美のblog

美を追求し綺麗になりましょう!!

タグ:簡単ダイエット

運動が嫌いな人がダイエットを考える時、
なんとかして食事だけで痩せようと考えてしまうでしょう。

もちろん運動はしないより、したほうが痩せやすくなります。

しかしダイエットの1番の大敵は実は「ストレス」です。

嫌いなことを無理に続けたり、好きな食べ物を我慢しすぎるのは、
むしろダイエット失敗につながります。

ここでは運動嫌いな人でも簡単にできるダイエットについてご紹介しましょう。


■食べ過ぎに効く体のポーズ

どうしてもお腹いっぱい食べてしまって、腹八分目が守れない、
そんな人に効果的なポーズがあります。

食事前におこなってみてください。

まず正座をします。

そのまま上半身を後ろ側に倒し、頭を床につけましょう。

両腕を頭のほうに伸ばし、息を吐きながら膝を内側に締め、
すべて吐き切ったら一気にポッと力を抜いてください。

食べ過ぎの傾向がある人は、このポーズをなかなかとれないと思います。

腰が浮いてしまうということは、食べ過ぎのサインです。

食前におこなうようにすると、食べ過ぎを防ぐ効果があります。

ただし食後におこなってしまうと逆に吸収が
良くなってしまいますので、気をつけてください。


■肩甲骨と骨盤を動かそう

肩甲骨を動かすと、発汗しやすいのをご存知ですか?

大人になると、運動しない限りなかなか動かす機会がないのですが、
意識して動かすようにすると、楽に運動できる上、
肩こりの軽減にもつながります。

部屋の中で立ち、両腕だけ前後に動かしてジョギングするようにします。

脚は動かさなくてもかまいません。

肩甲骨がしっかり移動しているのを感じましょう。

何分か続けていると、ひたいに汗がにじんでくると思います。

痩せやすい体をつくるためには、普段の動きも重要です。

上半身なら肩甲骨、下半身では骨盤を動かすように意識してみましょう。

掃除をする時でも、肩甲骨を動かすようにするだけでダイエット効果があります。

歩く時は、よくモデルさんがランウェイで
やっているような「腰で歩く」のが1番です。

あれはつまり、骨盤を使って歩いているということになります。

難しい人は、先ほどの腕だけジョギングをゆっくりおこないながら、
骨盤も同時に前後に動かしてみましょう。

腕と骨盤は、それぞれ左右反対に前に出るようにします。

部屋にいながら、どちらも効果的に動かすことができますので、
運動嫌いな人でもテレビをみながらやってみてください。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ダイエットしたいけれど、面倒なのは続かない…

そんなものぐさタイプな人には、日常の中で
簡単にできるダイエットが一番です。

「ついで」「ながら」にできるダイエット法をご紹介します。


■通勤途中やオフィスでできるエクササイズ!

特に夏になると、二の腕のたるみが気になってきます。

通勤・退勤時の電車待ち時間などを利用して、
バッグを使ったエクササイズをおこなってみましょう。効果は抜群です。

1.バッグを持ってまっすぐに立ち、持ったほうの腕を少しずつ後ろに上げます。

2.限界まで伸ばしたら、肩が動かないように固定してヒジから先を内側に曲げます。

3.曲げる、伸ばすを10回つづけましょう。左右いずれもおこないます。

バッグが重ければ重いほど、良い刺激を二の腕に与えることができます。

オフィスのデスクでこっそりできる太ももエクササイズもあります。

1.椅子の背もたれから背中を離して、お尻をやや浮かせるように座ります。

     両膝はこぶし大くらい空けておきましょう。

2.左右の膝と太ももがぴったり吸い付くように近づけていきます。

  特に内ももを意識しましょう。

3.そのままの状態で10秒キープし、5~6回繰り返します。

  背中がだんだん丸まらないよう気をつけてください。


■深呼吸ダイエット

さらに簡単なのが、正しい呼吸をすることです。

私たちが普段意識せずにおこなっている呼吸は、
実はダイエットと密接な関係があります。

正しい呼吸法を身につけると、脂肪が燃焼しやすくなり、
気づいたら何もしなくても痩せやすい体になるといわれています。

鼻から吸って鼻から吐きだします。

まず吸った時に、下腹部が8割ほど
ふくらんだところで一度息を止めましょう。

その後、また鼻から吸って限界までふくらませます。

次に、鼻からゆっくり糸を出すようなイメージで少しずつ息を吐きだします。

完全に吐きだしたと思っても、
実はまだ肺に空気が残っていることがありますので
さらに最後まで出し切ってください。

1呼吸につき12秒間はかけるのがルールです。

下腹部をしっかりふくらませ、しっかりへこませる、
つまり腹式呼吸が大切になります。

痩せにくい人は大体、胸だけで浅い呼吸をしていることが多いため、
正しい呼吸法をマスターして脂肪を燃えやすくしましょう。


おすすめ!!
ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ