迫され、血流が悪くなりがちです。

特に妊娠後期では、胎児の体重が一気に増えてきますので、肛門がうっ血し、痔核ができやすくなってしまいます。


■いぼ痔と切れ痔、どっちの可能性もある

調査によると、妊娠中・産後の女性の約半数に、何らかの痔症状があると報告されています。

特に妊娠後期から臨月にかけて、胎児の成長にともなってできるほか、出産時のいきみによっても発症することがあります。

もっとも多いのはいぼ痔です。

通常は、奥のほうにできる内痔核が多いのですが、妊婦さんの場合は外痔核が多くみられます。

妊娠中はおなかに圧がかかることと、便秘になりやすいことが主な原因です。

次に多いのが切れ痔です。

出産時のいきみや、妊娠中・産後の便秘で切れやすくなってしまいます。

分娩中は赤ちゃんを出すことに必死ですので、なかなか気づきませんが、終わった後で肛門周辺に痛みを感じる人は非常に多いようです。


■妊娠中の痔を防ぐためには?

妊娠中・産後の痔を防ぐためには、何と言っても便秘対策が重要です。

妊娠すると、ホルモンが急激に変化したり、また子宮で腸が圧迫されることで便秘になりやすい女性は多いものです。

また産後も、縫合した傷が気になってなかなかいきめず、排便が困難になることがあります。

妊娠中は食物繊維や水分をたっぷりとり、体調が良ければマタニティスイミングやヨガなどで運動することも、便秘対策には最適です。

どうしても出ない場合は、健診時以外でも受診して、妊娠中にも使える便秘薬を処方してもらいましょう。

また下半身はつねに温めておくことも大切です。

妊娠中は血流が悪くなって冷えやすいため、夏でも湯船につかるようにしましょう。

温かい素材の便座カバーなどを利用することもおすすめです。

そしてお尻を清潔に保つことを徹底しましょう。

特に痔の症状が少しでもあれば、トイレットペーパーをなるべく使わず温水洗浄便座などで洗い流すのが一番です。

なければシャワーを使ったり、赤ちゃん用のおしりふきなどの柔らかいものできれいにふき取るようにしましょう。


おすすめ!!
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「妊娠するとバストって垂れるでしょ?」と心配する女性は多いかもしれません。

しかし、もともとバストは赤ちゃんのために授乳するための器官です。

妊娠・出産を迎えてこそ、本来の役割を大いに発揮できるといえるでしょう。

また正しいケアさえおこなっていれば、心配するほど大きな変化はないものです。

今では女性タレントたちも、きっちり赤ちゃんに授乳しています。

安心してミルクをあげましょう。


■妊娠中に起こるバストの変化は?

まず大きな変化としては、乳首の黒ずみがあります。

出産が近づくごとに色が濃くなっていきますが、これには面白い理由があります。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ目がハッキリ見えていないため、大切な食べ物である母乳にありつくには、乳首が目立っていなければいけないのです。

つまり赤ちゃんが見分けられるように、あえて乳首は色濃くなっていきます。

これは授乳を終えた後、徐々に戻っていきますので心配はいりません。

どうしても戻りが悪いと感じる人は、授乳期間が終わった後にハイドロキノン入りのクリームを使ってみましょう。

そしてもう1つが、バストサイズが大きくなることです。

授乳に向け乳腺が大きく発達していき、最終的には1~2カップはアップします。

授乳中はさらに母乳で胸が張って、自分でも驚くほどグラマーになることも。

もちろん一時的なものですので、授乳期間が終わったらもとに戻ります。

その際、最初は反動で以前より小さ目になることもよくあることです。

心配しすぎず、大胸筋をきたえながらのんびり過ごしましょう。


■美しいバストを保つためには?

妊娠・授乳によって心配なのが、バストの垂れ。

しかし胸の皮膚は伸縮性がありますし、母乳をあげたからといって総崩れを起こすわけではありません。

まず大切なのは、下着をきちんとつけることです。

妊娠中・授乳中と、バストは段階を踏んで大きくなっていきますので、その時々に合ったブラジャーでしっかり支えることが大切になります。

特に授乳中は、頻繁に胸を出さなくてはいけないため、楽なブラばかりつけてしまいますが、授乳用のものでも
なるべくサポートしてくれるものを選びたいところです。

また母乳を作りすぎないことも、皮膚を垂れさせないポイントという説があります。

最初は張って苦しいかもしれませんが、赤ちゃんの飲むリズムに合わせましょう。

無理に絞ってしまうと、皮膚にかかる負担が増えてしまいます。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ