ダイエットとは、もともと「食事療法」という意味です。

痩せるためだけではなく、病気の改善のための食事も含まれます。

何はなくとも食事に気をつけることが、
ダイエットの要といえるでしょう。

ダイエットレシピを考えるための基本をご紹介します。


■タンパク質は不可欠と心得よう

ダイエットというと、目の敵にされがちなのがタンパク質です。

特にお肉などの動物性タンパク質は、
とらないほうがいいと思われがちですが、
タンパク質自体は非常に大切な栄養素なのです。

私たちの体の組成は、約6割が水分、そして約2割がタンパク質です。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のようにつながって出来たもので、
皮膚や髪の毛、筋肉や臓器など、あらゆる器官を作っています。

さらに、生きるために欠かせない酵素も
タンパク質をもとに構成されているのです。

ダイエットのためには、よく「基礎代謝を上げること」
といわれますが、それは筋肉量を増やすことでもあります。

タンパク質を摂取しないと筋肉量も減少し、
結果的に基礎代謝も下がってしまうのです。

体重1キロにつき、1グラムのタンパク質が摂取の目安となります。

低カロリーで高タンパクな食材としては、
まず植物性タンパク質が挙げられます。

納豆や豆腐、枝豆などの大豆製品が代表的です。

動物性タンパク質の中にも、低カロリーなものはありますので、
ぜひとり入れましょう。

牛や豚のもも肉やヒレ肉、鶏のささみや胸肉、鴨や鹿、ラム肉のほか
魚ではマグロや鮭、タラ、貝類などが該当します。

これらのタンパク質をしっかり取ることが、ダイエットには効果的です。


■ダイエットレシピは和食が基本

昔ながらの日本の食事は、まさにダイエットに
打ってつけといわれています。

その内容は「主食+一汁二菜」です。

ご飯に味噌汁、そして主菜と副菜がもっともバランスのとれたメニュー。

パンは腹持ちが悪いですし、マーガリンやジャムといった
「つけるもの」のカロリーが高いため、ダイエットには向いていません。

主菜は肉や魚、大豆製品を使ったタンパク質を中心にします。

副菜は、野菜や海藻類たっぷりのサラダや煮物、
おひたしなどがおすすめ。

お味噌汁も、季節の野菜や大豆製品を使って具だくさんにしましょう。

一食分のカロリーは500kcalが理想的です。

こういった食事なら満腹感も得られますし、太りにくいこと間違いなしです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」