美のBlog / INFO GRAND

健康・美容・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

タグ:緑内障改善

緑内障を厳密に定義すると、「視神経の変化と、視野の特徴的な変化があり、眼圧を下げることによって進行を防げる病気」です。

つまり眼圧の上昇が主な原因とされています。

ただし眼圧は正常値であるにもかかわらず、緑内障の症状がある人も多いため、最近では血流の悪さなども一因ではないかと考えられています。


■眼圧の上昇

私たちがものを見ることができるのは、目に入ってきた像が視神経に入り、そこから脳に情報を送っているためです。

脳が受け取った情報を画像として組み立てることによって、私たちは見たものを認識できます。

緑内障では、この視神経に異常が起こり、目に入ってきた情報を正確に脳に伝えられないことによって起こります。

その結果、見える範囲が狭まったり、視野が欠損してしまうのです。

視神経に異常を起こす原因としてもっとも代表的なのが、眼圧の上昇です。

眼圧とは、眼球を保つために必要な圧力のことですが、この圧力が強すぎると、視神経が圧迫されてしまいます。

眼圧は、10~21mmHgが正常値とされています。

これ以上になると「高眼圧」といわれ、視神経がつぶされてしまうのです。

ただし眼圧が正常値にある「正常眼圧緑内障」も日本人には多く、これは正常な眼圧にも耐えられないほど視神経が弱まっているためと考えられています。

どちらにしても、眼圧を下げることで改善が可能です。


■血流の悪さ

眼圧の上昇のみならず、血流が悪いことで視神経が傷むとする説もあります。

実際、眼圧を下げる点眼薬には、血流を良くする作用もあるのです。

加齢とともに全身の血流が悪くなることは、よく知られています。

肩こりや腰痛もそうですし、冷え性も血流の悪さから生じるものです。

同じように目の血流も悪くなることで、緑内障につながるのではないかと考えられています。

血流を良くする治療法としては、近赤外線をあてるものがあります。

もちろん眼圧を下降させる治療は必須ですが、同時に血流も良くしていくことが緑内障では大切とされています。

これらの他にも、アルツハイマー病やパーキンソン病、ピロリ菌感染なども緑内障の発症に関係があるのではないかといわれています。

ただし、眼圧を下げる以外に確実性のある治療法は今のところないことから、やはり眼圧上昇が第一の原因と位置付けられています。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

緑内障を厳密に定義すると、「視神経の変化と、視野の特徴的な変化があり、眼圧を下げることによって進行を防げる病気」です。

つまり眼圧の上昇が主な原因とされています。

ただし眼圧は正常値であるにもかかわらず、緑内障の症状がある人も多いため、最近では血流の悪さなども一因ではないかと考えられています。


■眼圧の上昇

私たちがものを見ることができるのは、目に入ってきた像が視神経に入り、そこから脳に情報を送っているためです。

脳が受け取った情報を画像として組み立てることによって、私たちは見たものを認識できます。

緑内障では、この視神経に異常が起こり、目に入ってきた情報を正確に脳に伝えられないことによって起こります。

その結果、見える範囲が狭まったり、視野が欠損してしまうのです。

視神経に異常を起こす原因としてもっとも代表的なのが、眼圧の上昇です。

眼圧とは、眼球を保つために必要な圧力のことですが、この圧力が強すぎると、視神経が圧迫されてしまいます。

眼圧は、10~21mmHgが正常値とされています。

これ以上になると「高眼圧」といわれ、視神経がつぶされてしまうのです。

ただし眼圧が正常値にある「正常眼圧緑内障」も日本人には多く、これは正常な眼圧にも耐えられないほど視神経が弱まっているためと考えられています。

どちらにしても、眼圧を下げることで改善が可能です。


■血流の悪さ

眼圧の上昇のみならず、血流が悪いことで視神経が傷むとする説もあります。

実際、眼圧を下げる点眼薬には、血流を良くする作用もあるのです。

加齢とともに全身の血流が悪くなることは、よく知られています。

肩こりや腰痛もそうですし、冷え性も血流の悪さから生じるものです。

同じように目の血流も悪くなることで、緑内障につながるのではないかと考えられています。

血流を良くする治療法としては、近赤外線をあてるものがあります。

もちろん眼圧を下降させる治療は必須ですが、同時に血流も良くしていくことが緑内障では大切とされています。

これらの他にも、アルツハイマー病やパーキンソン病、ピロリ菌感染なども

緑内障の発症に関係があるのではないかといわれています。

ただし、眼圧を下げる以外に確実性のある治療法は今のところないことから、やはり眼圧上昇が第一の原因と位置付けられています。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

緑内障は、人間だけではなく犬や猫もかかりやすい目の病気です。

白内障も多いのですが、適切な手術を受ければ
視力が回復するのに対し、緑内障では失った視野が
回復することは不可能である点がネックです。

可愛いペットの視力を最大限に維持してあげるためにも、
早期発見がもっとも大切といえるでしょう。


■気づいた時には失明寸前ということも

犬や猫は、人間と比べると角膜の面積が広くなっています。

そのため、ちょっとしたキズによっても、
光彩や毛様体などに炎症が起こりやすく、
それが眼圧の上昇につながりやすくなります。

眼圧が上がった時点で早期発見できればいいのですが、
犬や猫に目の疲れや頭痛、吐き気などを訴えろというのもムリな話です。

実際に視野の欠損が始まっても、完全に見えないわけではない限り、
いつも通り元気にしていることも多いでしょう。

人間ですら、一部の視野が欠けても気づかないことがあるのです。

そのためどんどん発見が遅れ、病院につれて行くころには
既に失明に近い状態になっていることも少なくありません。

いったん失われた視野や視力は回復できないのが、
緑内障の特徴ですので、そうなる前に何とか気づいてあげることが大切です。


■定期的な目の検診を

特に気をつけたいのは、犬でいえば
シーズーやマルチーズ、パグなどです。

目が大きく飛び出したような小型犬では
、外傷によってブドウ膜炎などが起こりやすく、
そこから眼圧の上昇につながる「続発性」の緑内障が多いため、
飼っている人は、ぜひ定期的に目の検査を受けさせましょう。

もちろん猫も可能性はあります。

一方、遺伝的に目の排水路に異常がある「原発性」の緑内障の場合は、
目の飛び出した小型犬でなくても、多くの犬種に可能性があります。

猫には、このタイプの緑内障は起きません。

治療は、原発性か続発性かによっても異なります。

原発性の場合は、房水の量を減らすことが第一となります。

有効な点眼薬や飲み薬もありますので、
早期に治療を開始することが大切です。

また房水の産生量を減らすためにレーザー治療をおこなうこともあります。

続発性の場合は、眼圧を下げる治療が中心です。

人間と同じく、点眼薬や点滴を用います。

失明に至る前に早期発見するためにも、
ぜひ定期検査を受けましょう。


おすすめ!!
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ