女性なら月に1度は来る生理。

生理中って、何だか気分がすぐれないし、
お肌の調子も今ひとつだったりと、
人によって違いがありますが、不快な症状が多いです。

生理前や生理中は甘い物が無性に
食べたくなるという人も多いはず。

では、
生理中のダイエットはどのようにしたら良いのでしょうか?

女性の体は、
生理前の1週間から生理中にかけて、
ホルモンのバランスが大変不安定になります。

それは、プロゲステロンという黄体ホルモンが
通常よりも多く分泌される為です。

このプロゲステロンは脂肪を蓄積しやすくしたり、
水分を溜め込みやすくしたりする働きがあるため、
ダイエットには悪影響を及ぼします。

生理中、
むくみが起こりやすくなったり、
イライラや肌荒れなどを起こすのも、
このプロゲステロンの影響なのです。

食欲も増す場合も多いので、体重が減らないどころか、
逆に1~2kgぐらい増えてしまったなんてこともあるのです。

なので、
普段よりも代謝機能が落ちているこの時期に
ダイエットを行うことは、あまり向いていないと言えます。

ただでさえ生理中はイライラするのに、
体重が思うように減らないことで
余計にイライラしてストレスを溜めてしまう
なんてことは嫌です。

では、ダイエット中の生理期間は
どのように過ごせば良いのでしょうか?

この時期は痩せることに焦るのではなく、
自分の体調と相談しながら
軽く体を動かす程度のエクササイズをしたり、
気分転換を兼ねてウォーキングをしたりというように、
なるべくストレスを溜めない
ということを大事にして過ごしましょう。

そして生理が終わり。。。

そこからがダイエットのチャンスです!

なぜかと言うと、
生理が終わってから2週間のうちは、
エストロゲンという卵胞ホルモンの分泌が盛んになり、
心も体も快調で、痩せやすい時期に入るからです。

この時期に、運動、特に有酸素運動をすれば、
内臓脂肪を効率良く使うことができるので、
積極的に体を動かしましょう。

食欲も生理前と比べると落ち着いてくるので、
間食を避けたり、バランスのとれた食事を心がけます。

生理後にきちんとしたダイエットを始めることで、
結果が現れやすくなります。

このような事を少しでも知って、
憂欝な生理ともうまく付き合って行ければ、
結果としてダイエットを成功に導くことができるはずです。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」