美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:揉む

女性にとって、どうしても気になるのがバストサイズ。

特に夏になって薄着が多くなると、胸のふくらみの有無を意識してしまいます。

大きければ大きいほどいい、と思われがちですが、一昔前までは豊満な胸にコンプレックスのある女性が多かったほど、その常識は時代とともに変化しています。

男性の意見をみても、さほど「巨乳派」は多くないようです。


■Cカップが一番人気!?

リサーチパネルが調査した「男性からみた理想のカップサイズ」があります。

結果を見てみると、1番人気はCカップ。

全体の実に33パーセントがCを推しています。

「小さくも大きくもない、適度なサイズ」がもっとも無難といえるのかもしれません。

次に多いのがDカップ、続けてB、E、AとFと続きます。

しかし本当の2位は、19パーセントの票を集めた「特に理想はない」です。

正直、女性が気にするより、男性にとってカップサイズはどうでもいい、という結果がここに表れています。

要するにCカップと「特に理想はない」だけで半分以上を占めているのでした。


■貧乳派が急増中!?

さらに近年では、「貧乳派」の男性たちが増えているという説もあります。

貧乳とは失礼ですが、もともと胸の小さ目な女性たちには朗報です。


大手SNSのFacebookにまで、貧乳派が集まるページがあるほどです。

そもそも、男性は「グラマラス派」と「スレンダー派」に大別されます。

どちらも併せ持っている女性は、モデルさんの中でも実は意外といないものです。

手足がスラリと長く細い人では、どうしても胸も小さ目なのが普通ですし、巨乳かつ美脚という人は、ほんの一部です。

ファッションにしても、たとえば浴衣や着物などは、胸が平らな人のほうが似合いますし、キャミソールをエロィックにならずに着こなせるのも、小さ目サイズの女性たちです。

コンプレックスをもちすぎず、堂々と自分の体を生かすことも大切といえそうです。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「貧乳に悩んでいるけれど、手術はちょっと…」

そんな女性は、自宅でできるバストアップ法をためしてみましょう。

ここではマッサージとサプリメントによるバストアップ法をご紹介します。


■簡単マッサージで血行促進!

バストを成長させるためには、胸の血行を良くすることが欠かせません。

血流やリンパの流れが良くなれば、それだけ乳腺も発達し、
バストに本来の脂肪がつきやすくなります。

1.右の手を右のバストの真下に、押さえるような感じであてます。
  親指だけがふくらみの上にある状態です。

2.親指に力を入れて、体の中心に向かって斜め上へとさすり上げます。
  親指がバストの真上にきたら3秒間キープしましょう。

これを両側10回ずつおこないます。

バストを定期的にさすることは、血液とリンパの流れを
良くするだけではなく乳がんのチェックにも役立つというおまけつきです。

小さなしこりも発見しやすくなりますので、
ぜひ入浴時に体を洗うついでにおこなってみましょう。


■サプリメントでバストアップ!

バストアップを目指すなら、口から入るものにも気をつかいましょう。

もっともバストアップ効果があるとされているのは、大豆製品です。

大豆イソフラボンがエストロゲンと同じはたらきをしますので、
女性らしい体つきになります。

またサプリメントとしては、プエラリアが人気を集めています。
タイ北部やミャンマーなどに自生する希少な植物で、
バストアップのほか、更年期障害の緩和にも役立てられています。

大豆イソフラボンと同じく、エストロゲンの作用をもつ植物です。

最近はさまざまなサプリメントが出ていますので、
タイやミャンマー産の、品質のしっかりしたものを選ぶことが大切です。

また過剰摂取すると女性ホルモンのバランスが崩れる危険性が
指摘されているため、説明書きにしたがって服用するようにしましょう。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

豊満なバストは脂肪だけではなく、
乳腺の発達によるところも大きいものです。

母乳の出を良くすることで知られる乳腺マッサージは、
バストアップにも効果があるといわれています。


■乳腺とバストの関係

女性のバストは、脂肪組織が9割を占めますが、
あとの1割は乳腺組織です。

バストアップというと、脂肪を多くすることにばかり
意識が向いてしまいますが、この脂肪のつきやすさは
乳腺の発達具合によるとされています。

乳腺が発達すればするほど、
それを守ろうとするために脂肪がつきやすくなるのです。

乳腺には、女性ホルモンの分泌が関係しています。

エストロゲンは乳腺の増殖に、プロゲステロンは
乳腺の発達に影響するといわれますので、
大豆食品などから女性ホルモンと似た効果を得ることも効果的です。

さらにバストアップを目指すなら、乳腺マッサージをおこなってみましょう。


■乳腺マッサージのやり方

乳腺マッサージをおこなうと、女性ホルモンの分泌がうながされます。

産後の女性が母乳をよく出すために受けるものですが、
バストアップにも最適です。

効果を得るためにも、正しいやり方をマスターしましょう。

1.胸の中心にある「壇中」というツボを、3回ほど両手の指先でゆっくり押します。

  このツボは女性ホルモンを活性化させるといわれています。

  tsubo-2

2.片側のバストの下から反対側のバストの上に向かって、中心を通りながら
  持ち上げるようにさすります。反対側も同じようにおこないます。

  左右交互に8の字を描くイメージでおこないましょう。

3.指でバストのお肉をつまみ、乳腺を刺激します。まんべんなくつまみましょう。

4.わきの下のリンパをもみ、バストに向かって脂肪を流します。

5.最後に二の腕からバストに向かって脂肪を流すようにさすります。

全体的なイメージとしては「外から内へ」です。

力を入れてさすってしまうと肌や乳腺を傷める可能性がありますので、
マッサージ用のクリームやオイルを使うのがおすすめです。

もしくは入浴時に体を洗うついでにおこなうのも良いでしょう。

毎日続けるうちに、乳腺が刺激されてバストアップにつながりますし、
垂れ気味の胸にもハリが出てくるはずです。


おすすめ!!
業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ