美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:復縁方法

復縁の方法にはさまざまなものがありますが、2人がどんな別れ方をしたかによってもアプローチは異なってきます。

ここでは、代表的な別れ方の中でも、復縁できる可能性の高いものから順にご紹介したいと思います。


■ケンカ別れした場合

感情的な別れであれば、一般的に復縁の確率は上がります。

冷静になった時、相手も思い直す可能性が高いからです。

ただし怒りに任せて言ってはいけないことまで言ってしまった場合や、あまりにケンカの回数が多かった場合は、やや難しくなります。

方法としては、まず短く誠実な謝罪メールを送り、1ヶ月ほど置きましょう。

メールは長ったらしくならないように気をつけます。

あとは相手の怒りがしずまるのを待つのみです。

いつまでも連絡がこなかったとしたら、1ヶ月経ってから様子見のメールを送ってみてもいいと思います。

また同じケンカをしないよう、自分を省みる時間をもつことも当然大切です。


■長年の不満の末にフラれた場合

相手のことを思いやらず、ワガママばかりをぶつけてきてしまった場合や、ケンカばかりだった場合は、自分のマイナスイメージを取り去るまで、かなりの時間が必要になるでしょう。

相手は感情ではなく、理性で別れを選んだはずだからです。

自分の至らなかったところを素直に謝罪するメールを一通送ったら、半年は距離を置く覚悟で、ひたすら自分みがきに励みましょう。

ケンカ別れの時のメールもそうですが、素直で簡潔な謝罪メールを送ることは後々になってから意味をもつことがあります。

少しでも良い印象を相手に与えられるからです。

「今までの感謝と、相手の幸せを願う言葉」をぜひ書きましょう。

数ヶ月置いても連絡がなければ、半年以降に様子見のメールを送ります。


■相手に新しい恋人ができて別れた場合

数ある別れ方の中でも、かなり復縁が難しいケースです。

しかし、あなたと相手が別れてしまったように、どんなカップルも永遠にラブラブ状態が続くとは限りません。

半年、1年という長いスパンで、タイミングをつかむことが重要になります。

誕生日やクリスマスなどに、何げないメールを送って様子をさぐりましょう。

まだ新恋人とラブラブであれば、良い反応は返ってこなくて当たり前。

しかしうまくいかなくなったタイミングを狙えれば、そこからまたやりとりが始まる可能性もあります。

その時のために、しっかり自分をみがくことが大切です。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大好きな彼氏にフラれ、失意のどん底に落ちている女性は多いと思います。

なんとか復縁できないかと、あれこれ考えてしまうでしょう。

しかし、女性は基本的に男性よりタフな生き物ですので、かならず立ち直る日はやってきます。

ひとしきり泣いた後は、前向きに努力していきましょう。


■復縁にすべてを賭けない!

復縁に向けてがんばることは、決して悪いことではありません。

復縁のための努力には、自分という人間を客観的に振り返る作業がかならず入ってきますし、男心について学ぶ絶好のチャンスでもあるからです。

たとえ復縁がうまくいかなかったとしても、この時におこなった努力はかならず次の恋愛に活かされるはずです。

ただし復縁は、「片手間」にやるくらいでちょうどいいかもしれません。

復縁が生活のすべての目的になってしまうと、精神的につらくなるからです。

女性は恋愛で精神を病みやすいため、リスク回避のためにも、新しい恋を探す努力をしながら、同時におこなうくらいの気持ちでトライしてみましょう。


■新しい恋のほうが実は簡単!?

フラれた直後は特に、復縁のことばかり考えてしまう女性も多いと思います。

しかし、少しだけ冷静になって考えてみましょう。

復縁したい女性は、自分の言動をとにかく反省します。

そのこと自体は非常に良いことなのですが、「自分だけが変われば何とかなる」と思ってがんばっても、実は彼氏にも変えるべきポイントはあったかもしれません。

つまり「自分が変わって、復縁したら本当に幸せになれる相手なのか?」

ということをクールに考えてみることも大切なのです。

中には、恋は盲目状態で、はたから見ると「別れて正解だったのでは?」と思うような彼氏に執着している女性も、意外と多いからです。

その結果、最悪の場合「都合のいい女」になってしまうケースもあります。

また、本当は新しい恋のほうが簡単に幸せになりやすいのも事実。

あなたの悪いところを十分に知っている元カレより、まだ何も知らない新しい相手のほうが、恋はスムーズにいくでしょう。

「それでも、どうしてもあきらめきれない!彼しかいない!」

と思うのであれば、内面も外見もみがき、復縁のチャンスをねらいましょう。

その時も「できるだけ他の出会いも探しつつ」を忘れないでください。


おすすめ!!
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

一度離婚してしまった夫婦の復縁は、恋人よりやや難しくなります。

離婚にはパワーが必要といわれるように、籍を抜いて引越しもして…

というプロセスを踏んで別れたことは、やはり大きなことだからです。

しかし実際は復縁している夫婦もたくさんいますので、可能性はゼロではありません。

そのために必要なことをご紹介します。


■うまくいかなかった理由を突き止める!

離婚に至った理由の分析なくして、夫婦の復縁はありえません。

実際、せっかく復縁できたのに、また短期間で離婚してしまう夫婦も多いのです。

何がいけなかったのか、それを克服できれば本当にうまくやっていけるのかを冷静に考えてみることが大切です。

特に子どもがいる場合は、親の都合で振り回してしまうことになりますのでよくよく熟考する必要があります。

たとえば相手に浮気癖や散財、DVの傾向などがあった場合、ただ1人で生きていくのが不安だから、という理由で舞い戻っても、また同じことになってしまいます。

ある程度距離を置いて、「やっぱり自分に必要な人だった」と思えた時から復縁の努力をスタートしましょう。


■変化をアピールしよう!

子どもがいる夫婦なら、おそらく定期的に会う機会があると思います。

復縁のポイントは「会うたびに、あなたが素敵になっていくこと」です。

外見・内面ともにみがき、以前とは別人のように変化するくらいで良いでしょう。

一度結婚したということは、相手にとって自分は「対象外」ではないという点が強みです。

ただし会うごとに、復縁の意思をちらつかせて重たくなってしまうのはNG。

あくまで明るくさわやかに、魅力をアピールすることが大切です。

子どもがいない場合は、ある程度距離を空けてから、それとなく連絡して様子をうかがってみます。

復縁の確率は、相手の年齢や、モテるかモテないか、またあなたへの未練の度合いなどによって大きく変わりますが、一般的にいうと、人付き合いが苦手で、離婚してから孤独な生活を送っている相手のほうが、復縁できる可能性は高まります。


おすすめ!!
妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ