美のBlog / INFO GRAND

美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:皮膚科

乾癬は、初期段階や軽症の場合には、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患と区別がつきにくいため、まずは皮膚科医による診断を受けることが第一です。


医師による視診のほか、必要に応じて病理検査がおこなわれます。


「他の皮膚炎と診断を受けたが、何をしても治らない…」という場合は、セカンドオピニオンとして、他の皮膚科にかかってみることも1つの選択です。



■検査の方法


皮膚科では、まずは医師による問診や視診、触診から始まります。


典型的な乾癬の症状であれば、経験の豊富な皮膚科医ならすぐに正確な診断を下すことができますが、中にはまぎらわしいケースもあるため、その場合には病理検査がおこなわれます。


局所麻酔をした後で、患部の皮膚をごく小さく切り取り、顕微鏡で調べます。


乾癬には、皮膚の角化や、小さな膿疱などのいくつかの特徴があるため、この検査でほぼ確定することが可能です。


傷口を2針ほど縫って終了します。


その後、治療が開始されると、症状の経過をみるために定期的に通院し、炎症などを調べるために血液検査を受けることもあります。 



■その他の検査


医師が触診の際に、乾癬の診断をつけるための手がかりとしては、以下のようなものがあります。


・アウスピッツ現象


乾癬では、うろこ状の角質をはがすと、点状の出血がみられます。


これがあるかないかを調べることで、乾癬の診断の一助になります。


・ケブネル現象


発疹のない部分の皮膚に刺激を与えると、新たな発疹が出現する現象です。


これも乾癬の大きな特徴であり、診断の目安となります。


頭皮やヒジ、ヒザといった部分に乾癬が現れやすいのは、外界からの刺激を受けやすいためと考えられます。


・蝋片(ろうへん)現象


発疹の上にある、うろこ状の角質をこすると、蝋のようにはがれる現象です。


皮膚の新陳代謝が異常に早まっているために起こります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ニキビ跡をきれいに消すためには、何よりニキビができた時に自分で触らず、皮膚科に駆け込むのがもっとも確実といわれています。

もちろん、すでに出来てしまったニキビ跡も、皮膚科で治療することが可能です。


■ニキビ治療は保険適用!

「ニキビができたら皮膚科へ」というテレビCMが一時期流されていましたが、実際はまだまだ自分でケアするもの、という考え方が根強いようです。

しかし自己流の治療法では、思うような効果が得られないこともありますし、場合によっては症状を悪化させてしまう可能性もあります。

美容に意識の高いタレントさんのブログなどを見ていても、ニキビや吹き出物ができた時は、絶対に触らずに皮膚科へ行く人が多いようです。

その積み重ねがあってこそ、きれいな肌を保てるのでしょう。

できれば炎症が悪化したり、ニキビ跡が残るより前に皮膚科に相談するのがおすすめです。

ニキビの治療は保険適用ですが、ニキビ跡になると審美的な意味合いが強くなるために、自由診療となってしまうことがあります。


■ニキビ跡にはレーザー治療も

そもそもニキビは「尋常性ざ瘡」という病名がついた、立派な肌の疾患です。

2008年には、世界中でニキビ治療に用いられている「ディフェリンゲル」という薬が、日本でも認可されました。

ニキビ跡に対しても、ビタミンC剤や外用薬を処方してもらえるほか、自由診療にはなりますが、ケミカルピーリングやレーザー治療などの方法もありますので、ぜひ一度相談してみましょう。

特にレーザー治療は、クレーター化したニキビ跡もなめらかにする効果があり、薬ではなかなか治せない
肌の凹凸に悩む人には最適です。

フラクショナルレーザーという新しい治療法では、ダウンタイムも非常に短いといわれています。

ニキビは肌の病気の一種であることをしっかり認識し、できるだけ早い段階で皮膚科にかかりましょう。

そのほうがより安く、きれいに治すことができます。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年に日本でも認可が下り、保険適用となったニキビ治療薬が「ディフェリンゲル」です。

赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビなど、ほぼすべてのニキビに効果があり、皮膚科で多く処方されています。

ニキビ跡を残さないためにも、ニキビができた時には絶対に触らずにぜひ皮膚科へ駆け込んで処方を受けましょう。


■ディフェリンゲルの作用

ディフェリンゲルは、目には見えない小さな毛穴の詰まりや、初期段階のニキビに作用し、進行を防ぐ作用があります。

炎症の強い赤ニキビでも、早くにディフェリンゲルで治療をおこなえば進行を防ぐことが可能です。

そもそもニキビは、「微小面ぽう」と呼ばれる微細な毛穴の詰まりから始まります。

そこにニキビができると、初期段階の「面ぽう」となり、徐々に進行していくことになります。

ディフェリンゲルは、この2種類の面ぽうに作用する薬です。

使う時期が早ければ早いほど効果がありますので、早期の治療が大切になります。

使い方としては、おもに1日1回、就寝前の洗顔後に、適量を患部に塗布します。塗った後はすみやかに手を洗いましょう。


■ニキビ跡には効果があるのか?

ディフェリンゲルはニキビ治療薬ですが、ニキビ跡にも一定の効果があるといわれています。

有効成分である「アダパレン」は、ビタミンA誘導体と同じような性質をもつためお肌のターンオーバーをうながし、肌を柔らかくする作用があります。

そのため、ニキビ跡を薄くすることも多少できると考えられます。

しかし、あくまで進行中のニキビの改善、もしくはこれからできるニキビを予防するための薬ですので、ニキビ跡が残る前に使用するのが基本です。

ニキビ跡をきちんと消したい場合は、皮膚科で専門の治療について相談してみましょう。


おすすめ!!
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ