美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:小顔

キュッとしまった小顔に近づくには、
顔の筋肉をきたえることも効果的です。

ボディと同様、顔も筋肉をトレーニングすることで、
余分な脂肪を減らし、引き締めることができます。

自宅で思い出した時にすぐにできるエクササイズをご紹介します。


■母音を発声して表情筋を刺激

アナウンサーがおこなっているような発音トレーニングは、
滑舌を良くするのみならず、顔の表情筋にも良い影響を与えます。

あ・い・う・え・お、いずれの母音も大げさなくらい
大きく口を動かして発音してみることで、
複数の表情筋を使うことが可能です。

「あ」では、口を思いっきり開いて丸い形を意識し、
「い」では横に広げ、頬の筋肉が上に上がるのを確認します。

「う」では口を存分にとがらせ、「え」ではアゴを刺激して二重アゴを撃退。

「お」では、上唇と鼻の下を緊張させるよう発音しましょう。

どれも、普段あまり意識しない筋肉を使うことができます。

静かなところでは、声を出さなくてもOKですので、
ぜひ毎日続けてください。


■色々な表情を作って筋トレ

顔の筋肉をきたえるには、表情をわざとらしく
豊かにするのがコツです。

たとえば、目と口を思いっきり開いてみるだけでも、
トレーニングになります。

大げさに驚いた時のような顔を意識してみましょう。

顔の筋肉が上下に引っ張られているのを感じるはずです。

そのまま10秒ほどキープします。

次に、すっぱいものを食べた時のように、
顔全体をすぼめます。顔の中心から
クシャッと縮めるようなイメージです。

そして、口を閉じたまま、
ふてくされた時のようにとがらせます。

そのままの状態で、口を左右に動かしましょう。

な骨ではなく、口周りの筋肉だけで動かすつもりでおこないます。

これだけのことを毎日続けるだけでも、顔が引き締まってくるはずです。


おすすめ!!
鼻が高くなる&小顔になる 輪郭小顔矯正法




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

小さくキュッとしまった小顔は、誰もがあこがれるもの。

生まれ持った骨格は変えられませんが、
マッサージなどである程度は
顔をスッキリさせることが可能です。

しかし、何をやっても小顔効果が出ない…と思う人は、
もしかしたら顔のゆがみが原因かもしれません。



■体からくる顔のゆがみ

もともと、人の全身は左右非対称が当たり前です。

顔にしても、完全に左右対称の人はほとんどいません。

しかし、ゆがみがあまりにひどいと、
体はバランスをとろうとして
不自然な筋肉や脂肪をつけてしまうことがあります。

そうなると、体も顔も、どこかいびつになってしまうでしょう。

顔がゆがむのには、大きく2つの原因があります。

1つは、体からくるゆがみです。

片方だけで足を組んでしまうクセのある人や、
O脚やX脚の人、寝る時に同じ方向ばかり向いてしまう人、
頬杖をつく人などは、左右のバランスが悪く、
それが顔にまで影響を及ぼしている可能性があります。

チェック方法としては、水性のペンなどで1度、
自分の顔の「中心線」を引いてみましょう。

眉の真ん中から、鼻の中心、唇の中心を通って、
あごの真ん中まで引きます。

その線が、カクカクと直線的に曲がっている人は、
体からゆがんでいる可能性が高いでしょう。



■歯からくる顔のゆがみ

もう1つの原因が、歯の噛みあわせです。

噛みあわせは、顔をゆがませるのみならず、
肩こりや頭痛の原因にもなり、場合によっては
まったく関係のなさそうな臓器にまで悪影響を及ぼします。

食事中、左右のどちらかで噛むクセがある人や、
歯並びが悪い人、睡眠中の歯ぎしりが激しい人などは、
要注意です。

噛みあわせを良くするだけで、
顔の形まで変わる人が実際にいます。

顔の中心線を引いた時に、カーブ状にまがっている人は、
歯からくるゆがみが考えられます。

体、歯、ともに矯正することで、
本来の顔の形が取り戻せるでしょう。

体なら整体などで少しずつゆがみをとるのも1つの方法ですし、
自宅でできる骨盤矯正のエクササイズも効果的です。

歯の噛みあわせは、片側だけでものを噛まないよう気をつけるほか、
歯並びが極端に悪い場合は、歯科で1度相談してみましょう。


おすすめ!!
鼻が高くなる&小顔になる 輪郭小顔矯正法

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ